ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「Yahoo! ニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! ニュース」に関する情報が集まったページです。

温暖化がビジネスチャンスに? 気温上昇でごはんがおいしくなるワケ
この5月、北海道では観測史上初めて気温が39度を超えました。この影響はさまざまなところに表れていて、その1つがコメ作りです。北海道がおコメの名産地となった背景には、この温暖化が関係しています。(2019/6/15)

「“ストレス解消用”トランプ大統領像を日本企業が中国見本市に出展」報道、企業側は全否定(※追記あり)
暴力的な展示があったとして、ブースが閉鎖されたと報じられていました。(2019/6/14)

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

「大洗モデル」活用:
「ラブライブ!」舞台の沼津 アニメ未登場でも「聖地」にしてしまう驚きの手法とは
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」を用いた静岡県沼津市による「聖地巡礼」が盛り上がりを見せている――。(2019/5/30)

ドコモ、「Huaweiの5G基地局先行導入」報道を否定 「記事のような事実は全くない」
「ドコモがHuaweiの5G基地局を先行導入する可能性が浮上している」と伝えた27日付のWebメディアの記事について、ドコモが「記事の内容にあるような事実は全くありません」と否定するコメントを出した。(2019/5/28)

ヤフー、アフィリエイトサイトによる広告出稿を原則NGに
「Yahoo!JAPAN」トップページなどに掲載される広告「YDN」について、アフィリエイトサイトなど成果報酬型サイトに誘導する広告の出稿を、6月3日から原則、不可能にする。「広告の有用性を高め、広告品質を向上させることが目的」としている。(2019/5/10)

神田明神と“異色”のコラボ:
ジブリ展で鈴木敏夫Pの書画120点公開! 専門家が見るその腕前は?
現在開催中の「鈴木敏夫とジブリ展」では鈴木氏の書画約120点や映画企画書、宣伝用キャッチコピー案、作業予定表など500点以上の資料が展示されている――。(2019/5/2)

ヤフー、持ち株会社化で「Zホールディングス」に 目指すは「PayPay」の収益化
ヤフーが10月1日をめどに持ち株会社制に移行すると発表。社名を「Zホールディングス」に変更し、「Yahoo!JAPAN事業」を分割した「ヤフー」と、金融子会社を統括する中間持ち株会社をその下に新設する。増収増益に向け、広告事業の強化と「PayPay」の収益化を目指す。(2019/4/25)

新元号「いいと思う」が6割 Yahoo!ニュース調べ
新元号「令和」(れいわ)が発表された。「Yahoo!ニュース」では「あなたは新元号について、どう思いますか?」という設問で調査を開始。6割以上が「いいと思う」と答えている。(2019/4/1)

「ヤフコメ」新ポリシー公開 ヘイトスピーチ禁止、複アカで重複投稿禁止など
ヤフコメ投稿者が守るべきルール「コメントポリシー」公開。個人の特定が可能な情報の投稿や、特定の民族や国に対する差別やヘイトスピーチ、複数のアカウントを取得し、多くの意見として印象を扇動する行為などを禁止。(2019/3/29)

使えるダイナミック広告 特別編:
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動的リターゲティングで成果を出すための3つのポイント
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動的ディスプレイ広告とはどのようなものか。その魅力と運用のポイントを解説する。(2019/3/27)

「母乳は赤ちゃんに最良の栄養です」 液体ミルク表示義務で物議の文言、罪悪感覚える母らに医師「傷つかないで」
「あなたは立派にやっていると、お母さんに伝えたい」。(2019/3/25)

ネット恒例「オタク川柳大賞」から見えたオタク社会 平成最後に主催とともに振り返る
主催のインターネットサービスプロバイダー「インターリンク」に取材しました。(2019/3/22)

御堂筋も「御堂筋マッスル」と誤訳 堺筋→「堺マッスル」問題、太子橋は「プリンスブリッジ」
「堺筋線」が「サカイマッスルライン」と誤訳されていた、大阪メトロの英文サイト。誤訳はこれにとどまらず、「御堂筋線」は「ミドウスジマッスルライン」、「太子橋今市」は「プリンスブリッジ イマイチ」に。(2019/3/20)

ITりてらしぃのすゝめ:
「いたずらURL」補導にCoinhive事件、“警察や法律を頼れない時代”に私たちがすべきこと
サイバー犯罪が増える中、「これは犯罪なのか?」というグレーゾーンにまで警察が踏み込んできている。私たちにできることは何があるのだろうか。(2019/3/13)

湯之上隆のナノフォーカス(10):
新たな世界ハイテク戦争の構図 ―― 米国、中国、Huaweiの3者のにらみ合い
米中におけるハイテク戦争では、2018年末以降、Huaweiが台風の目となっている。しかし、筆者には、3つの疑問がある。本稿では、3つの疑問について論じるとともに、世界のハイテク戦争が、米中二国間の単純な対立ではなく、米国、中国、Huawei3者のにらみ合いの構図になっていることを示す。(2019/3/13)

人気VTuberが「平成30年史」を振り返る “日本一ためにならないワイドショー番組”ヤフーが配信
人気VTuberと「平成30年史」を振り返るワイドショー風番組が登場。ヤフーが無料配信する。(2019/3/12)

「県警はどれだけネットに詳しくないのか!」 ブラクラURLで補導、Twitterでは7割超が補導に否定的
「ブラクラURLを貼っただけで補導」は妥当? それともやりすぎ?(2019/3/6)

日本の教育に欠けているもの:
ドワンゴ新社長・夏野剛が明かす“N高のミライ” 小中学生向けプログラミング塾「Nepps」の狙いとは
ドワンゴ社長の夏野剛氏が、4月に開校する小中学生向けプログラミング塾の狙いとN高の未来を語った。(2019/3/2)

歌い手「そらる」インタビュー:
この10年間で“歌い手”という存在はどう変わったのか 歌い手「そらる」に聞く“歌ってみた”の可能性
10代・20代から圧倒的な支持を集める“歌い手”、そらるさんにインタビュー! 「歌い手を始めたきっかけ」「歌手との違い」「顔を隠す理由」など、徹底的に聞きました。(2019/3/6)

ビッグデータで消費者ニーズを特定
「Yahoo! JAPAN」のユーザー行動履歴を分析できるサービス登場 市場調査の手間を不要に
ヤフーが新しいデータ分析サービスを発表した。「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!ニュース」「Yahoo!検索」など、同社サービスのユーザーの利用データを基に、消費者の関心を可視化できる。(2019/2/26)

Amazon.co.jpの全商品にポイント1%付与へ 5月23日から
Amazon.co.jpで、全商品に5月23日から、1%のAmazonポイントが付与される。Amazon直販商品、出品者からの商品すべてが対象という。出品商品のポイント費用は出品者の負担になるとあり、出品者の間で衝撃が走っている。(2019/2/22)

梅原大吾が提示する「新しい仕事」【後編】:
“286連勝”したプロゲーマー「ウメハラ」が明かす勝負哲学――高く飛ぶためには深くしゃがめ
プロゲーマー「ウメハラ」こと梅原大吾の勝負哲学とは――。そして現在の日本人の働き方をどのように捉えているのか。ITmediaビジネスオンラインに語った。(2019/2/22)

梅原大吾が提示する「新しい仕事」【前編】:
プロゲーマー「ウメハラ」の葛藤――eスポーツに内在する“難題”とは
プロゲーマー「ウメハラ」の知られざる過去――。そしてeスポーツが抱える“難題”をITmediaビジネスオンラインに語った。(2019/2/19)

ユーザーに合わせた広告クリエイティブを自動生成:
ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。(2019/2/15)

企業間ビッグデータ連携に本腰、10月から新サービス:
セブン-イレブンとグリコは、ヤフーの検索履歴データをどう活用したのか?
ヤフーが自社のビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売する。商品企画や需要予測など、活用の幅は広いと同社は強調。既にさまざまな企業が、実証実験で有力なインサイトを得ているという。(2019/2/14)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

「どうすれば」「諦めるな」 みずほATM休止の絶望描く「映画」誕生!? 個人制作の動画に大反響
「みずほで金が下ろせない?」「所持金720円か」「この3日間どう過ごせばいい?」――みずほ銀行のATM休止の“絶望と希望”を、映画の予告編のように描いた動画がTwitterで話題だ。個人が趣味で制作したという。(2019/2/12)

Yahoo!ニュース「大型ペット キリンも値上げへ」 ペットボトルではなくキリン(動物)の値上げを連想させるとツッコミ殺到
環境省「飼わないで」。(2019/2/1)

今日のリサーチ:
2018年にTwitterで最も話題になった記事は?――日本データ取引所とフラー、オズマピーアールが共同調査
2018年にTwitterで最も話題になったWebニュース記事は何だったのでしょうか。(2019/1/16)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯を流行らせるには「ウニ推しおじさん」になれ―― 銭湯神ヨッピーが語る、ネットで「水風呂推しおじさん」が増える理由
ヨッピーさん「国民全員が銭湯にハマればGDPが3倍になる」。(2019/1/11)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【後編】:
私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由
スクエニ取締役の齊藤陽介さんは「ドラクエX」のプロデューサーを引退し、現在は「Vチューバー」アイドルを手掛けている。なぜ、「ドラクエ」から「Vチューバー」のプロデューサーに転じたのか。(2018/12/25)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
「人肉レストラン」一気に拡散 フェイクニュースにだまされる大人たち
「ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚」。こんな記事が配信された。うそだったのだが、このフェイクニュースは広く拡散してしまった。すぐ身近にあるフェイクニュースにだまされないためにどうすればいいのか。米カリフォルニア州の取り組みが参考になる。(2018/11/8)

生まれ変わる組織:
ゼロから50人に急増、なぜグロービスは異質のエンジニア採用に成功しているのか?
ビジネススクールとして著名なグロービスが大変革を起こしている。2016年に初めてリードエンジニアを採用し、ビジネスおよび社内のデジタル化に力を入れているのだ。関係者を取材した。(2018/11/7)

ヤフー、動画プラットフォーム開設 厳選されたクリエイター約200人が月500本以上を投稿
その名も「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」。(2018/10/30)

「漫画村」後継サイト「漫画塔」、話題になった直後に閉鎖か 現在はアクセス不能に
現在はアクセス不能に。(2018/10/9)

ディープラーニング活用事例:
液浸スパコン「kukai」を使って、Yahoo!知恵袋の“クソリプ”を検出してみた
液浸冷却型のスーパーコンピュータ「kukai」を開発し、ディープラーニングのビジネス活用を進めるヤフー。最近では、Yahoo!知恵袋における不適切な質問や回答を自動検出するのに大きな成果を上げたという。(2018/9/20)

半径300メートルのIT:
被災地「以外」のSNS民が、被災地にデマを広げないために
2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震、甚大な被害をもたらした台風21号――災害発生時、SNSで流れるデマの被害を食い止め、有効な情報を手に入れるために、私たちが今から使える方法をご紹介します。(2018/9/11)

シニアスペシャリスト採用の条件:
65歳でネスレに中途入社したベテラン営業マンが輝いている理由
大手メーカーで営業マンとして20年以上働き、50代で起業経験もある石川さんは、65歳でネスレ日本に入社した。上司や同僚にも仕事ぶりが評判だというが、そのわけとは――。(2018/8/29)

ITりてらしぃのすゝめ:
「ネットマナー守って」の難しさ 今のSNSが生きづらいワケ
SNSの発言やイラストの投稿など、ネット上での人々の振る舞いをめぐるトラブルが後を絶たない。ネットにはびこるローカルルールとマナーの問題を考える。(2018/8/16)

顧客満足にも影響:
弱みだった「人」をどう変えた? アルバイト出身の女性役員が語るスープストックトーキョー流の働き方
スープ専門店「Soup Stock Tokyo」を展開するスープストックトーキョーでは従業員の働きがいと働きやすさを推進し、顧客へのサービス向上や従業員のキャリア支援にもつなげようとしている。その取り組み内容や成果について、同社取締役の江澤身和さんに話を聞いた。(2018/7/13)

半径300メートルのIT:
「AIはだませない」神話にだまされてはいけない
「人間は失敗や間違いをするけれど、機械は常に正確な判断ができるから」と、RPAやAIの導入を進める人や会社をよく見かけるかもしれません。でも、ちょっと待ってください。「AIや機械は間違えない」というその認識、本当に正しいのでしょうか?(2018/7/3)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「macOS Mojave」パブリックβを試して分かったこと iOSとの連携強化、ダークモード、細かな改善点まで
Appleが2018年秋に一般公開する予定の次期macOS「Mojave」。パブリックβの公開に合わせて、開発段階にあるMojaveを試用したレポートをお届けする。(2018/6/27)

女性が活躍する職場:
マミートラックとは無縁、ファンケルの管理職ワーママの仕事術
創業以来、女性の力を生かすことに努めてきたファンケルは、現在も社員の8割が女性である。では、同社の女性管理職はどのような働き方をしているのだろうか。子育てをしながら部長として38人のメンバーを率いる山本真帆さんに話を聞いた。(2018/6/26)

いつまでも働き続けたい:
ファンケルの「アクティブシニア社員」は会社に何をもたらすのか?
労働人口が減少する日本において、いち早くシニア世代が活躍する場所を作ろうとする企業が出てきている。化粧品と健康食品メーカーのファンケルでは65歳以上の社員が柔軟な勤務体系で働き続けられる「アクティブシニア社員」という制度を打ち出した。そこで活躍する社員に実際の話を聞いた。(2018/6/19)

Facebookのニュースソースとしての利用者が世界で減少──Reuters Institute調べ
オックスフォード大学Reuters Institute for the Study of Journalismが毎年公開するデジタルコンテンツ関連調査「Digital News Report」によると、Facebookをニュースソースとして利用する人が2016年の46%から6ポイント減った。(2018/6/17)

ITりてらしぃのすゝめ:
存在しない大学、なぜだまされた? 「URL」でWebサイトの安全性が分からない時代
「ドメイン名を見ればWebサイトの安全性が分かる」――そう思っていませんか? 最近はそんな常識を覆す“事件”が多発しているんです。(2018/6/6)

半径300メートルのIT:
1ツイートが命取りになる時代に「SNSアカウント乗っ取り」を防ぐには?
たった1件の「炎上ツイート」がきっかけで、セレブが何十年分のキャリアを数時間で失う――実はこれ、ひとごとではありません。いったん誰かが自分になりすまして「悪質な投稿」をしてしまったら、身の潔白を証明するのはとても難しいんです。(2018/6/5)

今日のリサーチ:
モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれます。(2018/5/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。