ニュース
» 2009年02月23日 15時52分 UPDATE

新旧スーパーボーナスの契約数、1500万件を突破

ソフトバンクモバイルは2月23日、月々の基本料や通話料、通信料などから端末代金の一部に相当する金額を割り引く料金プラン、「スーパーボーナス」と「新スーパーボーナス」の契約数が1500万件を突破したことを明らかにした。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは2月23日、月々の基本料金、通話料、通信料などを合計した請求額から、端末購入代金の一部に相当する、最大2000円の割引「月月割」を提供する「スーパーボーナス」および「新スーパーボーナス」の契約数が、1500万件を突破したと発表した。達成したのは2月22日。

 新旧スーパーボーナスの契約数が、合計で1000万件を超えたのは2008年2月19日なので、ほぼ1年で500万契約を上乗せしたことになる。ソフトバンクモバイルの2009年1月末時点の契約数は2012万200件だったので、およそ4分の3のユーザーが新旧いずれかのスーパーボーナスに加入していることになる。

 スーパーボーナスは、ソフトバンクがボーダフォンを買収した2006年の9月から導入された、端末購入時の代金を、利用期間と利用金額に応じて値引きするサービス。何度かの制度変更を経て、現在では「新スーパーボーナス」と「月月割」として、約2年間(27カ月)の端末代金の割賦払いと、月々の利用料金が2000円を超える場合、機種によって最大4万8000円の値引きが受けられるサービスとして提供されている。

新旧スーパーボーナス契約数の推移
出来事 年月日
1500万契約突破 2009年2月22日
1000万契約突破 2008年2月19日
500万契約突破 2007年6月13日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.