ニュース
» 2009年02月12日 14時41分 UPDATE

「L-01A」のソフトウェアアップデートが再開――メール関連の不具合を改善

ドコモは、2月5日に中断したLG電子製の「L-01A」のソフトウェアアップデートを再開した。アップデートにより、メール関連の不具合が改善される。

[田中聡,ITmedia]
photo LG電子製の「L-01A」

 NTTドコモは2月12日、LG電子製の「L-01A」のソフトウェアアップデートを再開した。

 L-01Aには、ドコモが1月16日に提供開始したソフトウェアアップデートが原因で、受信日時が古い順に削除されるはずの既読メールが、異なる順序で削除される場合があることが判明したため、ドコモは2月5日にソフトウェアアップデートを一時中断した。

 ソフトウェアアップデートで改善される事象は以下のとおり。

  1. L-01Aで受信したメールが保存されている状態で、ほかの端末から赤外線通信などで新規メールを受信すると、既読メールが古い日付順に削除されない場合がある
  2. メール作成時にデコメ絵文字選択画面を表示すると、端末がフリーズする場合がある
  3. 特定条件を満たすメッセージRを受信しようとすると、端末が再起動する

 ユーザーは待受時に「メニュー」→「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作するとソフトウェアアップデートできる。ソフトウェア更新の所要時間は約4分。新しいソフトには、上記の不具合を改善するほかにも、より快適に利用するための更新が含まれている。

 今回再開したソフトウェアアップデートには、新たに改善される事象も追加されたので、ドコモは一時中断前にソフトウェアアップデートを実施したユーザーも、再度アップデートするよう呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう