ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「二次元コード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「二次元コード」に関する情報が集まったページです。

厚労省のアプリに代替案はあるのか:
キャリアのGPSを使う? アプリをプリインストール? QRコードにキャッシュレス?――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)リモート大作戦!02 #イベントレポート #完全版
日本国は巨大プラットフォーマーに負けたのか?――Apple、GoogleのAPIを採用して作った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触確認アプリは最適なのか、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が適度な距離を保って議論した。※本稿は2020年6月10日に収録したオンラインセミナーの内容に加筆修正を加えたものです(2020/7/29)

楽天ペイアプリでSuicaを発行してみた どんな人にメリットがある?
楽天の決済サービス「楽天ペイ」にSuica機能が追加されて利用できるようになり、これまでよりも便利に使えるようになった。そこで楽天ペイでSuicaを使えるようにする際のポイントと、その活用についてご紹介しよう。(2020/6/12)

10万円給付金をネット申請できるのは一部だけ? 「マイナポータル」にログインしてみた
政府は、国民に一律10万円を支給する緊急経済対策を閣議決定した。給付金の申請はネットからも行えるが、ポータルサイト「マイナポータル」にマイナンバーカードを“読み込ませて”ログインする必要があり、すでにマイナンバーカードと対応スマホなどを持つ人の特権となりそうだ。(2020/4/21)

推しが「どうぶつの森」に現れる! マイデザインで作った欅坂や48グループのアイドル衣装の完成度がすごい
無人島でMV再現したくなるやつ。(2020/3/25)

物流・リテール業界向けの堅牢設計タブレット
HPCシステムズは、物流およびリテール業界向け堅牢設計タブレット端末「EDGE-PAD104C」「EDGE-PAD104R」を発表した。(2020/3/13)

イオン、レジに並ばず買い物ができる「レジゴー」開始 専用スマホで会計
イオンリテールは3月から、レジに並ばずに買い物できる新サービス「どこでもレジ レジゴー(以下、レジゴー)」を本格展開する。貸し出し用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジの2次元バーコードを読み取り、買物データを連携。最後に支払い方法を選択するだけで簡単に会計できる。(2020/2/27)

イオン、貸し出しスマホでスキャンしながら買い物ができる「レジゴー」を開始へ
イオンリテールは2020年3月から、店頭に用意された専用スマホを持って、商品をスキャンしながら買い物ができる「レジゴー」を本格展開する。“レジに並ばない買い物スタイル”の提供により、買い物客の利便性向上や満足度向上を図る。(2020/2/27)

竹中工務店がロボット運用の「BIMプラットフォーム」構築、2020年度中に本格運用
竹中工務店は、機械学習を活用した分析や検索などのサービスを提供しているブレインズテクノロジーに委託し、BIMモデルを地図データに活用したロボット運用のプラットフォームを構築した。近年、清掃ロボットや建設資材の自動搬送、品質管理の記録など、適用領域が拡大している多様なロボットを同一のプラットフォーム上で管理することで、効率的な運用が可能になり、共通仕様によるソフトウェアなどの開発スピードアップも見込む。(2020/2/18)

小銭不要のガチャガチャ、6月からレンタル可能に PayPayなどコード決済に対応
(2020/1/21)

VRニュース:
誰でも簡単にWebARを作成できるオンラインツールの提供を開始
palanは、Webサイト上でARを体験できる「WebAR」の作成ツール「palanAR」の提供を開始した。簡単な操作だけで、アプリケーションがなくてもWebARを作れる。(2019/12/23)

学習プロセスを効率化:
新商品の事前学習は不要 画像認識型無人レジシステムが実証実験へ
東芝テックとNTTコミュニケーションズは、効率的な商品画像の学習ができる「画像認識型無人レジシステム」の実証実験を行う。NTT独自のAI技術により、少数の商品画像で学習でき、事前の画像認識作業を削減できる他、未登録商品は購入時のスキャン画像を基に商品情報を自動生成する。(2019/12/2)

GitHub、OSSのソースコードを1000年単位で保存 2次元コード化しフィルムに印刷、人類の共有財産として永久凍土の下に保管へ
米GitHubが、GitHub上にあるOSSのソースコードを、人類の共有財産として1000年にわたり保存する取り組み「GitHub Archive Program」を発表した。(2019/11/15)

いまさら聞けないumati入門(2):
EMO2019に見る「umati」最前線、工作機械110台がつながった「umati@EMO2019」企画
工作機械の共通インタフェースとして注目を集める「umati」。「umati」とはどういう規格なのか、どう活用すべきかなどについて紹介する本連載だが、第2回はドイツの金属加工展「EMO2019」で紹介された特別企画「umati@EMO2019」について紹介する。(2019/11/8)

スマート工場最前線:
最先端スマート工場の秘訣は日本式にあり? カギはスモールスタートとリーン製造
世界経済フォーラムが2018年に発表した世界で最も先進的な工場の1つに選ばれた、シュナイダーエレクトリックのル・ヴォードライユ工場。世界最先端のスマート工場ではどのような取り組みが行われているのだろうか。同工場でのスマート工場化への取り組みを紹介する。(2019/11/6)

「そもそも○○Payって何?」 ITオンチの漫画家がコード決済を使えるようになるまで
漫画家サダタローと編集担当Kが、「そもそも○○Payって何?」「どのサービスを使ったらいいの?」といったギモンを解消していきます。(2019/10/29)

TSUTAYAがPayPay導入
「TSUTAYA」でPayPayが利用できるようになった。(2019/10/1)

コード決済の読み取り時間を短縮 SB C&Sが「SmartBox」を国内独占販売
SB C&Sは、9月24日に二次元コードリーダー「SmartBox(スマートボックス)」の国内独占販売を開始。ユーザー側の二次元コードを読み込めば決済できるため、双方の負担が大幅に削減される。また、イベントチケットやクーポンなどあらゆる二次元コードの読み込みに使用できる。(2019/9/24)

巨大化ポケモンを写真に合成! Webコンテンツ「Pokemon ダイマックスカメラ」ゲームに先駆けて提供
スマホのブラウザで楽しめるコンテンツです。(2019/9/20)

PR:情シスを悩ます「テレワーク導入の壁」を突破する方法
(2019/9/30)

デジタル×リアル:
電通テック、既存のMAツールと連携しDMを自動で印刷・発送する「Direct→One」を提供開始
オンラインとオフラインを融合させ、企業のCRM活動を支援するパーソナライズドDMソリューション。(2019/9/4)

宅急便の発送手続がスマホで完結 ヤマトが新サービス
ヤマト運輸は、9月3日に宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できる新サービスをスタート。専用サイトで住所など必要事項を入力し、ヤマト運輸直営店に持ち込めば発送できるようになる。(2019/9/3)

PR:さよなら満員電車、「テレワーク」の課題解決に挑むe-Janネットワークス
(2019/9/4)

メルカリで売れた商品、宅配ロッカー「はこぽす」から発送OK 首都圏4カ所に試験導入
「メルカリ」で売れた商品を、日本郵便が駅などに設置している宅配ロッカー「はこぽす」から発送できるサービスを、首都圏の4カ所で試験的に始めた。(2019/7/10)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

機械なぞ要らぬっ! 肉眼のみで解読するバーコード入門
読める……読めるぞ……?(2019/6/25)

メルカリにクルマ出品、簡単に 車検証のQRコード読むだけで車種など自動入力
フリマアプリ「メルカリ」で、自動車を出品する際の入力作業を省力化する「車検証2次元コード出品」機能がリリース。車検証のQRコードにスマートフォンのカメラをかざすだけで、メーカー名や車種・車検証の期限などの商品情報が自動入力される。(2019/6/13)

ついに未来くる!! Amazonがドローン配送「Prime Air」商用サービス開始へ 「数カ月以内」にスタート
日本でも早く!!(2019/6/7)

ヤマト運輸が24時間営業のセルフ型店舗、フリマユーザーのニーズくみ取る
ヤマト運輸が24時間営業のセルフ型直営店を豊洲にオープンすると発表した。(2019/5/29)

バンダイ、キャッシュレス決済対応のカプセルトイ自販機を導入 交通系電子マネーで回せるぞ
将来的には二次元コード決済などへ対応する予定。(2019/4/18)

小銭不要 キャッシュレス決済に対応したカプセルトイ自販機、都内で稼働
バンダイがキャッシュレス決済に対応したカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」を展開する。Suicaなど交通系電子マネーの読み取り機と5台のカプセルトイ自販機をセットにしてJR池袋駅のKIOSKなどに設置した。(2019/4/18)

モビリティサービス:
スマホの画面が乗車券や各種チケットに、目的地検索から1つのアプリでカバー
ジョルダンは2019年3月26日、東京都内で記者会見を開き、目的地への経路検索や乗車券の購入、発券までをスマートフォンアプリで完結させる「モバイルチケット」の提供を同年5月から開始すると発表した。同社は欧米で公共交通チケットサービスを展開するMasabiと2019年1月に総代理店契約を締結。Masabiのシステムとジョルダンの乗り換え案内サービスと連携させてモバイルチケットを展開する。(2019/3/27)

現場管理:
資機材のデジタル在庫管理と位置情報や稼働状況をリアルタイムで“見える化”、鹿島建設
鹿島建設は、既存の識別タグを利用してあらゆる資機材の現場への出入りを把握する在庫管理システム「KENLOGI(ケンロジ)」と、資機材の現場内での位置情報や稼働状況をリアルタイムに確認する「K-Field(ケイ・フィールド)」を開発した。(2019/3/12)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
そのキャッシュレス、本当にスマホやQRが必要ですか?
参入障壁の低さから、コード決済が乱立する日本。だが、スムーズな決済をする上で、本当にスマホやコード決済が必要なのかは疑問だ。真に重要なのは「ユーザー体験」だと考える。(2019/3/9)

リテールテックJAPAN2019:
店舗はどう“キャッシュレス”と向き合うべきか パルコとローソンの戦略
「リテールテックJAPAN」でパルコとローソンの関係者がセミナーに登壇し、両社のキャッシュレスに関する取り組みを紹介した。両社に共通しているのは、キャッシュレス化が目的ではない。その先に何を求めているのかが重要というスタンスだ。(2019/3/6)

JavaでQRコードの生成も可能:
PDF出力やバーコード生成機能を新装備、Java用のExcelファイル生成コンポーネントがバージョンアップ
アドバンスソフトウェアは「ExcelCreator for Java」をバージョンアップした。新たにPDFやHTML形式のファイルの出力機能と、バーコードを生成する機能を備えた。(2019/2/12)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ:
Android 8.1搭載の7型タブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」、頑丈設計ながら薄型軽量
パナソニック モバイルコミュニケーションズは、7型頑丈タブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」を国内法人向けに2019年2月14日から順次販売開始することを発表した。(2019/2/4)

パナソニック、法人向けタフネスタブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」2月14日に発売
パナソニックは、2月14日に7.0インチの法人向けタブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」を発売する。過酷な環境にも耐える薄型のタフネスモデルで、クリアなハンズフリー通話にも対応。バーコードリーダー搭載モデルも用意し、着脱式バッテリーなど現場で役立つ機能を備えている。(2019/1/28)

半径300メートルのIT:
海外旅行の新常識? iPhone XSの新機能「eSIM」を使ってみた
iPhone新機種「iPhone XS」に加わった「eSIM」は、オンライン契約さえすれば、海外のキャリアを使って通信できるという優れた機能です。その中身を、海外キャリアが提供するサービスを使って検証してみました。(2019/1/8)

ポケモンGOの対人戦は「さくっと遊べて戦略性も」 報酬に「シンオウのいし」
米Nianticが「ポケモンGO」にプレーヤー同士の対戦機能「トレーナーバトル」を追加すると正式に発表しました。ポケモンバトル本来の戦略性とスマホゲームならではのシンプルさ——その両立を目指しました。(2018/12/4)

決済データ×広告で何が変わるのか(後編):
元ココカラファイン郡司 昇氏、ライオン横手弘宣氏と語る次世代の店舗
リテールテックの先にある小売業やメーカーの未来とは。(2018/12/4)

パナソニック、バーコードリーダーを搭載した頑丈ボディーの4.7型Android端末「FZ-N1」新モデルを発表
パナソニック モバイルコミュニケーションズは、4.7型Android端末「FZ-N1」の新モデルを発表した。(2018/11/20)

糖質が気になる人に 「お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー」イオンから登場
ご飯のかわりに、炒飯やリゾットにもなる……野菜!?(2018/11/14)

渡邉理佐のおすすめは「ハラコ」 菅井友香&長濱ねる&渡辺梨加の笑顔満開“永谷園×欅坂46”発表会レポート
【画像66枚】イベントでほほ笑む欅ちゃんたちをいっぱい撮ってきた!(2018/11/1)

アプリを使うとゆうパックが180円引きに 「ゆうパックスマホ割」スタート
ゆうパックがスマホアプリ対応に。(2018/9/27)

半径300メートルのIT:
ぴあ、アララ、トレンドマイクロ――情報漏えい事件の後に“支持される企業”と“たたかれる企業”の違い
一度起こってしまった情報漏えい事故は、なかったことにできない。だからこそ問われるのが、事件後に各企業がとった対応です。さまざまな“事件”を巡って彼らの評判を分けたものとは、一体何だったのでしょうか。(2018/9/19)

9月12日のAppleイベント、招待状に仕掛け
Appleは、9月12日にスペシャルイベント「Apple Special Event September 2018」を開催すると発表した。(2018/8/31)

「ヤフオク!」がヤマト運輸「ヤフネコ!パック」での匿名配送を提供開始 住所や名前を知らせずに商品を配送可能
より匿名配送が利用しやすくなりました。(2018/8/27)

「ヤフオク!」の匿名配送サービス拡大 ヤマトの宅急便でも利用可能に
ヤフーが「ヤフオク!」の匿名配送サービスを拡充。ヤマト運輸と連携し、割引価格で宅急便などが利用できる「ヤフネコパック!」でも、出品者と落札者が互いの住所を知らせることなく荷物を送れるようにした。(2018/8/27)

ポケモンGO、「タリーズ」のイベント参加券は7月24日から配布 「ジム」の店舗は対象外
Nianticがスポンサー企業と実施する「Pokemon GO(以下、ポケモンGO)」のイベント「スペシャル・ウィークエンド」。この開催場所の1つであるタリーズコーヒーでの参加券入手方法が判明。7月24日から、参加券付きのドリンクが販売される。(2018/7/19)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
ECで流通を革命したAmazon 今なぜリアル店舗に注力するのか
ECで世界の流通と小売を革命した米Amazon.com。20年以上の歴史の中で何を行い、これから何を目指そうというのか。米国での動向を紹介しつつ、世界の流通と小売に多大な影響を与え続ける同社の戦略を分析する。(2018/7/5)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。