ニュース
» 2008年07月11日 16時54分 UPDATE

米・韓・タイから国際電話で通話・パケット通信が不可能に――「W63SA」に不具合、auが対処法を案内

KDDIは7月11日、グローバルパスポートCDMA端末「W63SA」で不具合が起こっていることを明らかにするとともに、暫定的な対処法を公開した。米・韓・タイから国際電話をかけようとするとエラー画面が出て発信規制がかかり、以降、音声通話とパケット通信ができなくなる。

[ITmedia]

 KDDIは7月11日、京セラ製SANYOブランドのグローバルパスポートCDMA端末「W63SA」で不具合が起こっていることを明らかにした。

sa_sa01.jpgsa_sa02.jpgPhoto CDMA圏の海外23カ国にそのまま持ち出して使える「W63SA」。従来のグローバルパスポート端末は、海外ではCメールの受信のみに対応していたが、W63SAでは送受信が可能になった

 不具合は、米・韓・タイからW63SAで国際電話をかけようとするとエラー画面が出て発信規制がかかり、以降、音声通話とパケット通信ができなくなるというもの。KDDIではネットワーク側で不具合の解消を進めており、復旧し次第、案内するとしている。

 この不具合が起こった場合は、いったん本体の電源をオフにし、再度電源を入れることでロックが解除され、国内通話とパケット通信、国外からの着信は可能になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう