ニュース
» 2009年05月11日 14時16分 UPDATE

iPhone 3.0がアプリ開発者の頭痛の種に?

AppleはiPhoneアプリ開発者にOS 3.0への対応を求めているが、6月の正式リリースまで時間はあまりない。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 米Appleは5月7日、開発者に対し、App Storeに提出するすべてのアプリをiPhone OS 3.0に対応させなければならないと通知する電子メールを送った。

 「今日から、App Storeに提出されるアプリはすべてiPhone OS 3.0の最新βでレビューされる」とAppleからの電子メールには記されている。「iPhone OS 3.0と互換性のないアプリを提出した場合は承認されない」

 「App Storeの既存アプリは修正を加えなくてもiPhone OS 3.0で動作するはずだが、互換性問題のないよう、既存アプリを同OSでテストすることが望ましい。iPhone OS 3.0が顧客にリリースされた後は、同OSに対応しないアプリはApp Storeから削除される可能性がある」

 しかし、オンラインに投稿されている報告によると、2.x SDKを使って構築された静的ライブラリでiPhone OS 3.0向けのアプリを開発しようとすると、特に脆弱なバイナリインタフェースの問題などの問題が起きる可能性があるという。

 OS 3.0で動く新しいアプリを急いで作ろうとしても、期限まで間がない。100を超える新機能を備えた同OSは、1000以上の新しいAPIを盛り込んだSDKとともに、6月にリリースされる。現在、iPhone向けのアプリは2万5000種以上あり、アプリダウンロード数は4月23日に10億を突破した。

 しかしAppleは、OS 3.0を利用するであろう人の数を考えると、今回の対応は必要なものだと示唆している。

 「App Storeに提出されるアプリは、iPhone OS 3.0の最新β版でレビューされる」とAppleの広報担当者ジェニファー・バウコック氏は8日、eWEEKあての電子メールで説明した。「今年の夏に多数のiPhoneおよびiPod touch利用者がiPhone OS 3.0に移行することに向けた準備だ」

 OS 3.0は「VPN on Demand」「Certificate Revocation」「Media Scrubbing」などの機能を備えており、一部の機能は明らかに企業に訴求するように作られている。カット、コピー、ペーストなどのエンドユーザー向け機能も盛り込まれている。機能性を高めるためでもあり、間もなく登場するPalm Preの方が多用途だという主張に対抗するためでもある。iPhoneユーザーがBluetoothでほかのユーザーの音楽やビデオにアクセスできるP2P機能もある。

 OS 3.0のβ版とアップデート版のSDKは3月18日に約5万人の開発者向けにリリースされた。

 AppleはiPhoneの利用者は現在、80カ国に約1700万人いるとしている。

関連キーワード

iPhone OS 3.0 | iPhone | iPhone OS | Apple | App Store | 開発者 | SDK | API


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -