ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Parallels」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Parallels」に関する情報が集まったページです。

Parallels DesktopがM1 Macに対応 ARM版Windows 10が動作
コーレルは、macOS用仮想デスクトップソフト「Parallels Desktop」の最新版「Parallels Desktop 16.5 for Mac」の発表を行った。(2021/4/19)

Corel、Apple M1に対応したMac仮想化ソフト「Parallels Desktop 16.5 for Mac」を正式リリース
Arm版Windowsの検証も反映したアップデート。(2021/4/15)

Parallels、多機能ユーティリティーソフト「Parallels Toolbox」最新版を発売 M1搭載Macにも対応
コーレルは、Parallels製のユーティリティーソフト「Parallels Toolbox 4.5」の販売を開始した。(2021/4/12)

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

OS仮想化ソフト「Parallels Desktop」がM1 Macに対応 Arm版Windows 10動作に意欲
M1 MacでWindowsを動かすための試みとして、Parallelsが仮想化ソフト提供を開始した。(2020/12/18)

Chromebookでフル機能Windowsを利用できる「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」 2020年秋予定
Parallelsは、Chromebook向けのデスクトップ仮想化ソリューション「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」の告知を行った。(2020/8/18)

パラレルス、macOS Big Sur に対応する「Parallels Desktop 16 for Mac」を発売
パラレルスは、Mac上でWindowsアプリケーションを動作可能にする「Parallels Desktop 16 for Mac」を発売した。(2020/8/12)

企業向けChromebookでWindowsアプリが動作可能に GoogleがParallelsと提携
米ParallelsがGoogleとの提携を発表、Chrome EnterpriseデバイスでWindowsアプリケーションが利用可能になる。(2020/6/18)

Chromebookで今秋、「Microsoft Office」利用可能に Parallelsで
Googleが仮想デスクトップのParallelsとの提携により、Chrome Enterpriseでのデスクトップ版Microsoft Office利用を今秋可能にする計画を発表した。(2020/6/17)

VMware、Citrix、Microsoft製品に代わる「代替VDI」3製品を比較【中編】
Raspberry Piでも利用可能 仮想アプリの操作感にこだわった「Parallels RAS」
比較的安価に利用できる代替VDI製品の中でも、「Parallels Remote Application Server」は仮想アプリケーションの操作感と、ハイパーバイザーやクライアントデバイスの選択肢に力を入れている。(2019/9/3)

Corel、Parallelsを買収
Painter、Quattro Proが今はCorel傘下にあるのを知ってます? そしてParallelsも。(2018/12/21)

パラレルス、macOS Mojaveにも対応した「Parallels Desktop」最新版を発売
パラレルスは、Mac上でWindowsアプリケーションを動作可能にする「Parallels Desktop」の最新版を発表した。(2018/8/23)

「ユーザー要望を反映した」パラレルス、仮想化ソリューション新版
パラレルスがビジネス向け仮想化ソリューションの最新バージョン「Parallels Remote Application Server v16」を発表。VDIの改善やTurbo.netの統合、セキュリティの強化など、主にユーザーからの要望を反映した機能追加や改善が行われている。(2017/7/13)

Macでオーバーウォッチもプレイできる「Parallels Desktop 12 for Mac」
Mac上でWindowsを動かせる仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 12 for Mac」が登場。macOS SierraとWindows 10に完全対応し、パフォーマンスが25%向上したという。(2016/8/23)

「macOS Sierra」にも対応 Windows仮想化ソフト「Parallels Desktop」最新版発売
macOS上でWindowsを利用できる仮想化ソフトウェアの最新版が登場。今秋リリースの「macOS Sierra」にも正式対応する。(2016/8/23)

「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理も
ビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる
Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。(2015/10/29)

「VMware Fusion for Mac」も「Windows 10」をサポート(ただしバグあり)
「Boot Camp 6」、「Parallels Desktop 11 for Mac」に続いて、VMwareが「Windows 10」サポートの「VMware Fusion 8」を発売した。価格は新規が9990円、アップグレードは6290円。(2015/8/26)

「Windows 10」サポートの「Parallels 11」、8500円で発売
AppleのBoot Campに続き、ParallelsもWindows 10をサポートした。起動速度が50%速くなった他、CoherenceモードによりOS XでWindows 10の新アシスタント機能「Cortana」を使える(Cortanaは日本ではまだ使えないが)。(2015/8/20)

Windows 10とEl Capitanに対応:
MacでWindows 10の「Cortana」も使える! 「Parallels Desktop 11 for Mac」登場
OS X上でWindowsを実行できる仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 11 for Mac」では、パフォーマンスの向上に加えて、MacとWindowsのシームレスな操作環境をさらに追求した。(2015/8/19)

WindowsアプリをMac、iOS、Androidへ配信
仮想デスクトップにも低価格の波、Parallelsが最大手2社に挑戦状
買収によってアプリケーション配信市場に参入するParallelsだが、デスクトップ仮想化ベンダーとして不動の地位を築いているCitrix SystemsおよびVMwareとの競争には多くの課題が付いて回る。(2015/3/30)

パラレルス、「Parallels Desktop 10 for Mac」の“Windows 10 Technical Preview”対応アップデータを公開
米Parallels、同社製の仮想デスクトップソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」の最新アップデータを発表。このほど公開されたWindows 10 Technical Previewに対応する。(2015/2/16)

Yosemiteへの備えはこれでOK:
パラレルス、Yosemiteに対応するMac仮想化ソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」
MacでWindowsを使いたいと思ったときに役立つのが「Parallels Desktop」だ。Mac向けの次期OS「Yosemite」への対応や、処理性能向上などの改良を加えた新バージョンが登場する。(2014/8/20)

iPhoneやAndroidにも対応、リモートアクセスアプリ「Parallels Access」の最新版提供開始
パラレルスは、iPadからWindowsやMacへのリモートアクセスを可能とするアプリ「Parallels Access」の最新版を公開。Android搭載スマートフォン、タブレットに加え、iPhoneにも対応した。(2014/6/17)

App Town ビジネス:
iPad向けリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」が日本語に正式対応
パラレルスは、iPad向けリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」の新バージョン「1.1」を発表した。日本語を含む9言語を正式にサポートした。(2014/1/30)

パラレルス、企業向けのMac OS X用仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」新版を発表
米Parallelsは、企業向けとなるMac OS X用仮想デスクトップソリューション「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」の新バージョンを発表した。(2013/11/12)

「中堅中小企業のクラウド利用は間違いなく広がる」――Parallels・スティーンCEO
OS仮想化ソフトで知られるParallelsのバーガー・スティーンCEOが来日。日本の中堅・中小企業のクラウド利用状況や、同社のサービス戦略について説明した。(2013/9/27)

初回出荷分は5000円で手に入る:
パラレルス、Windows 8.1とMavericksに対応するMac用仮想化ソフト「Parallels Desktop 9 for Mac」
パラレルスが仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 9 for Mac」を発表した。Windows 8.1やMavericksに対応したほか、クラウドストレージとの連携機能を強化。Windows 8への対応もより一層進んだ。(2013/8/29)

iPadのジェスチャーも利用可能:
パラレルス、Windows/Mac両方で使えるiPad向けリモートデスクトップアプリ
パラレルスがiPad向けのリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」をリリースした。iPadの操作感をそのままに、MacやWindows PCを操作できる。(2013/8/28)

古いバージョンのままの「Parallels Plesk Panel」に注意:
国内のWebサーバ改ざん、古いコンパネソフトに一因? JPCERT/CCが警告
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月8日、改ざんされたWebサイトの多くで、古いバージョンの管理コントロールパネルソフトウェア、「Parallels Plesk Panel」が稼働していると指摘し、注意を呼び掛けた。(2013/4/8)

統合データセンター構想を推進:
Ciscoがストレージ企業と関係強化、ParallelsやNetAppと連携
米Cisco SystemsはParallelsへの出資を1月17日に、続いてストレージ大手NetAppとの提携拡大を24日に発表した。(2013/1/29)

Windows8/Mountain Lionに対応:
パラレルス、Mac用仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 8 for Mac」
パラレルスが仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 8 for Mac」を発表。Mountain Lion関連の機能をWindowsで使えるようになったほか、Mountain Lion自体をゲストOSとしてインストールできる。(2012/8/30)

VMwareとParallels、それぞれMac版仮想化ソフトをWindows 8に対応
VMwareは8月24日発売の「VMware Fusion 5」で、Parallelsは9月4日発売の「Parallels Desktop 8 for Mac」で、それぞれWindows 8をサポートする。(2012/8/24)

Parallels Desktop for MacがアップデートでRetinaディスプレイに対応
デスクトップ仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」がアップデートされ、Retinaディスプレイに対応した。(2012/7/12)

仮想化ソフトの最新版:
MacでWinがサクサク動く! 「Parallels Desktop 7 for Mac」を試した
Boot Campを使って“MacでWin”を実現しているけれど、OS Xとの切り替えに再起動するのがちょっとね……そんな人に便利なのが仮想化ソフトだ。Parallelsの最新版では「Lion」をサポートし、グラフィックス機能も強化された。さっそく試してみたよ。(2011/9/14)

ラネクシー、Mac OS用仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」を発売
ラネクシーは、米Parallels製のMac OS用仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」の取り扱いを開始する。(2011/9/7)

「OS X Lion」でWindowsを動かせる「Parallels Desktop 7 for Mac」発表
Windowsだけでなく、OS X LionもゲストOSとして稼働させられるようになった。iOS向けの「Parallels Mobile」と連係させると、モバイル端末と仮想マシン間でテキストのコピー&ペーストもできる。(2011/9/2)

共用ホスティングの運用効率を高める新モジュール、Parallelsが提供
Parallelsは、共用ホスティングシステムのリソース管理やセキュリティ対策を強化したサービスモジュールを発表した。(2010/10/1)

iPadでWindowsアプリが使える「Parallels Mobile」登場
Parallelsが、Mac向けデスクトップ仮想化ソフトの新版発売と同時に、iPadからMac上のParallelsで稼働するWindows環境にアクセスし、Outlookの利用やFlash動画の再生を可能にするモバイルアプリを公開した。(2010/9/15)

「Parallels Desktop 5 for Mac」がリリース
「Fusion 3」発売の1週間後に登場の新版Parallelsは、Windows、Mac、Linux間でのテキストや画像のコピー&ペースト、トラックパッドのマルチタッチへの対応など、70以上の新機能が追加された。(2009/11/5)

ラネクシー、Mac用仮想OSソフト「Parallels Desktop 5 for Mac」
ラネクシーは、Parallels製のMac用仮想OSソフト「Parallels Desktop 5 for Mac」の取り扱いを発表した。(2009/11/4)

ラネクシー、「Parallels Desktop 4.0」最新アップデートを公開――Snow Leopardに対応
ラネクシーは、Intel Mac向け仮想OSソフト「Parallels Desktop 4.0」の最新アップデートを公開。Snow Leopardでの動作をサポートした。(2009/9/4)

WindowからMacへの移行をサポート:
Parallels、USB経由でPCのデータをMacに転送する「Switch to Mac」発表
ParallelsはWindows搭載PCのOS、アプリケーション、データをそのままMacに転送し、Mac上で環境を使えるようにする「Parallels Desktop Switch to Mac Edition」を発表した。(2009/8/26)

オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」
VMwareやMicrosoftの仮想PC製品に匹敵する無償ソフトウェア
VMwareやParallels、Microsoftの製品にも引けを取らないのではといわれている、オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」の特徴を紹介する。(2009/7/10)

Apple Snow Leopardにも対応:
Sun、無料仮想化環境「VirtualBox」の新版でOVFをサポート
標準規格OVFをサポートすることにより、VMware、Microsoft、Parallels、XenSourceなどの仮想化技術と互換になった。(2009/4/9)

「Parallels Desktop 4.0 for Mac」がリリース
Mac上でWindowsやLinuxなどのOSを動かすことを可能にする「Parallels Desktop for Mac」の最新バージョンがリリースされた。(2008/11/12)

Macを職場へ――「Enterprise Desktop Alliance」立ち上げ
Parallelsほか5社が、Macのエンタープライズ環境への統合を推進する団体を立ち上げた。(2008/7/2)

プロトン、「Parallels Desktop 3.0」のトレーニングDVD付属版を発売
プロトンは、Mac OS X用仮想化ソフト「Parallels Desktop 3.0」にトレーニングDVDを添付した「Parallels Desktop 3.0 for Mac トレーニングDVD バンドル版」を発売する。(2008/2/18)

Mac OS X Serverが動くParallels Server、公開βに
“Leopard”Serverが、仮想環境のゲストOSとして動作する。(2008/1/10)

元麻布春男のWatchTower:
“日本語版”ParallelsとFusionの違いを把握する――MacでWindowsを動かす
MacでWindowsを動かせるのはBoot Campだけにとどまらない。仮想化ソフトの「Parallels」と「Fusion」の日本語版を試してみた。(2008/1/7)

SWsoft、社名を子会社名の「Parallels」に変更
SWsoftが社名を傘下に収めたParallelsへと変更する。(2007/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。