ニュース
» 2010年08月24日 15時23分 UPDATE

AppleがiMac touch開発? 特許出願で憶測

Appleが、コンピュータをタッチ入力に切り替えられる技術の特許を出願しており、タッチスクリーンiMacが登場するかもしれないと話題になっている。

[ITmedia]

 米Appleが、「マウス&キーボード」と「タッチ入力」の2つの入力モードを切り替えられるiMacやMacBookを投入するかもしれない。同社が出願中の特許から、このような憶測が盛り上がっている。

 Appleが出願中の技術は「入力モードの移行」と題され、2009年9月にWIPO(世界知的所有権機関)に申請された。コンピュータのディスプレイの向きを変えることで、「マウスベースのインタフェースなどの高解像度入力モード」と「タッチインタフェースなどの低解像度入力モード」を切り替えられる技術だとAppleは説明している。ディスプレイの向きの変化を加速度計などのセンサーで検出してモードを切り替え、モードに合わせて入力方法と画面上のユーザーインタフェース(UI)を変更する。

 Appleはこの技術の実装例として、ディスプレイを正面に向けているときはマウス&キーボードモードになり、ディスプレイを平らにするとタッチ入力モードになるデスクトップマシン例や、ノート型コンピュータのディスプレイを反転させるとタッチ入力モードになる例を挙げている。

ah_imac1.jpgah_imac2.jpg マウス&キーボード入力モード(左)とタッチ入力モード
ah_ui1.jpgah_ui2.jpg マウス&キーボード入力モードのUIの例(左)とタッチ入力モードのUIの例

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -