ニュース
» 2013年04月03日 13時24分 UPDATE

バッファロー、iPhone 5対応スライドキーボードケース

バッファローは、iPhone 5対応とiPad対応のそれぞれで、Bluetooth接続のキーボードを内蔵するケースを発表した。

[長浜和也,ITmedia]

 バッファローは、専用キーボード一体型ケースでiPhone 5対応の「BSKBB16シリーズ」と、iPad対応の「BSKBB17BK」を発表した。出荷開始は4月中旬の予定で、実売予想価格は、いずれも8400円とみられる。

 BSKBB16シリーズはiPhone 5向けのケースに、Bluetoothキーボードを組み込んだキーボード一体型ケース。ケースとキーボードが一緒になっているため、持ち運びしやすいのが特徴。持ち運び時はキーボード部分を背面にスライド収納できるほか、キーボード部分を取り外してケースだけ利用することも可能だ。

kn_bflkb_01.jpgkn_bflkb_02.jpgkn_bflkb_03.jpg BSKBB16シリーズ

 キーボードレイアウトは英語配列でバックライトも備える。また、音声調整などのファンクションキーも用意しているキーピッチは8.5ミリで、ストロークは0.3ミリを確保。iPhoneに対応したファンクションキーを備えている。

 本体サイズは126(幅)×21.5(高さ)×61(奥行き)ミリ、重さは約105グラム。取り付けた状態で各種ボタン操作が可能なほか、ストラップホールも備えている。カラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

 BSKBB17BKは、iPad2、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad 2013年春発表モデルに対応するBluetooth接続キーボードで、キーボードに設けた溝にiPad本体を載せて利用するタイプだ。キーボードはiPadの液晶ディスプレイカバーとしても利用できる。カバーを取り付けるとiPadは自動的にスリープ状態に移行し取り外すと復帰する。

 英語配列を採用し、キーピッチは15ミリ、ストロークは2.2ミリを確保する。そのほか、iPad用のファンクションキーも備えて、音量調整やコンテンツプレイヤー操作bなども可能だ。本体サイズは、244(幅)×12.3(高さ)×194(奥行き)ミリで、重さは約285グラム。カラーはブラックのみとなる。

kn_bflkb_04.jpgkn_bflkb_05.jpg BSKBB17BK

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.