ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月04日 07時55分 UPDATE

米携帯電話のスマートフォン比率、1年で倍増――NPD調べ

7月のiPhone 3G発売の影響で、平均販売価格は前年同期の216ドルから167ドルに下落した。

[ITmedia]

 調査会社の米NPD Groupは3月3日、米国のスマートフォン市場についての統計を発表した。2008年第4四半期(10〜12月期)のスマートフォンの携帯電話市場全体に占める割合は23%で、前年同期の12%から大幅に上昇した。平均販売価格(ASP)は、199ドルで発売されたAppleのiPhone 3Gの影響で前年同期の216ドルから167ドルに下がった。

 iPhoneがタッチスクリーン携帯のトレンドを形成し、現在市場のスマートフォンの約半数はタッチスクリーン対応となっているが、70%はQWERTYキーボードを搭載している。また66%のスマートフォンが3Gネットワークに対応している。前年同期は46%だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.