ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Bluetoothキーボード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Bluetoothキーボード」に関する情報が集まったページです。

動画編集実務で計るM1 Macの実力:
M1搭載MacBook AirとDaVinci Resolve 17βでスピード編集してみた
小寺信良さんのM1 Mac連載第2回は、サードパーティーでありながらいち早くM1ネイティブ対応を果たしたビデオ編集ソフトを試す。(2020/12/12)

「Oculus Quest 2」+「Infinite Office」で仮想リモートオフィス Facebookが提案
FacebookがスタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Quest 2」向けの仮想オフィスサービス「Infinite Office」をこの冬から提供する。パススルー空間に複数の大画面ディスプレイを配置し、実際のキーボードを仮想キーボードとして使い、入力できる。(2020/9/17)

エレコム、乾電池で動くBluetoothワイヤレスキーボード
エレコムは、Bluetooth接続に対応したワイヤレスキーボード計2製品の販売を開始する。(2020/8/19)

5000円オフの今こそ:
この価格で2年保証と子ども向けコンテンツを楽しめる破格な「Fire HD 8 キッズモデル」を試す
Amazonの格安タブレット「Fire HD 8」に新型が登場し、同時にキッズモデルも生まれ変わった。通常モデルより5000円高くなるキッズモデルだが、その内容はどうなのか、試しに使ってみた。(2020/8/12)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Bluetoothデバイスが接続できない
スマートフォンの普及も手伝ってか、ヘッドフォンやキーボードなど多くのBluetooth対応のデバイスが販売されるようになってきた。ヘッドフォンなどは、マニュアルにスマートフォン向けの接続手順が記載されているものの、Windows 10については触れられていない、といったこともある。そこで、Windows 10でBluetoothデバイスを接続する方法を紹介しよう。(2020/7/27)

iPad AirやiPadでトラックパッドが使えるロジクール「COMBO TOUCH」を試して分かったこと
iPadOSのリリース以降、Apple純正品以外でトラックパッド搭載キーボードを積極的にリリースするロジクール。今回は、第3世代iPad Airと第7世代iPad向けの新モデル「COMBO TOUCH」をチェックした。(2020/7/20)

みんな、11インチiPad Proの256GB版を買うといい
さぁ、プロイラストレーターのrefeia先生がみんなの悩みにズバリ答えるよ! そう、買いたいけどなかなか踏ん切りが付かないiPad Proのお話です。(2020/6/19)

サンワ、薄型設計のiPhone/iPad向けBluetoothキーボード発売 テンキーあり/なしの2モデル
サンワサプライは、iPhone/iPad向けBluetoothキーボードを発売。持ち運びやすい薄型モデルで、3台の機器をワンタッチ切り替えできるマルチペアリング機能を搭載。テンキー付き「400-SKB064E」とテンキーなし「400-SKB065E」の2モデルで展開する。(2020/6/18)

タッチパッドで操作できるiPhone/iPad向けBluetoothキーボード サンワサプライから
サンワサプライは、iPhone/iPadで利用できるタッチパッド付きBluetoothキーボード「400-SKB066」を発売。カーソル操作やクリックが可能で、ボタンを押せば3台の機器をワンタッチ切り替えできるマルチペアリング機能を備えている。(2020/6/10)

Bluetooth+USBドングルで使える:
「ThinkPad TrackPoint Keyboard II」が日本上陸 日本語配列と米国英語配列を選べて1枚1万4500円
CES 2020で発表された「ThinkPad TrackPoint Keyboard II」が、日本でも「ThinkPad トラックポイント キーボード II」として発売される。日本語配列か米国英語配列を選択可能で、USBドングルによる独自無線接続を併用することで最大2台のデバイスで使えることが特徴だ。(2020/5/26)

ノートPCとしても魅力的なチョイス 「11インチiPad Pro(第2世代)」を使ってみた
新しい「iPad Pro」が発売された。第2世代となったコンパクトな11型モデルを実際に使ってみて、思う所をまとめる。(2020/4/21)

Apple、iPadOS 13.4の新機能に対応した「Clips 2.1.1」を配布開始
Appleの動画編集アプリClipsのバージョンアップは0.0.1だが多くの機能が追加されている。(2020/4/8)

iOS 13.4、iPadOS 13.4の新機能、すべて解説します 「iPadでマウス」の使い方も
MACお宝鑑定団のITmedia NEWS向けスペシャルコンテンツ。(2020/3/25)

むしろ荷物は増えた予感:
モバイルできるディスプレイとキーボードでメインPCに!? 「GPD P2 Max」使い込んでみた
筆者が自腹購入した「GPD P2 Max」のCore mモデルが故障。それを聞いたPC USER編集部が「GPD P2 Max」のCeleronモデルをレビューする機会を与えてくれた。がっつりと使ってみるのである。(2020/2/27)

iPadキーボードカバーの道:
ロジクール「SLIM FOLIO」はキーボード付きiPadケースの決定版となるか?
Smart Connectorを採用した高性能な第7世代iPadは低価格で人気を集めている。歴代のiPadシリーズに適したカバー付きキーボード「SLIM FOLIO」はどうなのだろうか。「RUGGED FOLIO」との違いを含めてチェックした。(2020/2/25)

Rapoo、金属筐体を採用した薄型デザインのBluetoothキーボード
ユニークは、中国Rapooブランド製の薄型Bluetoothキーボード「Rapoo E6080」の取り扱いを開始する。(2020/2/17)

「Windows 10X」に期待?
画面が折り曲がるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」は実用的なのか?
Lenovoが「CES 2020」で、ディスプレイを折り畳めるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」を正式発表した。併せて登場した「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」の新モデルとともに、その実力を評価する。(2020/2/15)

ロジクール、薄型Bluetoothキーボード「K380」にピンクモデルなどカラバリ2色を追加
ロジクールは、テンキーレスの薄型Bluetoothキーボード「K380」シリーズにカラーバリエーションモデル2タイプを追加した。(2020/1/20)

CES 2020:
折り曲げられる「ThinkPad X1 Fold」や5G対応の「Yoga 5G」が登場 Lenovoの新型PCレポート
「CES 2020」の開催に合わせて、Lenovoがいくつかの新製品を発表した。この記事では「ThinkPad X1 Fold」など実機展示があったものを写真を交えて紹介する。(2020/1/10)

iClever、極薄デザインを採用したBluetoothキーボード
サウザンドショアスは、薄型設計のBluetooth接続対応ワイヤレスキーボード「IC-BK22」など2製品を発売する。(2019/11/25)

iPadにThinkPadキーボードをつないだら見たこともないデバイス爆誕
iPad OSになってから一度もキーボードを試してないなと思い、ThinkPad Tablet 2用キーボードをつないでみたところ、赤ポッチも使えた。長時間駆動も可能な謎マシンの誕生だ。(2019/10/30)

キーボードもマウスも使える:
新型iPadとiPadOSがあればテキスト入力環境はこんなに進化する!
AppleがリリースしたiOSの新たな派生版である「iPadOS」。新しいOSになることで、同社のタブレット「iPad」シリーズにどのような変化があったのだろうか。テキスト入力面での違いをチェックした。(2019/10/23)

石野純也のMobile Eye:
Smart KeyboardやiPadOSの使い心地は? 第7世代「iPad」(3万4000円〜)のコスパを検証する
9月30日に発売された第7世代「iPad」は、現行モデルの中では最も低価格で、Wi-Fi版は3万4800円(税別)から購入できる。Apple Pencilに加え、新たにSmart Keyboardの利用が可能になった。出荷時からiPadOSを搭載していつのも特徴だ。このiPadのファーストインプレッションをお届けする。(2019/10/6)

BLUEDOT、薄型軽量Bluetoothキーボード「BTKB-01W」9月上旬に発売
BLUEDOTは、9月上旬に薄型・軽量のBluetooth 3.0キーボード「BTKB-01W」を発売。Android、iOS、Windowsに対応した日本語キーボードで、約90時間の連続使用が可能だ。キーピッチは17mmで、隣接のキーの打ち間違いを抑えるアイソレーション配置を採用している。(2019/8/7)

ロジクール、iPad ProをノートPC風に使えるキーボード一体型ケース
ロジクールは、iPad Pro用のキーボード一体型ケース「SLIM FOLIO PRO」を発売する。(2019/5/30)

バッファロー、2年以上の電池寿命を実現した小型Bluetoothキーボード
バッファローは、テンキーレス仕様の小型Bluetoothキーボード「BSKBB310」シリーズを発売する。(2019/5/9)

文庫本サイズに折りたためるiPhone/iPad向けBluetoothキーボード
サンワサプライは、iPhoneとiPad向けBluetoothキーボード「SKB-BT30BK」を発売。表面はスエード調に加工し、文庫本と同等サイズまで小さくなる折りたたみ式。キー配列は英語仕様でホームボタン・コマンドボタンも用意した。(2019/4/3)

“JUST”ロゴ入りの三つ折りBluetoothキーボード
ジャストシステムは、折りたたみ式キーボード「MOBO keyboard」をベースにしたコラボレーションモデルの販売を開始した。(2018/12/17)

スタンド兼用カバーも付属したスリムBluetoothキーボード
スリーイーホールディングスは、Bluetooth接続対応のコンパクトキーボード「3E Premium2」の販売を開始する。(2018/12/3)

ペンケース状に縦長折りたたみができるコンパクトBluetoothキーボード
ドスパラは、折りたたみ機構を備えたコンパクトBluetoothキーボード「DN-915443」の販売を開始した。(2018/11/22)

スマホをBluetoothキーボードとして使えるアプリ「Rickey+」の無料お試し版が登場
イデア・フロントは、Androidスマートフォン/タブレットをWindows PC用のBluetoothキーボードとして利用できるアプリ「Rickey+」の無料お試し版を提供開始。初回起動から7日間はすべての機能を利用することができる。(2018/11/9)

次期iPad Proはこうなる MACお宝鑑定団に根掘り葉掘り聞いた、Apple Special Event予想シナリオ
Appleに関する世界でも有数の情報ソースであるMACお宝鑑定団。そのDANBO会長に、10月30日のApple Special Event予想を根掘り葉掘り聞いた。(2018/10/20)

サンワ、キー音が響かない静音設計のBluetoothキーボード
サンワサプライは、静音設計のBluetoothワイヤレスキーボード「SKB-BT29BK」の販売を開始する。(2018/9/10)

ここまでサブノートは進化した 「Surface Go」ファーストインプレッション
税込み7万円以下で購入できる10型の「Surface Go」。その使い勝手をチェックした。(2018/9/1)

作中の「タイプライター」がBluetoothキーボードに 「バイオハザード RE:2」に特別なイーカプコン限定版が登場
部屋に置くだけでなんだか安心できる場所に感じられそう。(2018/8/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「HoloLens」が最新プレビュー版でついに日本語ネイティブ対応
HoloLens向け次期Windows 10アップデートの開発プレビュー版「HoloLens RS5 Preview」がリリースされた。目玉は日本語のネイティブ対応だ。(2018/8/6)

Surface Book 2を漫画家がガチで仕事に使ったらどうなる?
漫画「AIの遺電子」で第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞した山田胡瓜氏が「Surface Book 2」をレビュー。仕事で使ってみた結果は……?(2018/7/27)

「Surface Go」と9.7型「iPad」の価格やスペックを徹底比較 それぞれ長所と短所は?
日本マイクロソフトが7月11日に発表した、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品「Surface Go」。10型と小型で価格も廉価。そうなると気になるのはiPadとの比較。それぞれの製品を比較して、長所や短所を見比べてみた。(2018/7/11)

5月24日18時30分ごろ放送:
【番組告知】日本マイクロソフト「de:code 2018」で気になったアレを「NEWS TV」で振り返る
(2018/5/25)

Androidスマホ/タブレットをBluetoothキーボードにできるアプリ「Rickey+」
イデア・フロントは、Androidスマートフォン/タブレットをWindows PC用のBluetoothキーボードとして利用できるアプリ「Rickey+」をリリース。手元のスマートフォン/タブレットのタッチ操作でPCの入力や各種操作を行うことができる。(2018/5/7)

サンワサプライ、スタンド付きのiOS対応Bluetoothキーボードを発売
サンワサプライは、iOS対応Bluetoothキーボード「SKB-BT28BK」を4月中旬に発売する。スタンドをキーボード裏面に内蔵し、単四乾電池2本を使って約125時間連続作動。端末を3台同時に操作できるマルチペアリングに対応する。(2018/4/12)

「新しいiPad」と「iPad Pro」はどちらが買い? 使用感とスペックを比較する
Apple Pencilに対応しながら3万7800円からという安さが魅力の、新しい「iPad」。気になるのが「iPad Pro」との違い。どちらのiPadを買うべきか?(2018/4/7)

iPad Proとは何が違う? 「新しいiPad」ファーストインプレッション
Apple Pencilに対応した9.7型の「iPad」が発表された。3万7800円(税別)からと従来の廉価版iPadから価格を据え置いており、コストパフォーマンスが高い。ここでは、新iPadの実機を写真ともに見ていきたい。(2018/3/28)

スティック状に折りたためるBluetoothキーボード「Bookey Stick」
JTTは、3月1日にスティック状に折りたためるスリムでコンパクトなBluetoothキーボード「Bookey Stick」を発売する。最大3台の機器を登録でき、本体にスタンドも内蔵。付属のUSBケーブルを使ってPCやバッテリーから再充電可能だ。(2018/3/1)

ロジクール、iPhone向けの厚さ6mmの超薄型Bluetoothキーボード
ロジクールは、薄型軽量のBluetoothキーボード「ウルトラポータブルキーボード」(iK1042BKA)を発表した。2月6日から販売を開始する。価格は8880円(税別)。(2018/1/23)

4K60fps・HDR10対応のスティック型Android端末「Air Stick 4K」
CCC AIRは、4K・HDRの再生や出力に対応した、Android搭載のスティック型端末「Air Stick 4K」の販売を開始した。価格は9800円(税別)。(2018/1/18)

タイプライター風BTキーボード「PENNA」 Makuakeで予約販売開始
リターンバーをあしらったタイプライター風Bluetoothキーボード「PENNA」が、12月6日からMakuakeで予約販売を始めている。予定販売価格は2万2900円としているが、超早割では50台限定で1万4800円(税込)となる。出荷は2018年4月の見込み。(2017/12/11)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
キーボードを分離&収納できるiPad用ケースが便利
MoshiのiPad用キーボードケースは、ちょっと面白い製品です。キーボードが収納されているのですが、取り外すこともできます。普段はケースとして使い、必要な時だけキーボードを引き出して使う、なんてことができるわけです。(2017/11/7)

タブレットをノートPC化
iPad、Surface向けキーボード 純正とサードパーティーで選ばれるのは?
キーボードを使えばタブレットはノートPCと同様の使い方が可能になる。iPadやSurface Pro向けには純正製品以外に多くのキーボードが販売されている。注目製品を紹介しよう。(2017/11/5)

膨大な数のデバイスに影響
Bluetoothが危ない 背筋が凍る8つの脆弱性「BlueBorne」とは?
Bluetoothには8つの脆弱(ぜいじゃく)性があり、総称してBlueBorneと呼ぶ。専門家によれば、BlueBorneは膨大な数のデバイスに影響を及ぼし、深刻な問題を引き起こす恐れがあるという。(2017/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。