ニュース
» 2018年05月02日 15時10分 公開

Facebook Messenger、シンプルになり、翻訳やARエフェクトも追加へ

Facebookが、Facebook Messengerのデザイン変更、翻訳機能、企業botによるARエフェクトプロモーションを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは5月1日(現地時間)、年次開発者会議「F8 2018」で「Facebook Messenger」(以下「メッセンジャー」)の新機能を発表した。

 基調講演ではマーク・ザッカーバーグCEOが、“間もなく”デザインをよりシンプルにすると語った。

 messenger 1 新しいデザイン

 新機能としては、メッセンジャーbotの「M」の翻訳機能をまずは米国で提供する。最初は英語とスペイン語のみをサポートするが、将来的には提供地域と対応言語を拡大していく計画だ。

 メッセンジャーbot経由で製品やサービスを海外から購入する際、窓口がユーザー設定の言語と異なる言語でチャットを開始するとMが起動して通訳を申し出る。

 messenger 2 翻訳機能

 また、企業向け機能として、AR(拡張現実)を使うメッセンジャー上のプロモーション機能も発表した。基調講演では、Nikeのスニーカープロモーションの例が紹介された。メッセンジャーでNikeのbotが投稿した新スニーカーのメッセージをタップするとAR動画で360度製品をチェックでき、終わると購入ボタン付きの画面になる。化粧品メーカーSEPHORAのプロモーションでは、ARで自分の顔にマスカラやルージュを塗って試せる。

 messenger 3 AR機能

 まずは、Nike、SEPHORA、ASUS、KiaがARエフェクトの提供を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう