ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年11月02日 07時00分 UPDATE

第3四半期の携帯電話市場、韓国勢が好調

SamsungやLGが好調だった一方で、Sony EricssonやMotorolaは出荷台数が40%以上減少した。

[ITmedia]

 世界携帯電話市場は緩やかに回復していると、調査会社IDCが10月29日に報告した。

 第3四半期の世界の携帯電話出荷台数は2870万台となった。前年同期と比べると6%の減少になるが、前期からは5.6%増えている。「不況が始まって以来、初めて改善の兆しが見られる。第3四半期は、大幅値下げによる旧機種の販促が行われたことで需要が刺激された」とIDCは述べている。

 ベンダー別では依然としてフィンランドのNokiaが首位だが、出荷台数を8%落としている。2位と3位は韓国メーカーが占め、2位のSamsungは出荷台数を15.9%伸ばした。3位のLG Electronicsは37.4%と出荷台数を大きく伸ばし、前年同期の4位から順位を上げている。4位はLGに追い抜かれたSony Ericssonで、出荷台数は45.2%減少、5位の米Motorolaも46.4%減となっている。韓国勢と欧米勢で明暗が分かれた格好だ。

世界の携帯電話メーカートップ5
社名 3Q09出荷台数(単位:百万台) 3Q09市場シェア 3Q08出荷台数 3Q08市場シェア 出荷台数の増減
Nokia 108.5 37.8% 117.9 38.6% -8.0%
Samsung 60.2 21.0% 52.0 17.0% 15.9%
LG Electronics 31.6 11.0% 23.0 7.5% 37.4%
Sony Ericsson 14.1 4.9% 25.7 8.4% -45.2%
Motorola 13.6 4.7% 25.4 8.3% -46.4%
その他 59.1 20.6% 61.5 20.1% -3.9%
合計 287.1 100.0% 305.4 100.0% -6.0%
(資料:IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker)

 IDCは、第3四半期に在庫が一掃され、第4四半期のさらなる改善に必要な安定の兆しが出てきたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.