調査リポート
» 2008年07月11日 07時00分 UPDATE

iPhone 3G、価格発表で購入意欲が向上

アイシェアがiPhone 3Gの価格発表に伴う意識調査の結果を発表。iPhoneの国内販売価格発表を受け、購入予定者は価格発表前の8.9%から14.5%に増加。携帯キャリア別では、ソフトバンクモバイルユーザーの2割以上が購入に興味を示し、他キャリアでも1割ほどが購入を検討している。

[ITmedia]

 アイシェアは7月10日、「iPhone価格発表に関する意識調査」の結果を発表した。調査は6月27日から同30日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は427人。

 iPhoneの国内販売価格発表を受け、「購入を予定・検討」している人は6.1%となり、以前から「購入を予定・検討」している6.3%、その他の理由で「購入を予定・検討」している2.1%と合せると購入予定者は14.5%となった。6月5日から6日にかけて実施した同様の調査では、購入予定者は8.9%となっており、やや増えたことになる。携帯キャリア別では、ソフトバンクモバイルユーザーの2割以上が購入に興味を示している一方、それ以外でも1割ほどが購入を検討していた。

 他方、iPhoneに「興味がない」と答えた人は、前回調査時の91.0%より減少したものの、依然として85.5%と多かった。理由を複数回答形式で聞いたところ、「現在利用している端末の方が良いから」が29.5%と最も多く、次いで「端末価格が高いから」が18.4%、「メディアが騒ぎすぎだから」が16.7%、「使いにくそうだから」が14.2%の順だった。

 また、ソフトバンクモバイル以外のキャリアユーザーは、いずれも3割が「キャリアに不満(現在のキャリアだったら買った)」と回答。ドコモユーザーでは「おサイフケータイ」や「ワンセグ」に対応していないことを理由に挙げる人が1割を超え、ソフトバンクモバイルユーザーでは「ワンセグ」がないことを5人に1人が理由として挙げた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう