ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iPad Pro」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPad Pro」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

千葉県議会、タブレット導入でペーパーレス 年間480万円節約
千葉県議会は、2月定例議会からペーパーレス化に本腰を入れる。議案や議員が出す資料などを閲覧するためのタブレット端末「IPad Pro」を95人全議員に1台ずつ配った。(2024/2/15)

Apple Vision Pro、米国で販売スタート クックCEOが購入者を出迎える
米国で「Apple Vision Pro」が発売された。オープンには、Tim Cook CEOら経営陣が購入者を出迎えた。(2024/2/3)

「Mac」「iPad」がおトクに買える! Apple Storeで学生/教員向けキャンペーンを実施 4月10日まで
Appleが、Apple Storeにおいて学生/教員向けキャンペーンを実施する。対象のMac/iPadの本体や周辺機器を学割価格で購入できる上に、Appleギフトカードによるキャッシュバックも受けられるという。【更新】(2024/2/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは日本でも買えた! そのプロセスで感じられた語り尽くせない驚きの理由
米国において「Apple Vision Pro」の受注が始まった。筆者も実際に注文してみたので、その時の体験談を交えつつ、このデバイスが持つ可能性をひもといていきたい。【更新】(2024/1/24)

12.9/11型iPad Pro用ケースを最大70%オフに ODOYOが数量限定セール
ハンズインターナショナルは、ODOYOブランドのiPad Pro用ケースを最大70%オフで販売。対象は12.9型iPad Pro(第5世代)と11型iPad Pro(第3世代)向けエアーコートで、通常価格は5940円(税込み)。(2024/1/22)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済の「請求書払い」、使っていますか?
スマートフォン決済アプリの隠れた競争要素として「スマホ決済」があります。しかし、口座振替やカード払いをしている私は使う機会がありません……。皆さんはどうですか?(2024/1/14)

「Magic Keyboard」とそっくりで激安1万9800円!? iPadで使える保護ケースと一体のキーボード「GeeMagicKey」を試してみた
iPad ProやiPad Air用の純正キーボード「Magic Keyboard」の半額以下で購入できるのが、Glotureの「GeeMagicKey」だ。純正品と何が違うのか、細かくチェックした。(2024/1/12)

iPadの新製品は3月発表か iPad Airが2モデルになってラインアップの整理も?
Appleは2010年のiPad発表以来、毎年1機種は新しいiPadを発表していましたが、2023年は初めて1機種も発表されない年となりました。iPad AirとiPad Proは2024年3月の発表になりそうです。新しいラインアップには、12.9型のiPad Airが追加される可能性があります。(2024/1/8)

iPhone 12やiPad/iPad Proの整備済製品が5%〜13%オフに:Amazon初売り
Amazon初売りにて、iPhone 12やiPad、iPad Proの整備済製品がセール価格で販売されている。「iPhone 12(64GB)」や「iPad(第10世代)」が対象。最大で13%オフとなっている。(2024/1/5)

Appleが初売り開催 iPhone 14など対象商品の購入でギフトカードがもらえる
対象商品の購入で最高3万円分のギフトカードがもらえます。(2023/12/28)

「Apple初売り」1月2日から 最大3万円分のギフトカード付与 対象商品ともらえるギフトカード額まとめ
Appleが2024年1月2日から、公式サイトとApple Storeにおいて初売りを開始する。対象製品を購入すると、最高3万円分のAppleギフトカードをプレゼントする。また、付与対象のiPhoneの購入で、先着5万人に辰年をあしらった限定デザインのAirTagをプレゼントする。(2023/12/27)

「Apple Store」の初売りは1月2日から5日まで 対象のiPhoneを期間中に購入するとスペシャルな「AirTag」をプレゼント
Appleが毎年恒例の「初売り」を2024年1月2日から5日の“4日間”に渡り実施する。iPhone、iPadやMacなど対象製品を購入すると最大3万円分のApple Gift Cardが贈呈される他、対象のiPhoneを購入すると辰年にちなんだ「AirTag」が贈呈される。【更新】(2023/12/27)

ドコモ、27日から一部スマホの“実質負担額”を値上げ 法令改正を受けて
NTTドコモが、「いつでもカエドキプログラム」を適用した際の実質負担額を、12月27日から値上げする。このプログラムは、端末単体(白ロム)の購入も対象だが、12月27日からは、端末単体購入の場合も、電気通信事業法の省令(ガイドライン)で割引金額が4万4000円(税込み、以下同)までに規制される。(2023/12/26)

27日からの法令改正でスマホ割引はどうなる? 4キャリアの変更点と“今買うべき機種”
12月27日から、電気通信事業法に関するガイドライン(総務省令)が改正される。これに伴い、端末割引は4万4000円までに制限され、端末単体割引も同様に制限される。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルで変更される(と思われる)端末割引施策をまとめた。(2023/12/26)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
お絵かきデバイスよりもAIのことばかりが思い出されてしまった2023年を振り返る
イラストレーター refeiaさんの連載「ある日のペン・ボード・ガジェット」。今回は、絵師視点での2023年を振り返ってもらいました。(2023/12/22)

iPad用タッチペン「スラスラかける君」のメタリックブルーなど新色発売 特別価格500円引き
Fun Standardは、12月下旬にiPad専用スタイラスペン「スラスラかける君」のメタリックブルーなどの新色を発売。パームリジェクションや傾き検知、マグネット吸着機能を備える。発売を記念して通常3298円の500円引きで提供する。(2023/12/20)

ドコモオンラインショップ、「11型 iPad Pro(第4世代)」などの“大幅”な割引を12月26日23時で終了
ドコモオンラインショップは「11型 iPad Pro(第4世代)1TB」「11型 iPad Pro(第4世代)2TB」などを対象とした割引の終了を案内している。割引額は最大で6万6000円となっており、12月26日11時までなら対象端末をお得に買える。記事内は全て税込み。(2023/12/18)

iPhone 14 PlusやiPad、iPad Proの整備済製品がセール価格に:Amazonホリデーセール
Amazonホリデーセールにて、Appleの整備済製品がセール価格で販売されている。「iPhone 14 Plus」の256GBは12万6100円から8%オフの11万5181円。iPad(第8世代)Wi-Fi+Cellularモデルの32GBは4万1995円から14%オフの3万6000円。(2023/12/17)

ドコモオンラインショップ、家族でスマホを購入すると5000ポイント付与 最大4台で2万ポイント
NTTドコモは、12月26日まで「ドコモオンラインショップ 家族応援キャンペーン」を開催。家族で対象機種を2台以上購入すると、1台あたりdポイントを5000ポイントを付与する。合計最大4回線まで対象。(2023/12/5)

iOS、iPadOS、macOS、Safariにゼロデイ脆弱性修正の緊急アップデート
Appleは、iOS、iPadOS、macOS、Safariに影響する2つのゼロデイ脆弱性を修正するための緊急アップデートをリリースした。既に「悪用された可能性があるという報告を認識している」としている。(2023/12/1)

Amazonブラックフライデー:
iPad Proをマグネットで充電するPITAKA MagEZ Cace Proが15%オフ!
11月22日にスタートした「Amazonブラックフライデー」先行セール。Apple関連アクセサリーを展開するPITAKAは、iPad Proなどをワイヤレス充電ライクに変えるケースなどを最大値引き率20%でセール出品している。(2023/11/24)

BIM:
iPadで室内撮影するだけでBIMモデルを自動生成するスターツの「Re:BIM」
スターツアセットマネジメントは、賃貸住宅の退去修繕やリフォームに特化し、クラウド上で現場調査〜図面作成〜見積もり〜維持管理までが一気通貫で完結するBIMサービス「Re:BIM」をリリースした。(2023/11/21)

Mobile Weekly Top10:
コード決済の「面倒さ」は「キャンペーン」でカバー?
ITmedia Mobileでは、相変わらずコード決済サービスやポイントプログラムの記事が良く読まれます。コード決済は若干面倒な面がありますが、随時キャンペーンがあるから使いたくなるのかもしれません。(2023/11/11)

Appleのサポート「AppleCare」「AppleCare+」の違い【第2回】
Appleユーザーは有料の「AppleCare+」を使うべきか“無料サポート”で十分か?
Appleは自社製品向けの有料のサポートサービス「AppleCare+」を提供している。このサービスは無料サポートサービスの「AppleCare」とは何が違うのか。(2023/11/10)

現場管理:
「ANDPAD」が導入シェアトップに、建設向け現場管理クラウドサービス市場調査
「建設業マネジメントクラウドサービス市場の動向とベンダーシェア」調査で、「ANDPAD」が導入企業数で6年連続シェアNo.1となった。(2023/11/9)

40周年×100周年記念:
ベルキンがディズニーとコラボ、充電器やiPhone 15ケースなどを一挙発売 “プラスチック排除”の取り組みも
ベルキンは11月7日、創立100周年を迎えたディズニーとコラボレーションした充電器やイヤフォンなど31アイテムを一気に発売した。アイテムはBelkin公式サイトの他、Amazon.cojp、楽天市場、家電量販店などで販売される。(2023/11/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新型SoC「M3ファミリー」でAppleが示した“進化と成熟”
AppleがMac向けに投入した「Apple M3チップファミリー」は、過去2世代と比べると変わった点が多い。現時点で分かっている情報をもとに、その変更点がもたらす影響を掘り下げて見ていきたい。【訂正】(2023/11/3)

ドコモが「Xperia 1 IV」を7.7万円割引、「iPad Pro(第4世代)」を6.6万円割引 11月2日以降
NTTドコモは、11月2日以降に「オンラインショップ限定 機種購入割引」の内容を変更。「Xperia 1 IV」は7万7000円割引、「iPad Pro(第4世代)」は6万6000円割引、「あんしんスマホ」は2万2000円割引になる。(2023/11/2)

実測わずか341gの軽量モバイルディスプレイ! ユニークの13.3型モデル「UQ-PM13FHDNT-GL」を試す
多彩なモデルを用意するユニークのモバイルディスプレイに、13.3型の「UQ-PM13FHDNT-GL」が加わった。どのような特徴があるのか、じっくりと見ていこう。(2023/10/20)

1万2880円の「Apple Pencil(USB-C)」発表 “圧力感知”などには対応せず
Appleは10月17日、iPadに対応する「Apple Pencil(USB-C)」を発表した。通常価格は1万2880円(税込み、以下同)で、学生や教職員価格は1万1280円だ。Apple Storeなどが11月上旬から販売する。(2023/10/18)

Apple、USB-Cポート付き「Apple Pencil」を最安の1万2880円で発売へ
Appleは「iPad」シリーズ向けのUSB-Cポート付きスタイラス「Apple Pencil」を発表した。価格は1万2280円と、既存モデルより安くなっている。11月上旬発売の予定。(2023/10/18)

CIOがモバイルバッテリーや充電器、USB Type-Cケーブルなどが最大43%オフ:Amazonプライム感謝祭
CIOがAmazonプライム感謝祭でモバイルバッテリーやUSBケーブルなどを割引。30W〜140W出力対応のGaN充電器「NovaPortシリーズ」は24%〜36%オフの2780円〜1万480円。USB Type-CやLightingに対応したシリコン充電ケーブルは、11%〜15%オフの1400円〜2050円としている。(2023/10/14)

CAD:
リノベ特化の現況調査アプリ「りのべっち」を無償提供 LiDARスキャンで3Dモデルと間取り図を自走作成
福井コンピュータアーキテクトは、リノベーション業務に特化したアプリ「りのべっち」を無償で提供している。iOS/iPadOSのLiDARを用いた3Dスキャン機能を備え、部屋の壁線をスキャニングしていくだけで、寸法情報を持つ3Dモデルと間取り図が自動生成される。(2023/10/3)

「iPhone 15 Pro Max」レビュー:これまでにない軽さ、Maxだけの“5倍ズームカメラ”も試す
iPhone 15シリーズ最上位モデル「iPhone 15 Pro Max」を実際に使ってみた。チタンフレームを採用したことで軽くなり、これまでMaxを敬遠していた人にも勧めやすい。光学5倍ズームに対応したカメラもMaxならでは。実際に撮影してみた。(2023/9/26)

iPhone 15も対応、音楽再生+急速充電が可能なUSB Type-C変換アダプター発売
ベルキンは、9月25日にオーディオと急速充電の同時有線接続が可能なUSB Type-C変換アダプターを発売。3.5mmジャックとUSB Type-Cの2つから選択できる。16gと軽量なので持ち運びしやすい。(2023/9/25)

「iPhone 15」のUSB-C、一体何がつながる? 無印とProでいろいろテストしてみた
iPhone 15シリーズの4台を、9月22日の発売日に先んじて試用することができたので、新しく設けられたUSB-Cコネクターに何をつなげることができるか試してみた。(2023/9/21)

iPadが実用的なHDMI入力の外部モニターになる iPadOS 17のUVCサポートで実現 実際に試してみた
iPadのディスプレイをより汎用的に使いたいと考える人にとって非常に夢のある大きなアップデートがやってきた。実際の使い勝手や表示の遅延など気になる部分も多い。記者の手元にもiPad Proと適したキャプチャーデバイスがあるので実際に試してみた。(2023/9/21)

「iPadOS 17」配信開始 ロック画面のデザイン一新、更新可能モデルを要確認
Appleは「iPadOS 17」の配信を開始した。ロック画面のデザイン一新、「メッセージ」の機能追加など多数の新機能が追加される。セキュリティ関連更新もある。(2023/9/19)

KDDI、iPhone 15などの一部機種を「5G SA契約」で販売 9月22日から
KDDIは2023年9月22日から、iPhone 15シリーズとiPhone 14シリーズ、iPad Pro(一部)を「5G SA契約」での販売に変更する。同社は対応機種名とともにWebサイトで、5G SA契約について案内している。5G SAに対応する機種を使用する場合、5G SAに対応する料金プランへの加入と、5G SA対応SIMカードが必要になる。(2023/9/18)

あの定番イヤフォン「EarPods」もUSB-Cにリニューアル 早速試してみた
米Appleが販売を開始した、USB-C接続対応の「EarPods」を試してみた。3.5mmイヤフォンプラグやLightningコネクタに対応したEarPodsの最新版。セミオープン型で、引き続きマイクも搭載している。価格は2780円。(2023/9/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iPhone 15 Proの新体験をもたらす「A17 Proチップ」から将来の「M3チップ(仮)」を想像する
例年通り、Appleが新型iPhoneを発表した。上位モデルの「iPhone 15 Proシリーズ」は、初めての3nmプロセスSoC「A17 Proチップ」が搭載されているが、その特徴を確認しつつ、MacやiPad Proなどに搭載されるであろう「M3チップ(仮)」を少し想像してみようと思う。(2023/9/14)

アップルが“脱Lightning”をここまで引っ張った理由 iPhoneのUSB-Cは「MFi認証なし」に
9月12日(現地時間)に発表されたiPhone 15シリーズは、2012年以降採用し続けてきた「Lightning」から「USB Type-C(USB-C)」への移行が行われたことが大きな話題となっている。なぜUSB-Cに移行することになったのか、そして、その影響はどうなるのか。アメリカで取材した情報も含め、考察してみたい。(2023/9/14)

「iOS 17」「iPadOS 17」「watchOS 10」、9月19日に配信
Appleが、「iOS 17」「iPadOS 17」「watchOS 10」を9月19日に配信する。iOS 17では「電話」「FaceTime」「メッセージ」アプリに大きなアップデートを加える。iPadOS 17では、iPhoneと同様にロック画面のカスタマイズが可能になる。(2023/9/13)

VR/AR/MRニュース:
ARを用いて実物と3Dモデルの形状差分をリアルタイムに表示
アビストは、ARを用いてリアルタイムに形状差分を表示できるアプリケーションを開発した。iPad ProのLiDAR機能を使って実物の製品を認識させ、3D CADモデルと高精度に重ね合わせることで形状の差異を認識できる。(2023/9/13)

セキュリティニュースアラート:
iPhoneなどに任意コード実行を可能とする脆弱性 直ちにアップデートを
Appleは複数製品の脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。ユーザーは速やかにアップデートを適用してほしい。(2023/9/11)

Apple、iOS、iPadOS、macOS、watchOSに緊急セキュリティ更新 “積極的に悪用された可能性がある”問題
Appleは、iOS 16.6.1、iPadOS 16.6.1、macOS Ventura 13.5.2、watchOS 9.6.2の配信を開始した。いずれも「積極的に悪用された可能性がある」脆弱(ぜいじゃく)性の修正が主要な目的だ。(2023/9/8)

USB-C搭載とウワサのiPhone 15、同梱ケーブルはUSB 2.0仕様になる?
リーカーのMajin Bu氏が、次期モデル「iPhone 15」シリーズに同梱されるUSB-Cケーブルが、USB 2.0仕様であるとX(旧Twitter)にポストしている。同氏によると充電用のケーブルは最大出力60W(20V/3A)で、MFiを取得していないとしている。(2023/8/24)

完全ワイヤレスイヤフォン2強の「AirPods Pro」「WF-1000XM5」、どちらを選ぶ? その違いを解説
今や群雄割拠となったワイヤレスイヤフォン。価格帯は数千円から数万円まで幅広く、また機能もさまざま。左右独立型の完全ワイヤレスイヤフォン2強の「AirPods Pro」「WF-1000XM5」の違いを整理してみた。(2023/8/19)

5万円台でワコムペンが使えるAndroidタブ「Galaxy Tab S6 Lite」をイラストレーターが冷静に評価する
イラストレーターのrefeiaさんが、最新Androidタブ「Galaxy Tab S6 Lite」を試してみました。結果はいかに?(2023/8/10)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
カラー電子ペーパーは“メモ活用フロー構築”で強い! ペンも秀逸なAndroidタブレット「BOOX Tab Mini C」
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。