ニュース
» 2011年01月20日 07時00分 UPDATE

第3四半期のタブレット市場、iPadが約90%占める

世界メディアタブレット市場はiPad人気にけん引されて好調に伸びている。2011年以降はAndroidタブレットも伸びてくる見通しだ。

[ITmedia]

 AppleのiPadの人気にけん引され、世界メディアタブレット市場は急成長している――調査会社IDCがこのような調査結果を公開した。

 2010年第3四半期のタブレットの出荷台数は480万台で、前期から45.1%伸びた。iPadが87.4%のシェアを占めた。

 IDCは、タブレットの好調は第4四半期も続くとみており、2010年通期の出荷台数は約1700万台と予測している。2011年には4460万台、2012年には7080万台にまで増える見通し。2011年以降はAndroidなどiOS以外のOSを搭載したタブレット、価格と機能の競争、消費者および法人市場での需要が成長をけん引すると同社は考えている。

 電子書籍リーダーの第3四半期の出荷台数は前期比40%増の270万台。Amazonが41.5%のシェアを占め、Pandigital(シェア16.1%)、Barnes & Noble(15.4%)、ソニー(8.4%)がそれに続く。

 2010年の電子書籍リーダー出荷台数は1080万台の見通しで、2011年には1470万台、2012年には1660万台に伸びる見込みという。価格競争やカラー画面端末、電子書籍の提供拡大などが後押しになるとIDCはみている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -