ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「上方修正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上方修正」に関する情報が集まったページです。

2024年1~3月期決算:
DMG森精機が通期業績見通しを上方修正、欧州や米州の需要が堅調に推移
DMG森精機は2024年度第1四半期(2024年1〜3月)の決算を発表した。(2024/4/30)

「U-NEXT」好調 課金ユーザー増加、年間1000億円規模に
U-NEXT HOLDINGSが上方修正。傘下のU-NEXTが運営するコンテンツ配信事業「U-NEXT」の課金ユーザー数が想定を上回っていることなどが要因。(2024/4/10)

製造マネジメントニュース:
トヨタは2023年度の業績予想を上方修正、ダイハツなどの不正も織り込み済み
トヨタ自動車は2024年3月期第3四半期の決算を発表した。営業収益は前年同期比23.9%増の34兆227億円、営業利益は同102.1%増の4兆2402億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が同107.9%増の3兆9472億円だった。(2024/2/7)

製造マネジメントニュース:
ソニーGが2023年度業績見通しを上方修正、イメージセンサーの悪化を他分野が補う
ソニーグループが2023年度第1四半期の連結業績について説明。売上高は前年同期比33%増の2兆9637億円、営業利益は同31%減の2530億円となり増収減益となった。2023年度連結業績見通しについては上方修正を行った。(2023/8/10)

2023年1〜6月期決算:
好調DMG森精機の2023年度上期決算の中身、EV/半導体/積層造形で何を語ったか
DMG森精機は2023年度上半期(2023年1〜6月)の決算について説明。売上高は前年同期比14.4%増の2495億円、営業利益は同27.5%増の226億円だった。2023年度の売上高、営業利益の見通しも上方修正した。(2023/8/7)

製造マネジメントニュース:
半導体など部材コスト高騰は年間1000億円規模、通期予想は上方修正
デンソーは2024年3月期第1四半期の決算を発表した。(2023/7/31)

マネフォ決算、Fintechサービスが2年で売上高3.4倍 24年11月期のEBITDA黒字化にも死角なし
マネーフォワードの業績が好調だ。売上高もSaaS ARRも期初見通しの上限レンジを超え、年間計画を上方修正した。また、次の事業の柱として期待するFintechサービスが急成長。2年で売上高3.4倍になっている。(2023/7/19)

東証が今後審査:
「にじさんじ」プロモ好調 営業利益77億→92億円に上方修正 プライム市場へ変更申請
東証グロース上場でVTuber(バーチャルユーチューバー)事業を展開するANYCOLOR(東京都港区)は3月15日、2023年4月期の業績予想について営業利益を従来の77億円から92億円に上方修正すると発表した。同日付でプライム市場への区分変更を申請したことも明らかにした。(2023/3/16)

「にじさんじ」のANYCOLOR、プライム市場へ変更申請 業績も上々
ANYCOLORが、東京証券取引所プライム市場への市場区分変更を申請した。業績も好調で、通期業績目標を大きく上方修正している。(2023/3/15)

電動化:
日産が電動車投入計画を上方修正、2030年までにEVなど27車種
日産自動車は電動化戦略の取り組みを加速させる。2030年までの長期ビジョンで電動車の投入計画を示していたが、目標値を引き上げる。(2023/2/28)

調査レポート:
「建設6業種で増収傾向を堅持するも、最終利益で明暗鮮明に」2023年3月期第2四半期決算まとめ
建設業関連の6業種における上場主要10社の2023年3月期第2四半期決算を分析した。第2四半期の決算では、業種ごとで明暗が分かれる結果となった。一方で通期予想では、住宅・不動産業など2業種が上方修正している。(2022/12/16)

「にじさんじ」のANYCOLOR、東証プライムへ変更申請準備 業績予想も上方修正
VTuberグループ「にじさんじ」などを運営するANYCOLORは12月15日、東証プライム市場への変更申請に向けた準備を進めていることを明らかにした。併せて売上高、営業利益、経常利益、当期純利益ともに業績予想の上方修正を発表した。(2022/12/15)

200億円の追加投資を決定:
業績好調のローム、通期業績予想を上方修正
ロームは2022年11月1日、2022年3月期(2022年度)上半期(4〜9月)決算を発表した。売上高は前年同期比16.7%増の2599億1200万円と過去最高売り上げを更新した。営業利益は同46.0%増の504億300万円になった。今回の結果を受け、2022年5月に発表した通期の売上高予想を5100億円から5200億円に、同じく営業利益予想を760億円から900億円に上方修正した。(2022/11/4)

製造マネジメントニュース:
日立が2022年度通期業績見通しを上方修正も「経済環境は後退局面に」
日立製作所の2022年度上期の連結業績は、売上高が前年同期比12%増の5兆4167億円、利益指標のAdjusted EBITAが同5.5%増の3930億円で、円安による為替影響と市況回復傾向、グローバルロジックの買収効果により増収となり、日立エナジーや鉄道、ビルシステム、日立ハイテクの計測分析システムのけん引により増益を確保した。(2022/10/31)

当初計画の2倍:
「アサヒ生ビール黒生」売れまくり 年間販売目標を200万箱へ再上方修正
アサヒビールは2月15日に発売した「アサヒ生ビール黒生」の販売好調を受け、年間販売目標を当初計画の2倍に当たる200万箱に再上方修正する。(2022/10/13)

10月の増税はどうなる?:
JT、ロシア事業の売却検討を継続 12月期は円安を受け上方修正
日本たばこ産業(JT)は7月29日、2022年12月期通期の連結業績予想(国際会計基準)について上方修正した。(2022/8/1)

製造マネジメントニュース:
日立がAstemoとGLSにてこ入れへ、為替影響を加味し2022年度通期業績は上方修正
日立製作所が2022年度第1四半期の決算を発表。同年度第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比9%増の2兆5698億円、利益指標のAdjusted EBITAが同4%減の1548億円。急激に円安が進んだ為替影響などにより増収となったが、白物家電などの生活・エコシステム事業、自動車部品事業を手掛ける日立Astemoが減益の要因となった。(2022/8/1)

増収営業減益のGunosy ベンチャー投資事業を加速
Gunosyは7月15日に2022年5月期連結決算を発表した。売上高は89.9億円(前期比1%増)、営業利益は4.1億円(同42.5%減)の増収営業減益であった。事前の会社計画では通期営業利益をゼロとしたが、4月の第3四半期決算で2億円に上方修正され、今回の結果で4.1億円と上振れした形だ。(2022/7/20)

上方修正からさらに上振れのマネフォ決算 SaaS ARRは40%増の129億円に
再び事業成長にフォーカスし、いったんの黒字化を経て投資を再度強化したマネーフォワード。4月13日に発表した第1四半期(2021年12月−2022年2月)決算は、計画を大きく上振れした着地となった。(2022/4/14)

2022年3月期通期:
日産、純利益2050億円に上方修正 売上高は8.7兆円に下方修正
日産自動車が2022年3月期通期の連結業績予想を上方修正し、純利益が従来予想から250億円増の2050億円(前期は4486億9700万円の赤字)になる見通しだと発表した。売上高は従来予想から900億円減の8兆7100億円(対前期比10.8%増)に下方修正するが、営業利益は300億円増の2100億円(前期は1506億5100万円)を見込む。(2022/2/8)

電気自動車:
EV戦略を発表から数カ月で上方修正、トヨタがアジャイルさ示す
トヨタ自動車は2021年12月14日、EV(電気自動車)の戦略説明会を開催した。2030年までに商用車と乗用車でEV30車種を展開し、全てのセグメントにEVを設定する。EVのグローバル販売台数は、同年に年間350万台を目指す。(2021/12/15)

トヨタ、BEV戦略目標を大幅上方修正 2030年までに350万台、全方位に30車種「BEV新車種」もチラ見せ
電動化に今後計8兆円投資、「EVに否定的なのではない。全方位/フルラインを目指している」と豊田社長。(2021/12/14)

JT、業績予想を上方修正 海外たばこ事業が好調で一転最終増益に
日本たばこ産業(JT)は10月29日、2021年12月期(21年1月〜12月)通期の連結業績予想を上方修正し、純利益が前期比6.4%増の3300億円になる見通しだと発表した。(2021/10/30)

製造マネジメントニュース:
サプライチェーン混乱もなんのその、オムロンが変化対応力で過去最高の営業利益
オムロンは2021年10月28日、2022年3月期(2021年度)第2四半期累計(4〜9月)の業績を発表した。サプライチェーンの混乱やコロナ禍によるロックダウンの影響などを大きく受けたが、強化してきた変化対応力を発揮し、大幅な増収増益を実現。2021年度通期業績見通しも上方修正した。(2021/10/29)

製造マネジメントニュース:
パナソニックは手堅く増収増益、原材料高騰の長期化がリスク
パナソニックは2021年10月28日、2022年3月期(2021年度)第2四半期(7〜9月)の連結業績を発表した。サプライチェーンの混乱や部品や原材料高騰などの影響を強く受けたもののコロナ禍の影響を受けた前年からの回復傾向を示した。また、これに伴い通期の業績見通しは売上高、利益ともに上方修正を行った。(2021/10/29)

21年2Qは増収増益:
ソニーが通期見通しを上方修正、TSMC日本工場への協力も言及
ソニーグループは2021年10月28日、2022年3月期(2021年度)第2四半期(2021年7〜9月)決算を発表した。同日実施した説明会で、同社副社長兼最高財務責任者(CFO)の十時裕樹氏はTSMCの日本工場建設計画への協力についても言及した。(2021/10/28)

本田雅一の時事想々:
ソニー、デジカメ好調で上方修正 それでも「カメラ市場が復活した」と言い切れない理由
ソニーグループが2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期の営業利益の見通しを上方修正した。意外だったのは、カメラ事業の回復がグループの成長全体にプラスとなっていると言及されたことだった。(2021/9/3)

製造マネジメントニュース:
ソニーの1Q決算はデジカメやテレビが好調、利益見通しも上方修正へ
ソニーグループは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の業績を発表した。“巣ごもり需要”関連でゲーム関連事業や音楽事業などが好調な他、2020年度はコロナ禍の影響を受けたエレクトロニクス分野が回復し、増収増益となった。(2021/8/5)

イメージセンサーも「工場はフル稼働」:
ソニーが営業利益見通しを上方修正、デジカメなど好調
ソニーグループは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(2021年4〜6月)決算を発表した。2021年度第1四半期は、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(以下EP&S」)分野と音楽事業で大幅増収があり、売上高は前年同期比15%増の2兆2568億円、営業利益は同26%増の2801億円の増収増益を達成した。(2021/8/4)

在庫積み増し需要で計画上回る:
村田製の21年Q1決算、増収増益で通期予想も上方修正
村田製作所は2021年7月29日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の決算を発表した。売上高は、前年同期比34.5%増の4396億円、営業利益は同104.7%増の1051億円で増収増益となった。純利益も同95.1%増の772億円で、四半期業績では過去最高を更新した。また通期業績予想についても、売上高が前年比6.1%増の1兆7300億円、営業利益は同16.5%増の3650億円と、それぞれ前回発表(2021年4月)から上方修正した。(2021/7/30)

21年9月期通期予想:
「ウマ娘」絶好調で2度目の上方修正 サイバー藤田社長「グラフの角度が変わる伸び方」
サイバーエージェントは21年9月期の第3四半期決算報告会を実施した。ゲーム事業の主力タイトル「ウマ娘」が前四半期に続き好調だったことから通期連結業績予想を上方修正した。ウマ娘好調の背景には何があるのだろうか。(2021/7/28)

上方修正:
「日産は確実に輝きを取り戻しつつある」と内田CEO 通期予想、3年ぶりに最終黒字へ
日産が2022年3月期通期の連結業績予想を上方修正。3年ぶりの黒字を見込む。内田CEOは「日産は確実に輝きを取り戻しつつある」としつつ、電動化など未来のビジョンを示す。(2021/7/28)

21年8月期:
サイゼリヤ、通期純利益を3倍に上方修正 協力金65億円を計上
サイゼリヤが2021年8月期通期の連結業績予想を修正し、純利益が前回予想から22億円増の32億円になる見通しだと発表した。新型コロナの影響で、売り上げは落ち込むが、緊急事態宣言に伴う協力金を計上する。(2021/7/14)

大山聡の業界スコープ(43):
半導体好況はいつまで続くのか
WSTS(世界半導体統計)がこのほど公表した世界半導体市場規模予測は前年比19.7%増、2022年も同8.8%増とプラス成長が続くとした。2020年12月の時点の予測を大幅に上方修正したことになる。昨今の半導体市況を見れば、上方修正は当然と言える。だが、この状態がいつまで続くのか、2022年をどのように予測すべきか、ここで考えてみたい。(2021/7/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
EV生産比率を5倍に増やすマツダと政府の“パワハラ”
マツダは、30年時点のEVの生産比率を25%と大幅に上方修正した。ではなぜマツダはそれだけEVの比率を大きく再発表したのかといえば、これは政府によるパワハラの疑いが濃厚である。(2021/6/28)

前期は赤字:
メルカリ、業績予想を上方修正 最終益が従来予想から2倍超に
メルカリが2021年6月期通期業績予想を上方修正。最終益が50億円(前期は227億円の赤字)になる見通しだ。広告宣伝費などを減らし、増益を見込む。(2021/6/23)

「ウマ娘」初速好調、サイバーが上方修正 ゲーム事業、四半期で過去最高売上
サイバーエージェントが、2021年9月期通期の連結業績予想を上方修正。「ウマ娘 プリティーダービー」などがヒットし、収益を押し上げている。(2021/4/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」特別編:
再度利益上方修正のトヨタ その背景と森氏への苦言
トヨタ自動車は第3四半期の決算を発表し、期首に5000億円だった年間利益見通しは、第2四半期に続いて2度目の上方修正を加えて、ついに2兆円に達した。(2021/2/12)

10〜12月は各地域で増益:
トヨタ、今期の営業利益2兆円へ コロナ禍からの回復で大幅上方修正
トヨタ自動車は、2021年3月期の連結営業利益を2兆円とする業績予想を発表。従来の見通しから7000億円の上積みとなる。各国市場で新型車投入などが奏功し、販売の回復基調が強まっている。(2021/2/10)

固定費12%削減:
日産、営業赤字予想1350億円縮小 収益改善とコスト減「着実に進んでいる」
日産自動車は、2021年3月期の連結営業損益を2050億円の赤字とする業績予想を発表。前回予想を上方修正し、1350億円の上振れを見込む。事業構造改革で掲げる、販売の質向上や固定費削減が進んでいることを示した。(2021/2/9)

製造マネジメントニュース:
北米や中国以外も新車販売が回復、マツダも通期見通しを上方修正
マツダは2021年2月4日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比23.3%減の1兆9594億円、営業損益が320億円の損失、当期純損益は782億円の損失だった。当期の営業損益は前年同期から643億円減少したが、2020年10〜12月期の3カ月間としては209億円の営業黒字を確保した。(2021/2/5)

ソフトバンク、通期予想を上方修正 法人事業など好調「コロナ禍のマイナス要因上回った」
ソフトバンクの2021年3月期第3四半期の連結業績は、売上高が3兆8070億円(前年同期比5%増)、営業利益が8416億円(同6%増)、純利益が4338億円(同1%減)だった。(2021/2/4)

製造マネジメントニュース:
三菱自動車は中計の固定費削減が順調、営業損益の通期予想を上方修正
三菱自動車は2021年2月2日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比42.8%減の9527億円、営業損益は866億円の損失、当期純損益は2439億円の損失となった。(2021/2/4)

PS5、音楽事業がけん引:
ソニーが20年度通期業績を上方修正、CMOSセンサーも想定上回る
ソニーは2021年2月3日、2021年3月期(2020年度)第3四半期(2020年10〜12月期)決算を発表するとともに、2020年度通期業績予想を上方修正した。(2021/2/3)

ゲームは絶好調だが:
過去最高「純利益1兆円」、絶好調のソニーが抱える“アキレス腱”
ソニーが、2021年3月期連結業績予想を上方修正。純利益が過去最高の1兆850億円(前期比86.4%増)になる見通し。ゲーム事業などが好調だった一方、劇場の閉鎖が影響し、映画部門が“アキレス腱”となっている。(2021/2/3)

製造マネジメントニュース:
デンソーは通期予想を上方修正、車載半導体の供給は「2021年夏に改善」
デンソーは2021年2月2日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上収益は前年同期比9.9%減の3兆5086億円、営業利益は同59.0%減の666億円、当期利益は同68.4%減の431億円となった。(2021/2/3)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが通期業績見通しを上方修正、テスラ向け電池は年間39GWhに増産
パナソニックが2020年度第3四半期業績について説明。アプライアンス社やライフソリューションズ社、オートモーティブ社、インダストリーソリューションズ社の業績が前年同期比以上の水準まで回復。為替や非連結化の影響を除いた実質ベースの売上高は前年同期比で増収、利益も第2四半期に続き増益となった。(2021/2/3)

「スーツ」や「シューズ」に次ぐツール:
ZOZOが「グラス」でコスメ市場参入 その狙いは? リアル店舗の休業受けて業績は絶好調
ZOZOは1月29日、2021年3月期第3四半期決算を発表。商品取扱高が前年同期比19.8%増の3042億4300万円、売上高が同18.1%増の1084億8000万円、営業利益が同74.3%増の337億8500万円と増収増益。商品取扱高、営業利益ともに四半期決算で最高実績となった。これにより通期連結業績予想も395億円から415億円に上方修正した。(2021/2/3)

Switch好調:
任天堂、業績予想を再び上方修正 最終益は前期比1.5倍に
任天堂が、2021年3月期通期連結業績予想を上方修正。最終益は4000億円(前期比54.7%増)になる見通し。(2021/2/1)

通期営業利益は過去最高に:
村田製作所、通期の業績予想を再び上方修正
村田製作所は、2020年度通期(2020年4月〜2021年3月)の連結業績見通しを上方修正した。前回予想に対し、売上高は800億円増額の1兆5700億円、営業利益は400億円増額の2900億円を、それぞれ見込む。営業利益は過去最高を更新するという。(2021/2/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。