ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W61T」最新記事一覧

auケータイ4機種に不具合、ソフト更新で対応
auの「E06SH」「Cyber-shotケータイ S001」「W61T」「W65T」の4機種に不具合があること発表。KDDIは改修済みソフトの提供を開始した。(2009/9/17)

「W61S」「W61T」「W63SA」のケータイアップデート開始――ネット接続できないなど複数の不具合
KDDIは、ソニー・エリクソン製「Cyber-Shotケータイ W61S」、東芝製「W61T」、京セラのSANYOブランド端末「W63SA」のケータイアップデートを開始した。ネット接続できないなど、複数の不具合を改善する。(2008/7/25)

“スポーツ専用”ケータイ「Sportio」、6月14日発売
KDDIは新機種「Sportio」と「W61T」の新色モデルを6月14日に発売。カジュアルにスポーツを楽しむ“au Smart Sports”サービス対応機種として展開する。(2008/6/13)

写真で見る「W62T」
ワンセグやおサイフケータイ、AF+手ブレ軽減機能付きカメラなどニーズの高い機能を普通に備えつつ、落ち着いた高級感のあるデザインが特徴の新スタンダード端末が「W62T」。カジュアルなW61TやSportioに対し、“オトナなユーザー”のニーズを満たす端末に仕上げた。(2008/6/9)

「Cyber-shotケータイ W61S」「W61T」に新色追加
auの2008年春モデル「Cyber-shotケータイ W61S」と「W61T」にそれぞれ2色、新色が加わる。夏モデルともに、2008年6月中旬から発売する予定。(2008/6/2)

auの「W61SA」「W61T」に電源リセットなどの不具合――ソフト更新で対応
KDDIは5月9日、京セラ製のSANYOブランド端末「W61SA」と、東芝製の「W61T」に不具合があることを明らかにした。電源のリセットやキー操作を受け付けなくなる場合があるというもので、改修済みソフトの配信を開始した。(2008/5/9)

コンパクトでカジュアルなKCP+端末「W61T」、フルサポ新規は2万5000円弱
4月3日から順次全国で発売される「W61T」の予価が都内量販店に表示された。フルサポートの新規価格は2万5000円弱となっている。(2008/4/4)

スポーティでコンパクトなKCP+端末――「W61T」、4月3日から順次発売
KDDIは東芝製のKCP+端末「W61T」を4月3日から順次発売する。W61Tはコンパクトでスポーティな東芝製の折りたたみ端末。携帯でウォーキングやランニングの情報を管理する「au Smart Sports」に対応し、Bluetoothヘッドセットを利用したワイヤレス音楽再生も楽しめる。(2008/4/3)

写真で解説する「W61T」(ソフトウェア編)
新プラットフォーム「KCP+」を採用し、auの新サービス「au Smart Sports」を楽しむのに適する端末の1つとして登場する「W61T」。ソフトウェア面もカジュアルな外観デザインに沿う、軽快で若々しいUIとともにワンセグや“美肌”カメラ、ワイヤレス再生対応の音楽プレーヤーなどを搭載する。(2008/2/2)

動画で見る「W61T」
2.8インチ有機ELにワンセグ、KCP+採用と高い機能を備えつつ、新サービス「au Smart Sport」のイメージに適合するカジュアルでスポーティな印象を受ける「W61T」。動画でそのイメージを確認してみよう。(2008/1/28)

写真で解説する「W61T」
2.8インチ有機ELやワンセグ、KCP+の採用でマルチプレイウインドウやBluetoothなど多彩な機能を備えながら、“アクティブな生活シーン”を想定し、コンパクトでプレーン、カジュアルな外観イメージに仕上げた。(2008/1/28)

有機EL×ワンセグ×KCP+、コンパクトな“スポーティ”ケータイ──「W61T」
東芝製の「W61T」は前機種 W56Tの高い機能を継承しながら、より「カジュアルにスポーツを楽しむ」ための機能やデザインを特徴とする“スポーティ&ビューティ”ケータイ。KCP+を採用し、有機EL、ワンセグ、FeliCa、Bluetoothなどを搭載する。(2008/1/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。