ニュース
» 2009年04月09日 16時55分 UPDATE

Apple Snow Leopardにも対応:Sun、無料仮想化環境「VirtualBox」の新版でOVFをサポート

標準規格OVFをサポートすることにより、VMware、Microsoft、Parallels、XenSourceなどの仮想化技術と互換になった。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは4月8日、オープンソースの仮想化環境「VirtualBox 2.2」を発表した。Distributed Management Task Force(DMTF)が策定した仮想マシン共有のための標準規格「Open Virtualization Format(OVF)」に対応したほか、パフォーマンスを強化したという。SunのVirtualBoxページからダウンロードできる。

 OVFへの対応により、仮想マシンや仮想アプライアンスのインポート・エクスポートが可能になった。VMware、Microsoft、Parallels、XenSourceなどのOVFをサポートするほかの仮想化技術とも互換になった。

 Appleの次期OS「Snow Leopard」の64ビット版に対応し、ゲストに割り当てられるメモリを16Gバイトに拡張したほか、LinuxとSolaris向けにOpenGL 3Dに対応した。またハイバーバイザーを最適化することにより高速化したという。

 今回加わったSnow Leopardのほか、Windows XP、Vista、Windows Server 2003および2008、Intel版のMac OS X、Linux、Solaris OSなどをサポートする。

 Sunによると、VirtualBoxは2007年10月以降1100万回ダウンロードされており、350万人が登録したという。個人ユーザーはVirtualBoxを無料でダウンロードでき、企業ユーザー向けには技術サポート付きのサブスクリプション制販売を行っており、ユーザー当たり年額30ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -