ニュース
» 2010年12月13日 08時10分 UPDATE

Google、Android Marketのアップデートを発表 開発者の不満にも対応

ユーザーインタフェースが改善され、アプリを探しやすくなるほか、有料アプリの返品期限を24時間から15分に短縮し、登録できるアプリサイズを倍にするなど、開発者向けの配慮もみられる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月10日(現地時間)、スマートフォン向けアプリストアAndroid Marketをアップデートすると発表した。向こう2週間のうちに、Android 1.6以上を搭載する端末を対象に、ユーザーインタフェース(UI)の向上や返品ルールの変更などが行われる。

 Android Marketにアクセスすると最初に表示される注目アプリのページにある「アプリケーション」「ゲーム」「ダウンロード履歴」のタブがアイコンに変わり、米AppleのiPodでなじみのあるカバーフローのような回転式のアプリ画像閲覧方式になった。ユーザーは中心に表示されたアプリ画像をタップすることで、そのアプリのダウンロードページに飛べる。

 カテゴリに「Widgets(ウィジェット)」と「Live Wallpapers(ライブ壁紙)」が追加される。今後さらにカテゴリを追加していく計画だ。また、アプリの詳細ページからもタブが消え、関連するアプリなどをページを移動せずに見られるようになる。

 android

 開発者向けの改良点として、有料アプリの返品期限の短縮を行う。従来購入から24時間以内であれば返品を受け付けていたが、これを15分にする。Googleは、現在返品するユーザーのほとんどが購入から数分以内に実行している実態を反映したものだが、これによって開発者は「より効果的にビジネスを管理できる」と説明している。有料ゲームなどのコンテンツを24時間使って返品するユーザーに関する開発者の不満に対応したものだ。

 また、画面サイズと解像度別のアプリの提供が可能になり、アプリのファイル(.apk)サイズの上限を25MBから50Mバイトに拡大した。これにより、さらにリッチなゲームの提供が可能になるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -