ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iPad Pro」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPad Pro」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

なぜ中国メーカーはニッチな“超小型ノートPC”を市場に出せるのか? 新製品ラッシュの2019年を振り返る
2019年に登場した超小型ノートPC(UMPC)を振り返りながら、注目を集める理由と今後を見通してみる。(2020/1/11)

やはり大画面は気持ちいいよ:
人気プロ絵師が大画面の液タブ「Wacom Cintiq 22」を使って分かったこと
大画面で、価格も比較的手頃なワコムの液晶ペンタブレット「Cintiq 22」を人気イラストレーターのrefeia先生がチェックした。その使い勝手はいかに?(2020/1/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
書き味よいM-Pencilが使える「MatePad Pro」はiPad Pro対抗のビジネスモデル
Huaweiが中国で発売したタブレット「MatePad Pro」は、キーボードやペンも使え、iPad Proの対抗製品として出てきたモデルといえます。Huaweiのハイエンドモデルと同じく、プロセッサにKirin 990を搭載。バッテリーは7360mAhと大型で、しかも他の端末をワイヤレスで充電できるリバースチャージにも対応しています。(2020/1/4)

Apple、最高で2万4000円分のギフトカードがもらえる「Appleの初売り 2020」を開催
Apple Storeとオンラインサイト両方で初売り実施中。(2020/1/2)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年)
Windows 10無料の裏技からRaspberry Pi活用例まで 新規会員が気になった話題は
幅広い話題を紹介するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2019/12/31)

2019年の生活を変えたモノ:キャッシュレスとUSB PDでお得&便利に でももっと衝撃的だったのは……
スマホ関連で一番衝撃的だったのは、LIVEミュージカル演劇「チャージマン研」です。約500人の会場の中規模演劇には、スマホの使われ方のトレンドと課題が詰まっていました。スマホを活用してリアルとネット、娯楽と課金をともに融合できたものは珍しい。通常の演劇の枠にはまらない内容でした。(2019/12/30)

2019年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2019年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つ製品ベスト5をピックアップ。あなたのベスト5は何ですか?(2019/12/27)

ティム・クックCEOが思わずうなる、アップルブラックを生み出したこだわり
Appleのサプライヤーと聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。その実態を、日本のインキメーカー「セイコーアドバンス」に聞いた。(2019/12/25)

iPhone 2020は側面に謎のコネクタを搭載? 短いApple Pencil用か?
iPhoneサイドの「謎のコネクタ」はペン対応のため?(2019/12/23)

人気イラストレーターが徹底チェック:
Sidecarで液タブは不要に? refeia先生がガッツリ試したよ
iPadをMacの外部ディスプレイとして利用できるAppleのSidecarにより、PhotoshopもCLIP STUDIO PAINTもApple Pencilで操作可能になった。この“液晶ペンタブレットキラー”の登場により、イラスト界はどうなるのか? プロイラストレーターがガッツリと試した。(2019/12/23)

2020年のiPad ProとMacBook Pro 16インチはMini LEDディスプレイ搭載?
Appleは今後3年以内にMini LEDを採用した4〜6個の新製品を発売する?(2019/12/3)

モバイル液晶ディスプレイの道:
USB Type-CとHDMIをサポートした15.6型モバイル液晶ディスプレイ「Vinpok Split」を試す
クラウドファンディングを経て発売された「Vinpok Split」。15.6型で約635gという軽量ボディーのモバイル液晶ディスプレイをチェックした。(2019/12/3)

IIJmio、中古iPad ProほかeSIM対応タブレット3機種を販売開始
IIJが、「IIJmio」のセット端末として、11月20日にASUS製「TransBook Mini T103HAF」、中古の「11型iPad Pro」「12.9型iPad Pro (第3世代)」を販売開始。全てeSIMに対応している。(2019/11/20)

成熟したスマホ、求められるのは独自機能で差別化 大画面を生かすGalaxy Note10+の「Sペン」は一つの正解
(2019/11/20)

電子ペーパーでAndroidタブはどう変わる?:
13.3型のE Inkタブレット「Boox Max3」を試す(活用編)
ひそかに注目を集めているE Ink搭載タブレット。Onyx Internationalの新モデル13.3型「Boox Max3」の使い勝手はどうなのだろうか。動画を交えて細かく見ていこう。(2019/11/14)

電子ペーパーでAndroidタブはどう変わる?:
13.3型のE Inkタブレット「Boox Max3」を試す(入門編)
ひそかに注目を集めているE Ink搭載タブレットだが、13.3型の「Boox Max3」はどうなのだろうか。最新モデルをチェックする。(2019/11/13)

新型2in1モデルをチェック:
生まれ変わった「Surface Pro 7」、テキスト入力ツールとしての実力は?
2in1 PCの顔となる新型の「Surface Pro 7」が発売された。生まれ変わった新モデルの使い勝手を確かめてみた。(2019/11/12)

AirPods Proに学ぶ魔法とテクノロジーの境界線
Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」が話題を集めている。さまざまな機能がうたわれているが、Appleの神髄はそこにない。Appleがかけた“魔法”を林信行氏が解説する。(2019/11/8)

Appleのプライバシー情報ページが一新:
Appleは何故、ここまで声高に「プライバシー」保護を叫ぶのか?
日ごろからプライバシーに関する取り組みをアピールしているAppleが、Webページのプライバシーコーナーを一新した。その意図に隠されたものは何なのだろうか。林信行氏が読み解く。(2019/11/7)

PR:プロイラストレーターがコスパ良好のXP-Pen液タブをガチで触ったら
コストパフォーマンスに優れた液晶ペンタブレット「Artist Pro」シリーズを発売しているXP-Pen Technology。実際の使い勝手はどうなのか、プロイラストレーターのrefeiaさんに試してもらった。(2019/11/1)

Adobe MAX 2019:
iPad版「Photoshop」が製品版に 「Fresco」(旧・Project Gemini)はWindows版登場
「Adobe MAX 2018」でβ(ベータ)リリースされたiPad版「Photoshop」が、製品版に移行。iPadにUIを最適しつつもデスクトップ版とおおむね同等の使い勝手を実現した。Photoshopと連携するペイントアプリ「Fresco」にはWindows版が登場する。(2019/11/4)

アクティブノイズキャンセリング対応の「AirPods Pro」が10月30日に登場 2万7800円
Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」に上位モデルが登場。シリコン製のイヤチップを装着するスタイルとなり、新たにアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した。(2019/10/29)

キーボードもマウスも使える:
新型iPadとiPadOSがあればテキスト入力環境はこんなに進化する!
AppleがリリースしたiOSの新たな派生版である「iPadOS」。新しいOSになることで、同社のタブレット「iPad」シリーズにどのような変化があったのだろうか。テキスト入力面での違いをチェックした。(2019/10/23)

注目機能はデュアルカメラではない?
「iPhone 11」シリーズを業務で使うIT管理者が重視すべき新機能は?
新モデルの「iPhone11」シリーズは、カメラの進化とバッテリー駆動時間の延長が大きく報じられた。ただし専門家は「IT管理者は強化されたセキュリティ機能に注目すべきだ」と指摘する。(2019/10/19)

ビックカメラ、有楽町店と新宿東口店でSIMフリー版iPad/iPad miniの取り扱いを開始
ビックカメラは、SIMフリー版iPad/iPad miniの取り扱い開始を発表した。(2019/10/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「macOS Catalina」を導入して分かった“iPadとの一体感” iTunesの廃止は問題なし
Mac向け新OS「macOS Catalina」の正式版がリリース。iPadをサブディスプレイ兼ペンタブレットとして利用可能にする「Sidecar」をはじめとする注目の機能、そしてiTunesの廃止など、インプレッションをお届けする。(2019/10/9)

macOS Catalina、「Sidecar」の必要条件が明らかに あなたのiPadは使える?
全てのiPadが使えるわけではない。(2019/10/8)

Windowsフロントライン:
Surface Pro XとSurface Laptop 3にみる、MicrosoftがSnapdragonとAMDプロセッサを採用した理由
Microsoftが発表した新モデル「Surface Pro X」と「Surface Laptop 3」。それらに搭載されるプロセッサから、ぶれないMicrosoftのハードウェア思想を見ていく。(2019/10/8)

「macOS Catalina」製品版登場 アップグレードは無料
macOSの最新バージョン「Catalina(カタリナ)」の製品版がリリースされた。同OSがサポートしているMacを利用中の場合は、ソフトウェア・アップデート(一部環境ではApp Store)経由でアップデートを受けられる。【訂正・追記】(2019/10/8)

石野純也のMobile Eye:
Smart KeyboardやiPadOSの使い心地は? 第7世代「iPad」(3万4000円〜)のコスパを検証する
9月30日に発売された第7世代「iPad」は、現行モデルの中では最も低価格で、Wi-Fi版は3万4800円(税別)から購入できる。Apple Pencilに加え、新たにSmart Keyboardの利用が可能になった。出荷時からiPadOSを搭載していつのも特徴だ。このiPadのファーストインプレッションをお届けする。(2019/10/6)

iPhoneの写真をSDカードやUSBメモリにバックアップする方法
iOS 13で可能になった、新しい写真バックアップ方法を解説する。(2019/10/1)

Apple、「iPadOS 13.1 ソフトウェア・アップデート」を配布開始 大幅な機能強化
iPadに専用OSがやってきた。ホーム画面でウィジェットが使えるなど、大きな機能強化がされている。(2019/9/25)

その場で選んで買える:
ついにスタート!「Apple Watch Studio」を試してきた
Appleから新型iPhone 11シリーズとApple Watch Series 5が発売された。同時に、Appleの直営店では好きなケースとバンドを選んで購入できる「Apple Watch Studio」がスタートしている。実際はどうなのか、各店を見てきた。(2019/9/20)

林信行がレビュー:
魅力を再構築した新モデル「Apple Watch Series 5」の進化と変化
スマートウォッチで独走を続けるApple Watchも、登場から5年目を迎える。新モデルSeries 5の魅力はどこにあるのか。林信行氏がレビューをお届けする。(2019/9/18)

林信行が新iPhoneに潜む魅力のタネをチェック:
カメラの進化が楽しさと使い勝手を跳躍させる――iPhone 11/11 Proレビュー
9月20日にAppleから発売される新型iPhoneを、林信行氏が徹底レビュー。すぐ分かる魅力、じっくりと使い込むと分かる魅力などを細かくチェックした。(2019/9/17)

「iPhone 11」シリーズを試す カメラは“超広角が加わっただけ”ではなかった
iPhone 11シリーズ3機種は、超広角カメラに対応しているのが最大の特徴。ただし、複眼カメラは画角を変えるためだけに使用されているのではない。このカメラに加え、デザインやパフォーマンスも含めてレビューする。(2019/9/17)

入門機に最適な「iPad(第7世代)」、より時計に近づいた「Apple Watch Series 5」の実機をチェック
Appleは、iPhone 11シリーズだけでなく、第7世代の「iPad」と第5世代の「Apple Watch」も発表。iPadは、第6世代に続く低価格なiPadで、ディスプレイのサイズは10.2型。Apple Watch Series 5は「Always On」に対応し、腕を上げていないときでも常時時刻が表示可能になった。(2019/9/12)

0.01ドルに気付かされた新製品の価値:
言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントで数多くの製品が登場した。発表会の情報だけでは分からない、iPhone 11シリーズと新型Apple Watchの魅力に迫る。(2019/9/12)

iPhoneユーザー必見! Appleの新製品をARで確認する方法
Appleが発表した「iPhone 11 Pro」「Apple Watch Series 5」「iPad(第7世代)」をAR(拡張現実)で確認できる方法がある。手元にAR Kit 2対応のiPhoneかiPadを用意して、製品のWebサイトにアクセスするだけでOKだ。(2019/9/11)

「iOS 13」が9月19日、「iPadOS」が9月30日に配信
Appleが、「iOS 13」を9月19日に配信することを発表。iOS 13の対応機種はiPhone 6s以降。ダークモードや新しい「写真」アプリを利用できる。「iPadOS」は9月30日に配信する。(2019/9/11)

Appleが“ゲーム天国”「Apple Arcade」を9月19日にスタート
9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントでゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を9月19日にスタートすると発表した。広告なしでオリジナルゲームがプレイでき、100タイトル以上のオリジナル作品を提供する。(2019/9/11)

ソフトバンクが「半額サポート+」発表 48回払いで最大半額免除、他キャリアでも利用可能に
ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。2019年9月13日から提供する。改正電気通信事業法に抵触しないよう、他キャリアのユーザーでも利用可能とした。(2019/9/9)

分離プラン時代にiPhoneは売れなくなるのか
改正法では、端末の割引は2万円までに制限される。このルールで特に大きな打撃を受けそうなのが、Appleだ。20万円近くもするようなフラグシップモデルはますます売りにくくなるし、端末購入補助で売れていた旧モデルの売れ行きが鈍る可能性もある。(2019/9/5)

「新型iPhone」がTwitterトレンド入り 「タピオカみたい」「キモい」と話題に ただし海外YouTuberの予想CG
「新型iPhone」の予想CGが注目を集め、Twitterで話題になっている。(2019/8/30)

ヨドバシカメラがSIMフリー「iPad」を販売開始 10%ポイント還元も
ヨドバシカメラは8月30日、マルチメディアAkibaとマルチメディア梅田の2店舗でSIMロックフリー「iPad」の取り扱いを開始した。8月30日から9月16日までの期間中に、ゴールドポイントカード・プラスでiPadを購入すると10%のポイントを還元する。(2019/8/30)

Apple、9月10日にスペシャルイベント開催 透明5色リンゴは何を意味する?
Appleが恒例の秋のスペシャルイベントを9月10日に開催すると発表した。日本時間の9月11日午前2時スタートだ。今年のヒントは1998年まで使っていた6色リンゴロゴに似た色使いで描いたAppleロゴだ。(2019/8/30)

モバイル液晶ディスプレイの道:
USB Type-Cケーブル1本で接続可能な軽量14型モバイル液晶「ThinkVision M14」を試す
デスクワークの作業効率化に欠かせないのが、マルチディスプレイ環境だ。従来はオフィスでの利用を前提に、一般的な外付けディスプレイを組み合わせる事例が多かったが、近年はモバイルタイプのサブディスプレイをノートPCと組み合わせ、外出先で使う事例も増えつつある。(2019/8/30)

国内のタブレット端末市場が回復の兆し BCN調べ
BCNは、同社調査を基にしたタブレット端末市場の販売動向分析記事を掲載した。(2019/8/26)

「iPadOS」ビジネス向け機能にも注目集まる
「iOS 13」のデバイス管理機能はどこが変わった? 私物iPhone対策や認証に期待
Appleのモバイルデバイスを利用している組織は、「iOS 13」で利用できるデバイス管理機能を確認しておこう。本稿はBYOD支援の「User Enrollment」やビジネス向けの「管理されたApple ID」などの主要機能を解説する。(2019/8/24)

ゲオモバイル、8月24日〜25日に週末限定セール iPhone SEが約1万5000円に
ゲオは、8月24日〜25日に全国のゲオモバイル22店舗で週末限定セールを開催。中古の10.5型iPad Pro(第2世代)が4万3840円、iPhone SE(64GB)が1万5260円になるなど、最大30%オフで販売する。(2019/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。