ニュース
» 2010年08月20日 18時13分 UPDATE

「Chrome OSタブレットが11月登場」のうわさ、実現の可能性は?

AndroidではなくChrome OSを搭載したHTC製タブレットが11月26日にリリースされるといううわさが流れている。GoogleはChrome OSはまずNetbookで提供するとしているが……。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 米Googleのタブレットに関するうわさは続いており、Google、台湾HTC、米Verizonが11月26日に、AppleのiPadが切り開いた市場に食い込むべく、タブレットコンピュータを立ち上げると新たに報じられている。

 この話を報じたDownload Squadの記事で意外だったのは、このデバイスはGoogleのモバイルOS「Android」ではなく、Chrome OSを搭載するという点だ。

 GoogleとVerizonの広報担当者はいずれもうわさや憶測にはコメントしないとしている。

 HTCとVerizonがGoogleと協力しているとしても意外ではない。HTCはAndroidスマートフォンを多く作っており、Googleはネットワーク中立性の問題でVerizonの固定回線部門と手を組んでいる

 米Appleの3G版iPadが米AT&Tのネットワークを使っているように、Chrome OSタブレットがVerizonの高速ネットワークで走るのは想像に難くない。

 それでも、この報道をおもしろくしているのは、初のChrome OSデバイスは秋に登場するNetbookだとGoogleが繰り返しコメントしているという事実だ。

 つまり11月26日――偶然にもブラックフライデー(感謝祭の翌日の金曜日)、つまり感謝祭とクリスマスの間で最もショッピングが多い日――より前にChrome OS搭載Netbookが発売されない限り、このうわさはすべてうわさということだ。

 実際、Googleの計画に詳しい筋は、その日にChrome OSタブレット発売は予定されていないとし、以前に「6月のCOMPUTEXでASUSがChrome OSデバイスを披露する」という間違ったうわさが流れたことを指摘した。

 とはいえ、AppleのiPadの成功が状況を変えた可能性は除外できない。iPadはこれまでに400万台以上売れている。Googleは今秋、Chrome搭載のNetbookとタブレットを立ち上げるかもしれない。

 Chrome OSは昨年11月にオープンソースで公開されたWebOS。コンピュータの起動を高速化するよう作られている。

 ユーザーは、ローカルストレージのないChrome OSマシンでChromeブラウザからWebアプリにアクセスできる。GoogleはWebベースの印刷システム「Google Cloud Print」も開発している。

 Googleは、外部開発者が作ったオンラインゲームなどのWebアプリをホスティングする「Chrome Web Store」を秋に立ち上げる計画も明らかにしている。

 Download SquadはGoogleの既存のハードウェアノートとChromiumサイトから、Chrome OSタブレットは米NVIDIAのTegra 2チップセットと1280×720ピクセルのマルチタッチディスプレイを搭載すると推測している。

 さらに2GバイトのRAM、32GバイトのSSD、Wi-Fi、Bluetooth、LTE接続、GPS、Webカメラも搭載し、マルチカードリーダーでストレージを拡大できるかもしれない。

 今回のChrome OSタブレットのうわさは、Google、Verizon、米Motorolaをめぐる複数のタブレットのうわさの中で最新のものだ。

 Verizon Wirelessのローウェル・マカダムCEOは5月に、Androidを搭載したタブレットを開発中だと話していた。

 その後、Motorolaが10インチのAndroid 3.0搭載タブレットを開発して、Verizon向けに提供するといううわさが流れた。

 Financial Timesは先に、MotorolaとVerizonがAndroidテレビタブレットを開発していると伝えた。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -