ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年04月14日 07時40分 UPDATE

Intel決算、市場回復を受け増収増益

Intelの2010年1〜3月期決算は、売上高は44%増、純利益は約4倍の24億ドルだった。

[ITmedia]

 米Intelが4月13日(現地時間)に発表した2010年第1四半期(1〜3月期)の決算は、市場の回復を受けて大幅の増収増益だった。売上高は前年同期比44%増の103億ドル、純利益は同288%増の24億ドル(1株当たり43セント)だった。1株当たり純利益はThomson Reutersがまとめたアナリスト予測38セントを上回った。

 営業利益は34億ドルで前年同期比433%増。粗利益率は63%で、同社の予想を2ポイント上回った。

 季節的要因もあって記録的な売り上げとなった前期と比較すると、各部門の売り上げは横ばいあるいは減少となったが、平均販売価格(ASP)は前期からわずかながら上昇した。チップセットを含むAtomの売り上げは前期比19%減の3億5500万ドルだった。

 第2四半期(4〜6月期)の見通しについては、売上高は102億ドルプラスマイナス4億ドル、粗利益率は64%プラスマイナス2ポイントと見込んでいる。通年では、粗利益率を64%プラスマイナス2ポイントと、前回発表の61%プラスマイナス3ポイントから上方修正している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Intel(インテル) | ASP | Itanium | Xeon


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.