ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年10月27日 17時57分 UPDATE

Microsoftのバーコード「Microsoft Tag」が20億以上印刷されたと発表

Microsoftが、カラーの2次元バーコード「Microsoft Tag」の普及ぶりをアピールしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月26日(現地時間)、5月に正式版をリリースしたバーコードツール「Microsoft Tag」で生成されたコードが10億個以上印刷されたと発表した。2009年1月のβ版リリースからの累計では20億個以上になるという。

tag Microsoft Tagの例(Get Married誌)

 Microsoft TagはQRコードのような2次元バーコード。一般的なモノクロのQRコードと異なり、ブランドロゴなどをカラーで織り込むことができる。Windows Liveアカウントで同サービスのWebサイトにログインすれば無料で利用できる。Tagに書き込める情報は、テキストや画像、Webサイトへのリンクなど。名刺やポスター、雑誌、製品パッケージなどに印刷して使用するのが一般的だ。現在、Windows Mobile、iPhone、Symbian、BlackBerry、Android、J2ME向けのタグリーダーが提供されている。

 Microsoftは、スマートフォンの急速な普及により、Microsoft Tagは企業にとって有力なマーケティングツールになりつつあるとしている。モバイル向け広告キャンペーンを手掛ける米Nellymoserの調査によると、Microsoft Tagは広告やコンテンツ内にバーコードを印刷している100誌以上の雑誌の80%以上で採用されているという。

 Microsoftによると、キヤノン、米Kellogg、米Proctor & Gamble、出版大手の米Simon & Schuster、Toyota Motor Sales U.S.A.などさまざまな業界の企業がMicrosoft Tagを採用している。

 バーコード関連サービスとしては、米Googleが地域ビジネス向けサービスGoogle PlacesでQRコードを提供しているほか、URL短縮サービスの「goo.gl」にQRコードを自動生成できる機能を追加している。

変更履歴:タイトルを「MicrosoftのQRコード」としておりましたが、QRコードは商標のため、「Microsoftのバーコード」に訂正いたしました。[2010/10/28 5:10]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.