ニュース
» 2014年03月11日 07時08分 UPDATE

Apple、iOS 7.1をリリース CarPlay対応他、UI改善多数

AppleがiOSのアップデート「iOS 7.1」をリリースした。Siriで話し終えるまで待たせる機能や着信画面でのプロフィール写真の縮小など、細かいが待たれていた新機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月10日(現地時間)、「iOS 7.1」をリリースした。iPhone 4、iPad 2、iPad mini以降とiPod touchの第5世代のユーザーはiTunesあるいはOTAでアップデートできる。

 ios 7.1

CarPlay対応

 年内にホンダやVolvoなどから対応モデルが発売される予定の「CarPlay」に対応した。iPhoneを対応する車にLightningケーブルで接続することで、車のダッシュボードのディスプレイで音楽、ナビ、通話、サードパーティー製のオーディオアプリを利用できる。

デザインの変更とアニメーションの高速化

 キーボードの[Shift]の↑が白抜きになったり、電話の着信画面いっぱいに相手のプロフィール写真が表示されていたのが小さくなり、スライドではなくタップで出るようになるなど、細かい修正が多数追加された。

 アニメーションの速度も体感できる程度に速くなっている。

Siriに「話し終わるまで待つ」機能追加

 Siriに話しかける際にホームボタンを押し、話し終わるタイミングでボタンから手を離すことで、最後まで話を聞いてもらえるようになった。従来は自動認識のみだったので、命令の途中でさえぎられることがあった。

 従来より自然な男声と女声になり、日本語でも男声を選べるようになった。[設定]→[一般]→[Siri]の「声の性別」で男性か女性を選べる。

カレンダーのUI改善

 月表示画面にイベント一覧ボタンが追加され、これをタップすると画面の下に表示している月のイベントを表示できる。

 日表示画面では、リストボタンをタップすると1日のイベントが一覧できる。

アクセシビリティ

 「文字を太くする」オプションに対応するサービスが増えた。キーボード、計算機、アイコングリフの多くに適用された。また、アプリの表示色を濃くするなどの、見やすくするオプションが追加された。

カメラにHDR自動オン機能(iPhone 5s)

 iPhone 5sのカメラの設定で、HDR(ハイダイナミックレンジ合成)を自動的にオンにできるようになった。

その他(FaceTime、Touch IDなど)

  • FaceTimeで1台の端末で応答すれば、他の端末での通知が自動的に消去されるようになった
  • Touch ID指紋認証機能の向上
  • iPhone 4でのパフォーマンス向上
  • 未読メール1万件以上のバッジ表示不具合の修正
  • ホーム画面がクラッシュする問題の修正
 ios 7.1 2 着信画面(左)とカレンダーの月表示画面(右)

 iOS 7.0.6のアップデートの際にバッテリーの消費が激しくなった問題が修正されたかどうかはAppleの詳細情報には明示されていない。既にインストールしたユーザーやメディアなどによると、インストール後この症状はなくなったという。

 セキュリティ関連の修正については別記事を参照されたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.