レビュー
» 2008年06月09日 19時00分 UPDATE

写真で見る「W62T」

ワンセグやおサイフケータイ、AF+手ブレ軽減機能付きカメラなどニーズの高い機能を普通に備えつつ、落ち着いた高級感のあるデザインが特徴の新スタンダード端末が「W62T」。カジュアルなW61TやSportioに対し、“オトナなユーザー”のニーズを満たす端末に仕上げた。

[坪山博貴,ITmedia]

 東芝製の「W62T」はワンセグやおサイフケータイ(EZ FeliCa)、AF付きカメラなど、携帯に望まれるポイントや機能をしっかり押さえた“新スタンダード”端末として展開する。

 ボディはスタンダードな折りたたみ型だが、ウェッジシェイプデザインやアルミパネルを採用し、デザインと質感を高めてある。カジュアル志向だった前機種「W61T」から、想定ターゲットの年齢層をやや高めに設定したユーザー向けとして展開する。

photophoto 東芝製の「W62T」。カラーはアーバンレッド、トラディショナルブラック、ブライトゴールドの3色。ディスプレイはワイドQVGA(240×400ピクセル)の2.8インチクリアスクリーン液晶。光の乱反射をおさえ、外光下でも見やすい特徴がある
photophoto 裏面は320万画素のAFカメラと外部スピーカー、FeliCaマークがある(左)。金属素材特有の感触が得られるアルミの背面パネル。表面はツルツルでなく、あえて粗めに加工されており、ちょっとしたキズや指紋が目立ちにくいのがよい(右)
photophoto 先端に行くにつれて細くなっていく“ウェッジシェイプ”(くさび型)デザインを採用。このデザインは人気機種となった2007年夏モデル「W53T」に採用されたもの。本体の左側面に充電/通信端子と卓上ホルダ用に用いる充電/通信のための接点、右側面に[マルチ]キー、上下兼メモ/マナー/モバイルライトキー、カメラキー、平型イヤフォン端子がある
photophoto 本体上面にワンセグ用ロッドアンテナとストラップホール、底面に赤外線ポートを設ける
photophoto ダイヤルキーはシートキー仕様だが、キー1つ1つが独立している。キーピッチもやや広めに確保されており操作感は悪くない。ワンセグを素早く起動できる「ワンタッチTVキー」も装える。ワンセグのほかに、LISMO Playerやカメラ、モバイルライト、EZチャンネルプラスを割り当てられる。
photophoto サブディスプレイは62×14ピクセル表示対応の0.6インチの有機EL。表示情報量は少ないが、くっきり文字を認識できる。通知LEDは背面パネル上のほかに上面にも備わり、端末を胸ポケットに入れておく場合などの視認にも便利そうだ。イルミネーションは7色と複数の発色パターンから選べる

 ソフトウェアは「W61T」から大きな変更はないようだ。auの東芝製端末のアイデンティ的な機能もしっかり押さえてある。

 au oneガジェット用に、東芝のau端末向けキャラクター「トウシバ犬」ガジェットをプリセットする。トウシバ犬が不在着信や未読メールをアニメーションで知らせてくれる。トウシバ犬とその仲間は「3Dメール」などにも登場。メールを受信すると、その内容に合った感情を3Dデータで表現してくれる。

 電子辞書機能はデイリーコンサイス 国語/英和/和英辞典をプリセットし、収録語彙数を約23万語に増加。メールの文章執筆時などに容易に辞書機能へ切り替えられる。このほか、「色と健康べんり辞典」や「冠婚葬祭マナー辞典」、「四字熟語」などの辞書データをダウンロードできる携帯情報コーナーも用意する。

photophotophoto ディスプレイを開くだけで不在着信や新着メールの有無を振動で知らせるカチャブルや、メール送信の失敗を振動で知らせる東芝端末独自の便利機能をきちんと継承。ボイスレコーダー機能もW61Tを継承して採用するが、マイク感度設定や音質設定などがない簡易タイプのままだった
photophoto KCP+採用機種なので、待受画面に検索窓などの各種便利機能を配置する「au one ガジェット」や、異なる機能を2画面で表示できる「マルチプレイウィンドウ」もサポートする
photophotophoto 日本語入力システムはATOK+APOTで、予測変換やポケベル入力に準ずる2タッチ入力もサポートする。PCサイトビューアーも備えるが、解像度がワイドQVGAなので表示情報量はそれなりだ。このほか、文字サイズを容易に切り替えられる機能も備えた。メールの表示中に[0]キー文字サイズを中(20ドット/標準)→やや大(24ドット)→大(32ドット)→小→やや小→中と順に変更できる
「W62T」の主な仕様
機種名 W62T
ボディスタイル 折りたたみ
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×104×16.8ミリ
重さ 約124グラム
連続通話時間 約260分
連続待受時間 約290時間
カメラ 有効324万画素 AF+手ブレ補正
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)
メインディスプレイ 2.8インチワイドQVGA(240×320ピクセル)クリアスクリーン液晶
サブディスプレイ 0.6インチ 62×14ピクセル 1色有機EL
プラットフォーム KCP+
Eメール保存件数 受信最大1000件(2500Kバイト)、送信最大500件(1000Kバイト)
Cメール保存件数 受信100件/送信50件
アドレス帳登録件数 1000件(1件あたり3番号/3アドレス)
ワンセグ連続視聴時間 約4時間20分
au Smart Sports「Run&Walk」
LISMO Video
LISMO ビデオクリップ(オーディオ機器連携)
着うたフル
ワンセグ
デジタルラジオ
EZチャンネルプラス
おサイフケータイ(EZ!FeliCa)
EZニュースフラッシュ
au one ガジェット
ナカチェン
ケータイde PCメール
EZケータイアレンジ
EZアプリ Full Game!
EZ・FM
au one My Page
グローバルパスポートGSM ○(別途海外用GSM端末が必要。海外ではauICカードを海外用GSM端末に差し替えて利用可能)
Bluetooth
赤外線通信
バイリンガル機能
シンプルメニュー
マルチプレイウィンドウ
ペア機能
でか文字
オープンアプリプレイヤー
デコレーションメール
テレビ電話
Touch Message
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ
安心ナビ
災害時ナビ
ケータイ探せて安心サービス
安心ロックサービス
au oneアドレス帳
緊急地震速報
ボディカラー アーバンレッド、トラディショナルブラック、ブライトゴールド
発売 2008年6月10日(全国一斉)

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.