ニュース
» 2009年02月13日 16時38分 UPDATE

Samsung、ソーラーパワー携帯「Blue Earth」発表

「Blue Earth」はソーラーパネルを搭載したタッチスクリーン携帯で、再生プラスチックを使うなど環境に配慮したモデルとなっている。

[ITmedia]
photo  

 韓国のSamsung Electronicsは2月12日、太陽発電で動くタッチスクリーン携帯電話「Blue Earth」を発表した。

 Blue Earthは環境保護をうたうモデルで、背面のソーラーパネルで充電できるほか、ペットボトルを再生したプラスチックを使っている。また、画面の明るさやバックライト、Bluetoothをワンクリックで省電力モードに設定可能。内蔵の歩数計で歩数をカウントし、歩いたことで(車を使った場合と比べ)二酸化炭素の排出をどれだけ減らせたかを計算する「エコウォーク」機能も備える。

 パッケージには再生紙を使い、充電器も待機電力0.03ワット以下と電力効率を高めているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう