ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W63SA」最新記事一覧

「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」に電源リセットなどの不具合 ケータイアップデートで対応
KDDIはSANYOブランドの「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」に、電源リセットやフリーズなどの不具合があることを公表した。ケータイアップデートで対応する。(2009/5/27)

「W61S」「W61T」「W63SA」のケータイアップデート開始――ネット接続できないなど複数の不具合
KDDIは、ソニー・エリクソン製「Cyber-Shotケータイ W61S」、東芝製「W61T」、京セラのSANYOブランド端末「W63SA」のケータイアップデートを開始した。ネット接続できないなど、複数の不具合を改善する。(2008/7/25)

米・韓・タイから国際電話で通話・パケット通信が不可能に――「W63SA」に不具合、auが対処法を案内
KDDIは7月11日、グローバルパスポートCDMA端末「W63SA」で不具合が起こっていることを明らかにするとともに、暫定的な対処法を公開した。米・韓・タイから国際電話をかけようとするとエラー画面が出て発信規制がかかり、以降、音声通話とパケット通信ができなくなる。(2008/7/11)

auの海外ローミング端末レンタル料、30日間まで無料に──9月20日まで
KDDIは海外ローミング対応機種のレンタル料金を無料にするキャンペーンを9月30日まで実施。グローバルパスポートCDMA対応の新機種「W63SA」もレンタル対象機種に追加する。(2008/7/7)

アクロディア、「VIVID Panorama」をW63SA、W64SAに提供
(2008/7/4)

「フルチェンケータイ re」「W63SA」発売、分割2000円台前半/月から
auの夏モデル「フルチェンケータイ re」「W63SA」が発売された。価格はフルサポートコースで3万6390円から、シンプルコース分割払いで頭金3150円/月々2260円から。(2008/7/4)

「フルチェンケータイ re」と海外でも使える「W63SA」、7月4日販売開始
KDDIは、ソニー・エリクソン製のフルチェンサービス対応端末「フルチェンケータイ re」と、SANYOブランドのグローバルパスポート(CDMA)端末「W63SA」を7月4日に発売する。(2008/7/3)

もっと写真と動画で解説する「W63SA」
CDMA圏の海外で通話やメール、Webを利用できる、KCP+対応のグローバルパスポート端末として登場したのが京セラのSANYOブランド端末「W63SA」。“自分なりの価値観を持つ人”をターゲットとするこの端末を、写真と動画で紹介する。(2008/6/12)

写真で解説する「W63SA」
「W63SA」は、CDMA圏の海外23カ国で通話やメール、Webを利用できるKCP+対応のグローバルパスポート端末。WINで初となるグローバルパスポートCDMAの対応モデルで、海外利用時の便利機能を集めた「グローバル機能」にメインメニューからすばやくアクセスできる。(2008/6/5)

WIN初、KCP+対応のCDMA国際ローミングモデル――「W63SA」
京セラ製のSANYOブランド端末「W63SA」は、WIN初となるCDMAの国際ローミング対応モデル。KCP+の多彩な機能を米国、中国、インドなどのCDMA圏23カ国でも利用できる。渡航先の地図上で位置を確認できる「海外版EZマップ」も用意した。(2008/6/3)

「SH906i」「F906i」「W63SA」がJATE通過
ドコモの新モデル「906iシリーズ」やauの夏モデルと思われる機種が今回もいくつか明らかになった。シャープ製のSH906i、富士通製のF906i、三洋電機製のW63SAなどがJATEを通過した。(2008/4/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。