ニュース
» 2009年04月28日 11時00分 UPDATE

「Googleブック検索」和解案、作家の回答期限を延長へ

和解に参加したくない作家は5月5日までに拒否を表明しなければならなかったが、Googleは60日間の延長を申請した。

[ITmedia]

 米Googleは物議を醸しているブック検索の和解案について、作家への「告知期間」を60日間延長することを裁判所に申請したと明らかにした。

 和解に参加したくない作家は5月5日までに拒否を表明しなければならなかったが、申請が承認されればその期限が延びる。

 この和解案は昨年10月、Googleブック検索をめぐるAuthors Guildおよび米出版者協会(AAP)との訴訟で提出されたもの。和解により、Googleは、今年1月5日以前に出版された書籍のうち、米国で市販されていない絶版書籍について、商用利用が可能になる。

 Googleは和解案の影響を受ける作家への告知を進めており、クレジットカード会社やメーカーが、和解に参加できることを伝える書簡を作家に送っている。和解に参加したくない場合は拒否を表明する(オプトアウトする)必要がある。

 Googleは権利者に十分に考える時間を与えるために、延長を申請したとしている。

 日本では既に、倉本聰さんなど174人が和解案の拒否を表明している。

関連キーワード

Google | 和解 | 書籍検索 | Google Book Search | 出版 | 著作権


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -