ニュース
» 2010年03月12日 17時10分 UPDATE

GoogleのJavaScript実装テスト、最優秀はOpera

GoogleはJavaScript実装のテストスイート「Sputnik」をバージョンアップし、主要ブラウザのテスト結果を発表した。

[ITmedia]

 米Googleは3月11日、2009年6月にオープンソースとして公開したJavaScript実装のテストスイート「Sputnik」を、Webブラウザで実行できるページを公開したと発表した。

 Sputnikは、JavaScriptの標準「ECMA-262 3rd Edition」への適合度をテストできるスイートとして開発された。2009年12月に完了した「ECMA-262 5th Edition」が、JavaScriptのWeb利用の実態により近い定義に更新されたことを受け、Sputnikを新版に合わせてアップデートした。従って、このテストの結果は標準との適合度だけでなく、Webとの互換性を反映しているという。

 Webブラウザでのテストを実行するには、テストしたいブラウザでテストサイトを表示し、「Run」をクリックする。5000以上のテストが実行され、幾つのテストに成功/失敗したかが表示される。

sputnik 1

 Googleは、新版のSputnikで5つの主要ブラウザ(Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、Opera)の安定版をWindows XP上でテストした結果も発表した。これによると、最も優秀だったのはOpera 10.50で失敗は78、次がSafari 4で159、Google Chrome 4が218、Firefox 3.6が259と続き、Internet Explorer 8は突出して失敗が多く、463だった。下図はこの結果を視覚化したもの。円の中心に近いほど、テストの成績が良かったことを表している。

sputnik 2

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -