ニュース
» 2008年09月05日 17時59分 UPDATE

ソフトバンクの「923SH」「824SH」「825SH」、不具合解消と機能改善のソフト更新

ソフトバンクモバイルが、シャープ製端末「923SH」「824SH」「825SH」のソフトウェア更新を実施する。S!おなじみ操作設定時の不具合を解消するとともに、ダブルナンバーのサービス仕様を変更する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは9月5日、シャープ製端末「AQUOSケータイ 923SH」「THE PREMIUM WATERPROOF 824SH」「PANTONE Slide 825SH」のソフトウェア更新を提供すると発表した。923SHは9月5日からソフトウェア更新を開始。824SHと825SHは近日中に提供開始する。

sa_sf01.jpgsa_sf02.jpgPhoto 左から「THE PREMIUM WATERPROOF 824SH」「PANTONE Slide 825SH」「AQUOSケータイ 923SH」

 3モデル共通の不具合は、S!おなじみ操作設定時に、ソフトウェア予約更新と安心遠隔ロック機能を利用できないというもの。923SHについては、ダブルナンバー利用時のサービス仕様が変更される。具体的にはBモードで110番、118番、119番などの緊急通報を行った場合、これまでは緊急機関からの折り返し電話がBモードでは着信不可となっていたが、ソフトウェア更新後にはBモードでも着信可能になる。

 なお、ソフトウェア更新を行う際には、おなじみ操作設定を解除する必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう