ニュース
» 2007年06月13日 12時04分 公開

ソフトバンクモバイルの新旧スーパーボーナス契約数、500万件を突破

ソフトバンクモバイルの「新スーパーボーナス」および「スーパーボーナス」の契約数が、6月12日に500万件を突破した。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは6月13日、同社のサービス「新スーパーボーナス」および「スーパーボーナス」の契約数が6月12日に500万件を突破したと発表した。2006年9月にスーパーボーナスを正式導入して以来(2006年9月の記事参照)、約9カ月強での達成となった。

 新スーパーボーナスとスーパーボーナス(現在提供しているのは新スーパーボーナスのみ)は、新規契約時や機種変更時に、割賦販売で端末を購入できる制度。新スーパーボーナスでは、端末価格を一括払いするか、頭金0円、金利なしで12回もしくは24回に分割して支払う。ただし「新スーパーボーナス特別割引」により、契約期間中は毎月の基本使用料、通話料、通信量などの合計金額から、分割払いの回数と同じ回数だけ、あらかじめ定められている一定額の割引を受けることができる。

 2年以上機種変更をしないユーザーは、端末価格によっては実質負担金0円で端末を購入できるケースもある一方、分割払い期間の満了前に解約や機種変更をすると、割賦払い金の支払い義務は残り、新スーパーボーナス特別割引はなくなるため、実質的な端末価格が高くなる。ソフトバンクモバイルには、確実に端末代金を回収できるというメリットがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう