ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

  • 関連の記事

「Yahoo! ニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! ニュース」に関する情報が集まったページです。

ピコ太郎? パスワード付きZIPメール、なぜ「PPAP」と呼ばれるの?
ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)は4年前に流行した。今、廃止が取り沙汰されているパスワード付きZIPメールの“セキュリティしぐさ”もPPAPと呼ばれる。なぜそのような呼称がついたのだろうか。(2020/11/24)

告発された「パワハラ」の実態:
【独自】ワタミ「ブラック企業に逆戻り」騒動 内部取材で明らかになった、衝撃のウラ話を暴露する
「ワタミの宅食」で起こった残業代未払い問題。それだけでなく資料改ざんやパワハラなど、「やっぱりワタミはまだブラックだったのか?」と思わせるような実情が告発された。本当にワタミはブラック企業へ回帰したのか。内部取材を敢行すると、思わぬ事情が見えてきた。(2020/11/5)

簡単ではない「アーキテクチャや文化の改善」を実践し続けるポイントとは:
PR:ヤフーのあくなき挑戦、サービス基盤と開発スタイルを、どう進化させてきたか
ヤフーはマイクロサービスアーキテクチャへの刷新を進め、現在ではヤフーが提供する数多くのサービスの基盤として活用している。また、開発の文化や組織に関する課題を解決するため、「820Labs」を設置し、社内での活用を推進している。(2020/10/26)

ヤフー、違反コメント投稿者に対する措置を強化 再取得IDでも携帯番号が一致すれば投稿不可に
「Yahoo!ニュース コメント」の健全化に向けた取り組み。(2020/10/14)

ヤフー、不適切な“ヤフコメ”投稿制限を強化 ID再取得後もコメント禁止に
「Yahoo!ニュース」に不適切なコメントを複数回投稿した利用者が、Yahoo! JAPAN IDを再取得しても投稿が制限される機能をヤフーが10月中旬に追加する。(2020/9/29)

ヤフコメに専門家起用 「公式コメンテーター」開始 サッカー解説者の戸田和幸さんなど
「Yahoo!ニュース コメント」に、各分野の専門家や著名人が解説や意見などを発信する「Yahoo!ニュース 公式コメンテーター」がスタート。(2020/9/28)

Yahoo!ニュース コメントでも活用:
コメント投稿の「良し悪し」をAIが点数評価 ヤフーがAPIを無償提供
ヤフーは、すでにコメント投稿機能のあるサービスを公開と運営している日本国内の法人向けに、「深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)」を利用してコメントを評価する技術のAPIを無償提供する。(2020/9/23)

iOS 14のウィジェットに「Yahoo! JAPAN」「Yahoo!天気」「Yahoo!ニュース」など12アプリが対応
ヤフーは、9月18日からAppleの「iOS 14」で提供された「ウィジェット」対応。「Yahoo! JAPAN」「Yahoo!天気」「Yahoo!ニュース」など12のアプリを順次リリースする。(2020/9/18)

ヤフー、“ヤフコメ”の表示順位付け技術を無償公開 ネット上のコメント健全化目指す
ヤフーが“ヤフコメ”の順位付けに使うAI技術を他社にAPIとして無償提供する。コメント投稿機能があるサービスを展開する日本国内の法人が対象。客観的なコメントを上位に表示させるなど、ネット上のコメント欄の健全化を後押しする。(2020/9/18)

ダウンロード販売率が74%に:
前年同期比42.3%減! プレステ4がサッパリ売れないソニーの業績が“絶好調”な理由
任天堂のライバルであるソニー。2020年度第1四半期(4〜6月期)決算では、売上高でも営業利益でも“絶好調”の業績をたたき出している。その要因は何なのか? 答えはソフトウェアのダウンロード販売率にあった。(2020/9/14)

“アマプラ解約運動”、Twitterが「フィットネス」と分類 「その運動じゃないだろ」と総ツッコミ
「アマプラ解約運動」というワードがTwitterのトレンドに入っている。Twitterはこのワードをなぜか、「フィットネス」にジャンル分けしており、ユーザーからは、「いや確かに『運動』だけど、フィットネスじゃないだろ」などとツッコミが入っている。(2020/8/17)

恋愛・結婚のかたち:
“3年おきに名字を交換する結婚”――「自分の姓」「相手の姓」どちらかでもない、第3の選択肢
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第5回は、「3年おきに離婚、相手の名字で再婚」という結婚をして“名字を交換”している夫婦に話を聞きました。(2020/8/9)

恋愛・結婚のかたち:
婚姻届の代わりの住民票「妻(未届)」 “普通に結婚”したかったアラサー女性が事実婚を選ぶまで
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第3回は、「普通に結婚」するものだと思っていた30歳の女性が事実婚を選択するまでを聞きました。(2020/8/7)

「迷惑系YouTuber」とは何か なぜ迷惑行為を繰り返すのか
最近、「迷惑系YouTuber」という言葉を報道などで聞くようになった。迷惑系YouTuberは、なぜ迷惑行為を繰り返すのだろうか。(2020/7/28)

恋愛・結婚のかたち:
恋愛的・性的に惹かれない人たち――「アロマンティック/アセクシャル」にとっての恋愛・結婚像
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第4回は、他者に恋愛的/性的に惹かれない「アロマンティック/アセクシャル」の人たちにとって、今の結婚制度や“恋愛観”はどのように映るのかを聞きました。(2020/8/8)

恋愛・結婚のかたち:
「降谷零さんと出会って生活が一変した」 二次元のキャラに恋をする“フィクトセクシュアル”の結婚・恋愛像
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第2回は、フィクションのキャラクターに魅力を感じる「フィクトセクシュアル(二次元性愛)」の結婚生活について聞きました。(2020/8/6)

恋愛・結婚のかたち:
「互いに性的独占をしない」「1年ごとに更新」―― とある夫婦が選んだ「契約結婚」という選択肢
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回予定)。第1回はいわゆる“法律婚”ではなく、互いに個人的な「結婚契約」を結ぶという形を選んだ、長谷川さん・江添さん夫妻に取材しました。(2020/8/5)

放送メディアは利用度と信頼度がともに高い:
若年層ほどデマを信じやすいが、真偽を調べる割合は高い 総務省が新型コロナに関する情報流通調査
総務省は、「新型コロナウイルス感染症に関する情報流通調査」の結果を発表した。放送メディアは利用度と信頼度がともに高く、SNSは利用度と信頼度のいずれも低い。デマやフェイクニュースは、若年層ほど信じやすい傾向にあった。(2020/6/23)

Yahoo!ニュースのコメントポリシー更新 投稿時の注意点をより分かりやすく
(2020/6/16)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
木村花さん事件とトランプ対Twitterと「遅いSNS」
(1) 世界の国々はSNS(ソーシャルネットワーク)規制で悩んでいる。(2) SNS規制には副作用があり、複数の視点から考える必要がある。(3) 英国の提言の中で「SNSで議論を遅くする仕組みを作れ」という意表を突く指摘がある。複雑だが、重要な話だ。今こそSNS規制を考える時だ。(2020/6/3)

ヤフー、個人への誹謗中傷対策を強化 検討会を設置し結果公表へ
(2020/6/1)

ヤフー、“ヤフコメ”のパトロールAIを外部提供へ 1日に2万件の誹謗中傷を削除可能
ヤフーが、「Yahoo!ニュース」コメント欄の健全化のため使用しているAIを、外部の事業者にも提供すると発表した。1日に平均約2万件の悪質な投稿を削除できる自然言語処理モデルを横展開し、投稿型サービスの健全化を図る。6月中をめどに、悪質なコメントへの対策強化に向けた検討会も開催する。(2020/6/1)

ビル・ゲイツ氏標的の“新型コロナ陰謀説” 米国人の3割が「信じる」 世論調査
ゲイツ氏をやり玉に挙げる根拠のない陰謀説を「正しい」と思う人は28%。与党共和党やトランプ大統領支持者では44%に上った。(2020/5/26)

偽物ではなかった? “怪しいZoom”の意外な正体
ネットなどで注目を集める“怪しいZoom”。その正体は何なのか。IPAの調査結果を基に、筆者がたどり着いた同名ソフトとは……。(2020/4/28)

PR:これが超大手メディアの本気! ヤフーが新型コロナ対策支援に全力を出している理由とは
最新ニュース、検索、混雑情報に新型コロナ対策支援オークションまで充実。(2020/4/28)

「20年前に読んでいたブログの管理人が感染症専門医になっていて心配」 漫画家・羽海野チカさんのツイートから奇跡の再会 → コラボイラストも実現する流れに
Twitterが本名も知らない人との縁を引き寄せた!(追記あり)(2020/4/20)

ワンオペフリーランスが2週間の外出自粛&自宅保育中に「心を守る」ために試した16の工夫
目標は「心を守る」こと。(2020/4/10)

「これ、梅田だったの!?」 誰もが見覚えのある“あの画像”の意外な正体 Yahoo!広報も「把握しておりませんでした」
Googleマップで梅田スカイビル近辺から南方を見ると……。(2020/3/28)

消費者を本当に煽ったのは誰か:
トイレットペーパー買い占め元凶はデマだけか メディア報道に潜む「大罪」――データで迫る
新型コロナの余波でトイレットペーパー買い占めが。デマだけでない本当の元凶とは? メディア記事データや専門家の分析から迫る。(2020/3/12)

検知数が約2.2倍に向上:
「Yahoo!ニュース」の違反コメント対策に深層学習判定モデルを導入
ヤフーは、「Yahoo!ニュース コメント」で違反コメントへの対策をさらに強化した。新たに導入した「深層学習を用いた自然言語処理による判定モデル(AI)」によって、違反コメントの検知数が約2.2倍に向上した。(2020/3/10)

AIは“クソコメ”を撲滅できるのか:
ヤフーが“違反コメント”検知制度を2倍に向上 深層学習モデル活用で
ヤフーは、「Yahoo!ニュース」で違反コメントへの対策をさらに強化した。同社のスーパーコンピュータであるkukaiで、新たな判定モデルを実行したという。(2020/3/9)

「迷惑」と伝える勇気:
それでも“インフルエンザ出社”がなくならないワケ くだらない「武勇伝」づくりはもうやめよう
インフルエンザが流行する季節になった。その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。(2020/1/17)

ヤフー、長期間不使用の「Yahoo! JAPAN ID」を利用停止へ 不正アクセス対策で
ヤフーが、長く使われていない「Yahoo! JAPAN ID」の利用を、2月から順次停止すると発表。不正アクセスの被害を未然に防ぐ狙い。対象となるIDは、4年以上使われていないもの(一部を除く)。(2020/1/8)

オタクの幸せ:
「自分はゴジラから離れられない運命」 ファンを代表してゴジラに弔辞を読んだ男が語る、“好きでい続けること”の幸せ
ゴジラファンとしての道を切り開いた粕谷さんに“ひとつのことを好きでい続けることの幸せ”についてお話を伺いました。(2019/12/22)

連載「オタクの幸せ」:
「シンプソンズファンはプライドを持っている」 名優・大平透が心を許した「シンプソンズファンクラブ」とオリジナル声優たちの12年間
【完全版後編】オリジナル声優にとってファンとはどんな存在なのか。(2019/12/26)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「ステマとは何か」を考える 歴史的経緯と対策の現状
読者の立場とネット炎上専門家の視点から、ステマの歴史と対策について解説します。(2019/12/24)

人はなぜ“将棋”に人生を捧げるのか 最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)作者に聞く「詰将棋と向き合ってきた40年間」
登場当時、コンピュータでも解けなかった超長編詰将棋はなぜ生まれたのか。(2019/12/24)

「お金をたくさん使う人が偉い訳じゃない」 夜の世界でNo.1になったアイドルファンが欅坂46・渡邉理佐を推す理由
モー娘。・AKB48と王道を推してきたアイドルファンの心を揺さぶった渡邉理佐さんの言葉とは。(2019/12/19)

たぶん世界初の“1200キロをロードバイク・90時間で駆ける腐女子”だと思います 『弱ペダ』で変わったあるオタクの人生
「パリ・ブレスト・パリ(走行距離約1200キロ)」を完走した腐女子・PEKOさんにインタビューしました。(2019/12/18)

「Yahoo!みんなの政治」が終了へ ヤフーが2020年3月末までに終了するWebサービスとアプリを発表
すでに終了が発表済みのサービスも含めまとめられています。(2019/11/30)

高橋名人の仕事哲学【中編】:
高橋名人が明かす「裏技」誕生秘話 私が「冒険島」になった理由
かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。在職中は「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めただけでなく、「裏技」「ゲームは1日1時間」という言葉の考案者の一人でもある。中編では、いかにしてファミコンの「名人」になったのか、「裏技」という言葉はどうやって生まれたのか。その誕生秘話をお届けしよう。(2019/11/29)

高橋名人の仕事哲学【前編】:
“元祖プロゲーマー”高橋名人が明かす「日本のeスポーツの課題と戦略」
かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。名人は近年、「一般社団法人e-sports促進機構」の代表理事を歴任するなど、国内のeスポーツ振興にも尽力している。日本のeスポーツはどうなっているのか。現状の問題は何なのか。高橋名人を直撃した。(2019/11/28)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【後編】:
キャッシュレス化で長財布はもうダサい!? ファッションプロデューサーMBが明かす「ファッションと時代」の意外な関係
人気ファッションプロデューサーがいるMB(エムビー)への独占インタビュー後編は、ファッションビジネスの変遷や最前線について、思う存分語ってもらった。(2019/11/23)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【中編】:
低賃金が問題視されるアパレル業界 MBが見通す“分業化時代”に生き残るための働き方
低賃金が問題視されるアパレル業界――。人気ファッションプロデューサーMBが、分業化が進むアパレル業界で生き残っていくための「働き方」を語ってくれた。(2019/11/23)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【前編】:
ユニクロが“1人勝ち”を続ける理由――そのヒントは「着物」にあった
近年は大量閉店や撤退が相次ぎ、苦境に立たされているアパレル業界の中で、過去最高益をたたき出し続け、“1人勝ち”を続けるユニクローー。「日本一ユニクロを買っているユニクロ研究家」を名乗る人気ファッションプロデューサーMBが、若者を中心に「おしゃれなもの」として定着したユニクロファッションの神髄を語る。(2019/11/23)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)

「LG G8X ThinQ」は従来の2画面スマホと何が違うのか? LGが利用シーンを解説
LGエレクトロニクスは、競合メーカーとは異なるアプローチで新しいカタチのスマホを開発している。ソフトバンク向けに投入する「LG G8X ThinQ」は、スクリーン内蔵のケースを装着することで“2画面化”できる。従来の2画面スマホとは何が違うのか?(2019/11/12)

ミクシィ「モンスト」のキーマンを直撃【後編】:
高額賞金難しいeスポーツ 「モンスト」が“1億円の大会”を運営する秘訣に迫る
全世界で5000万人以上が遊ぶeスポーツ「モンスターストライク」――。日本では法律の壁などもあり、高額賞金が難しいとされる中、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」は、国内初の賞金総額1億円の大会となった。賞金総額1億円という「不可能を可能にした仕掛け」はどこから生まれたのか。大会の運営責任者であるミクシィの田村征也執行役員に聞いた。(2019/11/8)

ミクシィ「モンスト」のキーマンを直撃【前編】:
賞金総額1億円! 14万人超が決勝を“観戦”した「モンストグランプリ」運営責任者が明かす「eスポーツの隆盛」に欠かせないもの
全世界で5000万人以上が遊ぶeスポーツ「モンスターストライク」――。日本では法律の壁などもあり、高額賞金が難しいとされる中、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」は、国内初の賞金総額1億円の大会となった。今後、日本のeスポーツがより盛り上がりを見せていくためにはどうすべきなのか。大会の運営責任者であるミクシィの田村征也執行役員にその戦略やビジョンを聞いた。(2019/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。