連載
» 2008年05月23日 12時43分 UPDATE

Mobile&Movie 第307回:最高の人生の見つけ方「あなたと話したいの」

映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが共演した『最高の人生の見つけ方』。余命わずかな男同士が旅に出た時、携帯電話に妻からの連絡が入ります。

[本田亜友子,ITmedia]
作品名最高の人生の見つけ方(The Bucket List)
監督ロブ・ライナー
制作年・製作国2007年アメリカ作品


sa_eiga.jpg

 今回ご紹介する作品は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンというハリウッドを代表する名優が共演した『最高の人生の見つけ方』。余命わずかな男同士が旅に出た時、携帯電話に妻からの連絡が入ります。

 カーター(モーガン・フリーマン)は、真面目な自動車整備工。コツコツ働いて子供たちを育て上げ、あとはのんびり過ごそうと思っていたところ、突然発作に襲われます。

 カーターが目覚めた場所は、病院のベッドの上。医者からは末期症状の病と診断され、ショックを受けます。しかし、かつて看護士として働いていた妻のバージニア(ビバリー・トッド)は、共に病と闘っていこうと励まします。

 そうして、病気を治すために、新薬のテストを繰り返す日々にカーターが飽きてきた頃、同室に同じくらいの年齢の男性が運び込まれてきます。そのふてぶてしい態度の男はエドワード(ジャック・ニコルソン)。相部屋を拒否しようとしますが、秘書のトーマス(ショーン・ヘイズ)に自分の病院の規則を破ってはいけないと押し切られます。エドワードは一代で莫大な富を築き上げた実業家。つい最近、徹底したコスト削減策を掲げて、この病院を買収したのでした。

 横柄な態度のエドワードに、カーターは距離を置いていましたが、やがてエドワードの方から話しかけるようになってきました。同じように病気と闘う二人は、自分の余命がわずかと知りながら、病室で希望を信じる日々を送っていましたが、ある時エドワードは、カーターが何かをメモに書いているのを見ます。隠そうとするカーターでしたが、エドワードは目ざとく見つけます。

 カーターが書いていたのは、“棺おけリスト”。棺おけに入った時に後悔しないように、今のうちにやりたいことを書き出していたのでした。

 「荘厳な景色を見る」

 「赤の他人に親切にする」

 「涙が出るほど笑う」

 というカーターのリストに

 「スカイダイビングをする」

 「世界一の美女にキスをする」

 と次々に書き加えていくエドワード。病室でじっとしているより、“棺おけリスト”を実行しに行った方がよっぽどいいと、カーターはエドワードを誘い出します。もちろん資金はエドワードが提供。はじめはそれほど乗り気でなかったカーターも、エドワードの笑顔を見ているうちに、自分も楽しむように。カーターのプライベートジェットで、二人は世界中を飛び回ります。

 そんな二人のもとに、カーターの妻バージニアから連絡が入ります。ベルが鳴ったのはエドワードの携帯電話。

 「ハロー、バージニアです」

 「カーターを呼ぼう

 とエドワードは代わろうとしますが、冷静な声で

 「あなたと話したいの」

 という、バージニア。もともとカーターが病院を出て、旅をすることに反対しており、体を心配して

 「夫は元気?」

 と聞いてきたのです。

 さらに、夫を家族のもとに返してほしいとエドワードに訴えます。まだリストの項目は残っていましたが、エドワードはカーターに帰ろうと提案します。それを聞いたカーターの答えとは? 人生を悔いなく楽しく生きるために、家族、友情、それとも夢を選んだのでしょうか。

関連キーワード

携帯電話 | 子供 | ハリウッド


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.