ニュース
» 2008年06月17日 15時36分 UPDATE

KDDIと三菱東京UFJ銀行のネットバンク「じぶん銀行」が船出――銀行営業免許を取得

KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同設立したネットバンクの「じぶん銀行」が6月17日、銀行営業免許を取得した。サービス開始は7月中旬を予定しており、開業時にはケータイ3キャリアとPC、電話の3チャネルを通じて円預金と振り込みなどの決済サービスを提供する。

[ITmedia]

 KDDIと三菱東京UFJ銀行は6月17日、両社が共同設立したネットバンクの「じぶん銀行」が、銀行営業免許を取得したことを発表した。同銀行の資本金は200億円で、株主構成はKDDI、三菱東京UFJ銀行がそれぞれ50%。サービス開始は7月中旬を予定している。

photophoto

 開業時には、au、ドコモ、ソフトバンクモバイルの3キャリアとPC、電話の3チャネルを通じて普通・定期の円預金と振り込みなどの決済サービスを原則24時間365日提供。開業後は順次、外貨預金、カードローン、クレジットカード、金融商品仲介、保険の取り扱いなどのサービスを提供するとしている。

 またauケータイ向けには(1)振込先指定に相手のケータイ番号を利用した「ケータイ番号振込」(2)EZwebでのショッピングやオークションの決済取引を容易に行える「じぶん銀行決済」(3)携帯電話上からキャッシュレスで電子マネーをチャージできる「電子マネーチャージ」(4)auの料金支払いをじぶん銀行口座に設定するとポイントが貯まる「auポイント」などの独自サービスを提供。

photophotophoto

 なお、振り込み手数料はじぶん銀行内、じぶん銀行と三菱東京UFJ銀行間は無料となり、入出金は三菱東京UFJ銀行やセブン銀行などの提携金融機関のATMを利用できるという。

 両社は目標として、3期目に240万口座、預金量1兆円程度を獲得して単年度黒字化を目指すとし、5期目には340万口座、預金量1兆5000億円で累積損失を解消したい考え。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.