ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年04月13日 15時27分 UPDATE

米Yahoo!、アクティビティのリアルタイムフィードサービス「Yahoo! Updates Firehose」を発表

「Yahoo! Updates Firehose」は、Yahoo!の各種サービスのほか、Twitter、Facebook、YouTubeなどのアクティビティの膨大なデータを“消火ホース”のような勢いで提供するWebオーナー向けのサービスだ。

[ITmedia]

 米Yahoo!は4月12日(現地時間)、「Yahoo! Updates」で収集したWeb上のリアルタイムなアップデート情報を提供するWebサービス「Yahoo! Updates Firehose」(以下Firehose)を立ち上げたと発表した。WebオーナーやWebアプリ開発者は同サービスを利用することで、Web上のニュースやブログ、レビュー、コメントなどのアクティビティデータを自分のサービスに取り込むことができる。

 Yahoo! UpdatesはWeb上のさまざまなアクティビティを収集し、公開するためのツール。情報源には、Yahoo! News、Flickr、Deliciousなどの内部サービスだけでなく、Twitter、YouTube、Facebook、Last.fmなど外部サービスも含まれる。1日に75万以上のレーティング、8万以上のレビュー、15万以上のコメントなど、膨大な量のアクティビティデータを収集しているという。

 Firehoseは、SQLに似たYahoo!独自のクエリ言語「Yahoo! Query Language(YQL)」で利用する。Yahoo!のクラウド上でYQLを使ってYahoo! Updatesのデータを呼び出し、フィルタリングや統合などの作業を行える。

firehose

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.