ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MacBook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Mac/iPad - ITmedia PC USER
MacBook - ITmedia PC USER
質問!Macintosh→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でMacintosh関連の質問をチェック
Apple Online Store × ITmedia PC USER

関連キーワード

iPhoneやAirPodsの汚れを落とせる Apple製品専用クリーニングキット「AirCare2.0」発売
ロア・インターナショナルはAirPodsやiPad、iPhone、MacBookなどのデジタルデバイス専用クリーニングキット「AirCare2.0」を発売。汚れを効果的に取り除くために設計され、手の届きにくい細部までクリーニングできる。(2024/2/22)

外出時にスマホの「テザリング」をどうしても使いたくない理由
筆者は日頃から「MacBook Air」と「VAIO Z」の両方で作業をしており、外出先ではスマートフォンのテザリングを使わなければならないことがある。テザリングは覚えておくと便利ではあるが、面倒な部分もある。その理由をお伝えしたい。(2023/12/8)

Innovative Tech:
新MacBook Pro(M3)でも機密情報が漏えい 2020年以降のApple製品全てに脆弱性 米国チームが発表
米ジョージア工科大学などに所属する研究者らは、Mac、iPad、iPhoneなどのApple製品に搭載のSafariを標的としたサイドチャネル攻撃に関する研究報告を発表した。(2023/11/30)

M3ファミリー搭載の新型iMacと16インチMacBook Proを試して分かったこと
Appleが新たに投入したSoC「Apple M3ファミリー」を搭載したiMacとMacBook Proシリーズが発売を迎える。一足先に実機に触れた林信行氏が、試して分かったこととは?(2023/11/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新しい「16インチMacBook Pro」に見るM3 Maxチップの“実力” M1 Ultraチップ搭載モデルからの乗り換えも現実に
Appleが新型「MacBook Pro」を11月7日に発売する。少し遅れて発売される予定の「M3 Maxチップ」を搭載する構成を先んじてレビューする機会を得たので、その実力をチェックしていく。(2023/11/6)

「このイベントはiPhoneで撮影されました」 Appleが新Mac発表イベントの“裏側”を公開
「このイベントはiPhoneで撮影されました」――新チップ「M3」ファミリーになったMacBook Pro/iMacが発表されたAppleのオンラインイベント「Scary Fast.」で最後に表示された文言だが、その撮影の裏側を紹介した「Behind the scenes: An Apple Event shot on iPhone」をAppleが公開した。(2023/11/2)

CIO Dive:
MacBook vs. その他のPCはどちらが“安全でコスパがいい”? 永遠の論争に決着か
Ciscoは13万人の従業員がAppleのPCとそれ以外のPCのどちらかを選択した後のデータを分析した結果を公開した。MacBookとその他のPCはどちらが安全でコスパがいいのだろうか。(2023/11/2)

ついにTouch Barが姿を消す 「MacBook Pro 13インチ」販売終了で
キーボードの上部に配置したタッチパネル式の有機ELディスプレイ「Touch Bar」を搭載する製品がラインアップから完全に姿を消した。(2023/10/31)

最大4画面出力可能:
M3ファミリー搭載でさらに高速になった「MacBook Pro」登場 上位モデルには新色「スペースブラック」を用意 25万円弱から
Appleが、新型の「Apple M3チップファミリー」を搭載するMacBook Proを発売する。上位の「M3 Proチップ」「M3 Maxチップ」を搭載する構成については、スペースグレイに代わる新色「スペースブラック」を用意する。(2023/10/31)

Appleが新型M3ファミリーを発表!  M3 MaxはM1 Max比で最大80%高速化
Appleがスペシャルイベントにおいて、新型Apple SiliconのM3ファミリーを発表、同時にMacBook ProとiMacの新モデルを投入した。(2023/10/31)

さようなら「Touch Bar」 MacBook Pro 13インチ販売終了で、搭載モデルが姿を消す
米Appleは10月30日(現地時間)、新型「MacBook Pro」の発表にともない、「M2」チップを搭載したMacBook Proの13インチモデルの販売を終了した。これにより、MacBook ProとしてTouch Barを搭載したモデルは姿を消すことになる。(2023/10/31)

「M3」チップになったMacBook Pro発表 新色「スペースブラック」も 24万8800円から
米Appleは10月30日(現地時間)、オンラインイベント「Scary fast.」にて、新型「MacBook Pro」を発表した。14インチと16インチの2モデルを用意する。同日より予約注文を開始し、11月7日に発売する。(2023/10/31)

「15インチMacBook Air」を買うべき人は? ベンチマークテストも交えて解説
6月に発売された「15インチMacBook Air」は、15.3型のディスプレイを備えながらも約11.5mmの薄さと約1.51kgの軽さを実現した。その秘密はファンレス設計なのだが、実用的に使えるのだろうか。検証してみたい。(2023/10/30)

「iPhoneはMacBookより安い」は過去の常識? 1TBモデルなら「M2 Air」より「iPhone 15 Pro」が“約3万円高い”
米Appleが発表した新型スマートフォン「iPhone 15 Pro」と「MacBook Air」の価格差がX(元Twitter)上で話題になっている。同じ1TBの製品同士で比較すると、iPhoneがMacBoonk Airを上回っている。(2023/9/13)

ハム太郎、ケアベア……平成の懐かしキャラで埋め尽くしたMacBookがかわいい ファンシーで懐かしいデコレーションに「エモすぎる」「自分の中の幼女が大興奮」
懐かしくて新しいかわいさ。(2023/7/19)

M1 Max搭載14インチMacBook Proが約20万円引き──ヤマダウェブコムで売り尽くしセール
2021年発売の型落ちモデルだが、割安でハイパフォーマンスモデルを手に入れるチャンス。(2023/6/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ベストセラーを“大画面化”した狙いは? 15インチMacBook Airを試して分かったこと
Appleが6月12日「15インチMacBook Air」を発売する。13インチMacBook Air(M2搭載)をそのまま大画面化したようにも見える本機には、画面を大きくしたからこそ得られるメリットもある。早速チェックしてみよう。(2023/6/12)

「15インチ MacBook Air」の実物を触ってきた “薄くて大画面”はシンプルに魅力的
ウワサされていたMacBook Airの15インチモデルが登場した。実際にカタチになってみると、これがなんとも手ごろな、多くの人に勧める魅力的なモデルに仕上がっていた。(2023/6/7)

アップル新製品の実機をチェック 「Vision Pro」「Mac Pro」「MacBook Air 15」を写真で見る
発表されたばかりの「Mac Studio」「Mac Pro」「MacBook Air」「Apple Vision Pro」のハンズオンが実施された。展示のみで触ることが出来なかったため、外観を中心に写真で紹介する。(2023/6/6)

Apple新ハードまとめ 初のMRデバイス、新型Mac ProにMac Studio、MacBook Airには15型追加
米Appleの年次開発会議「WWDC23」で、同社初のMRヘッドセットや新型「Mac Pro」「Mac Studio」、MacBook Airの15インチモデルなどを発表した。(2023/6/6)

どんなWindowsノートPCよりも薄くてパワフルでファンレス! M2チップ搭載「15インチMacBook Air」が6月13日に登場 19万8800円から
AppleがM2チップ搭載のMacBook Airに15.3型ディスプレイを備えるモデルを追加する。6月13日の発売を予定しており、6月6日から販売予約を受け付ける。(2023/6/6)

「MacBook Air」に15インチ登場 1299ドルから
米Appleは6月5日(現地時間)、年次開発会議「WWDC23」において「MacBook Air」の15インチモデルを発表した。価格は1299ドルからで、同日より予約受付を開始した。(2023/6/6)

「WWDC23」でAppleは何を発表する? VR/ARヘッドセットは確実か iOS 17はサイドローディングに対応?
米Appleは6月5日〜9日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC23」を開催します。新しいiOSや15型のMacBook Air、そしてApple初のARヘッドセットなど、いくつかの情報やうわさなど出てきています。WWDC23で何が発表され何が発表されないのか、これまでのリーク情報やうわさなどからいくつか予想してみました。(2023/6/4)

M1 Mac miniが30%引きの6万5000円から M1 Pro MacBook Pro(16インチ)もタイムセール対象に
Amazon.co.jpでM1 Mac miniやMacBook Proが特価販売中だ。(2023/6/2)

最新「AirPods」が5000円近くオフ ビックやヨドバシなどでAppleセール中 MacBook AirやiPadも
ビックカメラやヨドバシ、エディオンなどの家電量販各社でApple製品の新生活セールを3月17日から開催している。期間は3月31日まで。MacBook Airが1万5400円オフになる他、AirPodsの最新モデルを4840円引きで販売する。(2023/3/20)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(71):
Apple「M2」プロセッサ搭載のMacBook Pro/Mac miniを分解する
今回は、Appleのプロセッサ「M2」に焦点を当てる。M2が搭載された「MacBook Pro」「Mac mini」を分解し、M2周りを解析した。(2023/3/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Mac Pro」並みの動画編集能力を持ち運べる! M2 Max搭載「16インチMacBook Pro」の実力を先行チェック
Appleが2月3日に発売する新しい14インチ/16インチMacBook Proは、見た目が全く変わっていないものの、チップ(SoC)がM2 Pro/M2 Maxに変わっており、思った以上にパワーアップを遂げている。M2 Maxチップ搭載の16インチMacBook Proを先行して試してみた上で、インプレッションをお伝えしようと思う。(2023/2/2)

M2搭載「MacBook Air」などが特価 Amazonのタイムセール祭りで(ただし一部完売)
アマゾンジャパンは、2月5日まで「タイムセール祭り」を開催。その中でも、Apple製品を特価販売するキャンペーン「Apple製品がお買い得」を特選タイムセールとして実施している。(2023/2/2)

新型「MacBook Pro」先行レビュー M1 Proと比べてわかったM2 Proの“真の実力”
「Apple Silicon」と呼ばれる自社設計プロセッサーを使うApple。Macでもその方針になってから、2年半近く経過しようとしているが、新たに登場したのが「M2 Pro」「M2 Max」を搭載したMacBook Proである。M2 Proを搭載したMacBook Proを先行レビューする(2023/2/2)

Macの連係カメラに最適なMagSafe対応iPhoneホルダー サンワから
サンワサプライは、iPhoneをWebカメラとして使用するMacの「連係カメラ」機能に最適なMagSafe対応iPhoneホルダー「200-STN073」を発売。MacBookの天板やiMacの裏面に両面テープで貼り付けて使用する。(2023/1/31)

「M2 Pro」に乗り換えるべきか……? M1 ProなMacBook Proユーザーが気になったこと
1月17日の深夜に発表された新型「MacBook Pro」。最大の特徴は何と言っても新チップ「M2 Pro/Max」を搭載していることだが、旧型になった「M1 Pro」を搭載するMacBook Proユーザーの筆者にはどう見えたのだろうか。(2023/1/21)

「MacBook Pro」は高いのに「Mac mini」が安くなった理由をちょっと考えてみた
1月17日の深夜にいきなり発表された新型「MacBook Pro」と「Mac mini」。話題になったのがMac miniのスタート価格である。2022年は歴史的な円安の影響を受けたが、M2に刷新されると8万4800円スタートに。8000円安くなっている。(2023/1/22)

Appleがバッテリー交換料金を値上げ 「修理する権利」との関係は?
Appleが、3月1日からiPhone、iPad、MacBookの保証対象外バッテリーの交換料金を値上げします。日本だけではなく世界中で値上げが行われているので、円安は関係なさそうです。海外で実施しているセルフサービス修理プログラムのバッテリー部品価格も値上げするでしょう。(2023/1/18)

MacBook Proの整備済製品が値下げ M1 Proの14インチベースモデルは22万4800円→20万1800円に
米Appleが、同社認定の整備済製品にて「M1 Pro/Max」を搭載した「MacBook Pro」の価格を引き下げている。1月17日に同社は新チップ「M2 Pro/Max」を搭載したMacBook Proを発表しており、旧モデルとなったことから価格改定が入ったものと思われる。(2023/1/18)

最大メモリ96GB:
M2 Pro/Maxチップを搭載した14/16インチ「MacBook Pro」が登場! 価格は28万8800円から
「MacBook Pro」の14インチモデルと16インチモデルが、搭載するSoC(プロセッサ)を一新する。CPUコアやGPUコアを強化した「M2 Proチップ」「M2 Maxチップ」を搭載することで、よりクリエイティブな作業に適したパフォーマンスを身につけた。(2023/1/18)

「M2 Pro」「M2 Max」登場 旧チップ比でCPUは最大20%、GPUは最大30%高速とアピール
米Appleは1月17日、新型「Mac mini」と「MacBook Pro」の発表にあわせ、新チップ「M2 Pro」「M2 Max」をお披露目した。同社のハイエンドチップ「M1 Pro」「M1 Max」の後継にあたる。(2023/1/18)

新MacBook Pro登場 「M2 Pro/Max」搭載、メモリは最大96GBに
米Appleは1月17日、「MacBook Pro」の新モデルを発表した。14インチと16インチの2つのモデルに最新のハイエンドチップ「Apple M2 Pro」および「Apple M2 Max」を搭載している。(2023/1/17)

今週中に「Mac mini」と「MacBook Pro」の新モデルが発表される?
今週中にAppleの新製品が発表されるとの噂が出ている。Apple関連の話題を扱うAppleTrackが、今週中にM2チップ搭載のMacBook ProかMac miniが発表されるかもしれないと言及。各著名リーカーも近日中に何かしらの発表があると予想している。(2023/1/17)

Appleが「タッチパネル搭載Mac」を開発中? Bloomberg報道
Appleは過去10年間、Macにタッチスクリーンを搭載することを否定してきただけでなく、あえてこの機能を提供する競合他社をあざ笑ってきたが、その方針は変わり、2025年に向けてタッチスクリーンを搭載した新しいMacBook Proの開発に着手しているとBloombergが伝えている。計画通りに進めば、その後、他のMacにもタッチ機能を追加することになりそうだという。(2023/1/16)

Apple、バッテリー修理代金を3月1日に値上げへ(iPhone、iPad、MacBook)
AppleのiPhone、iPad、MacBookのバッテリー修理代金が3月1日に値上げされる。対象は保証対象外のもの。例えばiPhone 14より前のモデルの場合、3000円の値上げだ。(2023/1/3)

買ってよかったもの2022:
M2の“Air”ではなくあえて「MacBook Pro 14インチ」を選んだワケ 2022年買ってよかったもの
2022年、Appleは新型「MacBook Air 」を発表したが、筆者はあえて「MacBook Pro」の14インチを選んだ。だいぶ個人的な理由もあるが「2022年に買ったもの」として簡単に振り返りたい。(2022/12/30)

ギークによるギークのための贈り物リスト【第2回】
MacBookやiPhoneなど要らない――そんなギークに喜ばれる一押しデバイスとは?
ギークへの贈り物を選ぶ際、当たり障りがなく、かつ“刺激的”な贈り物を選択するには、どうすればよいのか。そのヒントになり得る、モバイルデバイスの贈り物の候補を紹介しよう。(2022/12/30)

ギークによるギークのための贈り物リスト【第1回】
MacBookもiPhoneも買える“リッチなAppleファン”が喜ぶ「安い贈り物」とは?
Appleデバイスは決して安価ではない。そうしたデバイスを購入できるほどの余裕があるAppleファンには、どのような贈り物が喜ばれるのだろうか。ギークの意見によると、さほど高くない“ある贈り物”が候補になる。(2022/12/30)

マスク氏のNeuralink、脳埋め込みデバイス披露イベントでテキスト入力するサルを紹介
イーロン・マスク氏率いるNeuralinkが脳埋め込みデバイスの進捗披露イベントを開催。デバイスを埋め込んだサルがMacBookにテキストを入力する動画を公開した。マスク氏は半年以内に人間の臨床試験が可能になると語った。(2022/12/1)

Innovative Tech:
MacBook Proの“ノッチ”でマウス操作が遅くなる問題を改善、その方法は? 明治大が実証
明治大学宮下研究室に所属する研究者らは、MacBook Pro(2021)のノッチ部分(描画が行われない黒い領域)によってカーソルが隠れ、マウス操作が遅れることで作業効率が低下する問題を改善した研究報告を発表した。(2022/11/21)

Innovative Tech:
MacBook Proの“ノッチ”でマウス操作が遅くなる? Windowsで再現、明治大が1万回以上テストし検証
明治大学宮下研究室の研究チームは、MacBook Pro(2021)に搭載するノッチがマウス操作に与える影響を検証した論文を発表した。ノッチによって、マウスの操作時間とエラー率に与える影響を調査した。(2022/8/29)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(65):
“同心円”を広げるApple、M2搭載MacBook Pro分解で読み解くチップの内製化
前回に引き続き、2022年6月にAppleが発売した、「M2」プロセッサ搭載の「MacBook Pro」について報告する。内部の主要チップを開封し、過去のApple製品に搭載されているチップと比較してみると、Appleが社内でのIP共通化を徹底して進めていることが明らかになった。(2022/8/24)

次期MacBook Pro 14/16、2022年4Qに量産開始か アナリスト予想
TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が、新しいプロセッサを搭載した次期14インチと16インチのMacBook Proは、2022年の第4四半期に量産を開始するとツイートしている。(2022/8/23)

M1 MacBookを自分で修理 Appleが米国で専用プログラム 純正パーツや工具類を提供
米Appleは、ユーザー自身でMacを修理する「Self Service Repair」の提供を米国で開始した。8月23日より「Apple M1」チップを搭載したMacBookシリーズを対象に、修理マニュアル/純正パーツの提供と専用の修理ツールキットのレンタルを始める。(2022/8/23)

Apple、新型Mac miniとMacBook Proを2022年後半に発表か?
2023年までには、新しいMac Pro、iMac、15インチMacBook Airが登場するとも予想。(2022/8/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。