ニュース
» 2011年03月03日 11時39分 UPDATE

任天堂、3DS向け「スーパーマリオ」開発明らかに

任天堂は3DS向けにスーパーマリオシリーズの新作を開発していることを明らかにしたほか、米国向け無料Wi-Fiホットスポットサービスなどを発表した。

[ITmedia]

 任天堂は3月2日、3DS向けの「スーパーマリオ」を開発していることを明らかにした。

ah_3ds.jpg

 同社の岩田聡社長はこの日米国で開催のGDC(Game Developers Conference)で講演し、3DS向けにスーパーマリオシリーズの新作を開発していると語った。Wiiの「スーパーマリオギャラクシー」「スーパーマリオギャラクシー2」と同じチームが開発しているという。発売時期は明らかにしていない。

ah_mariologo.jpgah_mario.jpg

 同社は米国の3DSユーザー向けサービスも発表した。3DSユーザーは、1万カ所以上にある米キャリアAT&TのWi-Fiホットスポットに自動的に無料で接続できる。このサービスは5月のシステムアップデートで利用できるようになる。また動画配信サービスNetflixの会員は、夏から3DSに映画などのコンテンツをストリーミングできる。3DSは米国で3月27日に249.99ドルで発売される。

 任天堂は5月末に3DSのシステムアップデートを配布し、オンラインショップ「eShop」をスタートする。アップデートにより、ハリウッド映画の予告編やミュージックビデオなどのショートムービーの視聴、ゲームボーイ、ゲームギア、TurboGrafx-16(PCエンジン)の古典ゲームのダウンロード、古典ゲームを3D化した「3D Classics」、DSiのDSiWareゲームの3DSへの転送機能などが利用できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -