ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「XenSource」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「XenSource」に関する情報が集まったページです。

Apple Snow Leopardにも対応:
Sun、無料仮想化環境「VirtualBox」の新版でOVFをサポート
標準規格OVFをサポートすることにより、VMware、Microsoft、Parallels、XenSourceなどの仮想化技術と互換になった。(2009/4/9)

コスト削減にグリーンITに
2008年の仮想化動向を読む──競争激化と製品拡充でさらなる活性化へ
2008年、データセンターを占うキーワードは仮想化だろう。MicrosoftのHyper-VやXenSourceを買収したCitrixの動きなど、仮想化の動向に注目だ。(2008/1/7)

Citrix iForum 07 App Delivery Expo Report:
Citrixが発表した「XenDesktop」は何をもたらすか?
Citrix iForum 07 App Delivery Expoの2日目のキーノートで、XenSourceのCEOであったピーター・レバイン氏は、アプリケーションとデスクトップを分離させる意義を説き、そのための製品を披露した。(2007/10/26)

Citrix iForum 2007 Report:
「主役はアプリケーション」――Citrix CEO、XenSourceを含めた新たな戦略を語る
「われわれのソリューションはシンプルだがパワーに満ち溢れている」――Citrixのマーク・テンプルトン社長兼CEOはこう語り、XenSourceの買収などで得た技術を活用した新たなアプリケーション・デリバリー・インフラストラクチャーについて語った。(2007/10/25)

Citrix、Xensourceの買収完了――2製品の発表へ
Citrix Systemsは、8月に発表した米XenSourceの買収が完了したことを発表、合わせて「Citrix XenServer」「Citrix XenDesktop」を製品ラインアップに追加した。(2007/10/23)

仮想化市場に押し寄せる再編の波
VMwareの株式公開やCitrixによるXenSourceの買収は、拡大する仮想化市場に再編の波が起きていることを示すものだ。(2007/8/28)

「ソフトゼロ」の仮想化デスクトップ
XenSourceの元CEOが率いるPano Logicが、「CPUもメモリもOSもない」クライアントとサーバソフトによる仮想化製品を発表した。(2007/8/28)

Microsoftは「新生Citrix」を買収するか?
XenSourceを買収した「新生Citrix」は、仮想化技術の開発を急ぐMicrosoftにとって魅力的な買収ターゲットかもしれない。(2007/8/16)

Citrix、XenSourceを買収――仮想化市場へ参入
買収により、Citrixはアクセスインフラ事業を強化するとともに、サーバ/デスクトップ仮想化市場へと事業範囲を拡大する。(2007/8/16)

XenSourceとSymantec、OEM提携へ
XenSourceは7月23日、Symantecのストレージ/データセキュリティソフトウェアを自社のエンタープライズプラットフォームに組み込むOEM契約を締結した。(2007/7/24)

米フォレスター、VMwareのx86市場支配は2010年まで続くと予想
OSの仮想化技術では、VMware、XenSource、Microsoftなどが抜きんでた存在として認知されている。すでに多くの顧客を持つVMwareは、その影響力をいっそう高めている。(2007/7/11)

XenSourceとNECが仮想化技術で提携
サーバ仮想化市場での立場を固めるべくXenSourceとNECが新たな提携を結んだ。(2007/6/26)

必勝態勢で日本の仮想化市場に臨むXenSource、SCS、CTCの3社
先月、米XenSource、住商情報システム(SCS)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の3社が戦略的協業を発表した。単なる仮想化製品の提供で終わらないことが予想され、日本における仮想化市場に大きな影響を与えると見られるこの発表の裏側に迫った。(2007/5/7)

XenSource、SCS、CTCの3社がサーバ仮想化製品販売で協業
米XenSourceは、仮想化製品の販売、サポートにおいて住商情報システムおよび伊藤忠テクノソリューションズと協業し、日本市場に進出することを表明した。(2007/4/24)

Stratus TechnologiesとXenSourceが協業
ミッションクリティカルな基幹業務システムでのオープンソース仮想化技術推進に向けてStratus TechnologiesとXenSourceが協業する。(2006/12/5)

仮想化市場の勢力図を塗り替え、Xenとタッグを組むMSの狙い
XenSourceとMicrosoftは提携し、Windows “Longhorn” ServerホストでもXenEnterpriseホストでも、同等のパフォーマンスでXen対応Linuxを実行できる仮想マシンに取り組んでいく。これは両社共通のライバルVMwareとの戦いを進める上で大きなアドバンテージになるだろう。(2006/8/24)

XenSourceが仮想化普及のため新しい流通プログラムを導入
欧米ではXenEnterpriseの流通が、チャネルパートナー企業を経由して行われるようになる。(2006/8/1)

Linux仮想化をめぐりXenとVMwareの対立
「Vistaに搭載されることになった機能は膨大な数に上るようだが、Linuxはその多くをすでに提供している」(クローハートマン氏)。XenSourceとMSの提携は、仮想化にどう作用していくのだろうか。(2006/7/28)

MSとXenSource、次期Windows Server仮想化で提携
この提携により、Xen対応ゲストOSを次期Windows Serverの仮想化機能で動かすことができるようになる。(2006/7/18)

LinuxWorldでVirtual IronとXenSourceがXen 3.0ベースの仮想化製品を発表
ボストンのLinuxWorldで、Virtual Iron SoftwareとXenSourceの2社がXen 3.0をベースとした仮想化製品を発表した。VMWareと同じ機能をより低価格で提供するという。(2006/4/4)

XenSource、新CEOを任命
XenSourceはピーター・レバイン氏を社長兼CEOに任命した。レバイン氏はVERITAS Softwareに11年間勤務し、戦略/プラットフォーム業務担当執行副社長を務めていた。(2006/2/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。