ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年08月03日 07時00分 UPDATE

2Qの携帯電話出荷台数、約11%の減少

MotorolaやSony Ericssonは出荷台数が40%以上減少したが、その一方でSamsungやLGは出荷を伸ばしている。

[ITmedia]

 携帯電話市場は不調が続いており、第2四半期には出荷台数が前年同期から10.8%減少した。だがスマートフォンは好調なようだ。米IDCがこのような調査結果を報告した。

 IDCの調査によると、第2四半期の世界携帯電話出荷数は、前年同期比10.8%減の2億6960万台となった。前四半期からは17.2%のマイナスとなる。

 「在庫調整や為替変動、不確定な需要が引き続き携帯電話市場の重しとなっているが、以前ほど深刻ではない。迅速に適応できたベンダーは出荷台数を伸ばしている」とIDCは述べている。

 大手端末メーカーの中でも、Nokia、Samsung、Research In Motion(RIM)、Appleはスマートフォンの売り上げが予想以上だったという。こうしたハイエンド端末の人気の高まりにより、大手メーカーやキャリアの間で価格戦争が起きているとも同社は指摘している。

 ベンダー別では、Nokiaが首位を維持したが、出荷台数は前年同期から15%減少した。ただしE71やN97などのスマートフォンの投入で、平均販売価格(ASP)の低下に歯止めをかけたという。2位のSamsungは多様なラインアップで出荷台数を14%伸ばし、3位のLG Electronicsはミッドレンジからハイエンドの製品が好調だった。MotorolaとSony Ericssonは出荷台数が40%以上減少している。

2009年第2四半期の世界の携帯電話出荷台数(単位:百万台)
ベンダー 2Q09出荷台数 2Q09市場シェア 2Q08出荷台数 2Q08市場シェア 出荷台数伸び率
Nokia 103.2 38.3% 122.0 40.4% -15.4%
Samsung 52.3 19.4% 45.8 15.2% 14.2%
LG Electronics 29.8 11.1% 28.1 9.3% 6.0%
Motorola 14.8 5.5% 27.9 9.2% -47.0%
Sony Ericsson 13.8 5.1% 24.4 8.1% -43.4%
その他 55.7 20.7% 54.0 17.9% 3.1%
合計 269.6 - 302.2 - -10.8%
(資料:IDC)

 IDCは2009年通期について、携帯電話出荷台数は前年から13%減少すると予測している。コンシューマー市場でのハイエンド端末の需要と、そうした需要に対応してポートフォリオをシフトするメーカーの手腕に、小さな改善の兆しが見られるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.