ニュース
» 2011年05月12日 05時58分 UPDATE

Googleの「Chromebook」が一般発売へ まずはSamsungとAcerから

GoogleのChrome OS搭載NetbookがSamsungとAcerから6月15日に米国ほか数カ国で発売される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月11日(現地時間)、開催中の年次開発者会議「Google I/O 2011」において、Chrome OS搭載のNetbook、「Chromebook」を6月15日に一部の地域で発売すると発表した。韓国のSamsungと台湾のAcer製の製品が、米国ではAmazon.comとBest Buyでオンライン販売される予定。

 6月15日に発売されるのは、米国、英国、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スペインのみ。数カ月中に販売国を拡大するとしている。

 Chromebookは、昨年12月に申し込み制のパイロットプログラムで一部のユーザーに無料配布したChrome OS搭載Netbookの製品版。Chrome OSは同社が2009年7月に立ち上げたオープンソースのOSで、アプリケーションやユーザーデータのほとんどをWeb上で提供するのが特徴。そのためPCの起動時に多様な設定を読み込む必要がなく、起動後数秒でアプリを利用でき、どこからでもデータにアクセスできるとGoogleは説明する。また、オプションで3Gでの通信が可能だ。

 ChromebookではGoogle DocsやGmailなど、Googleの各種Webサービスが利用できるほか、Google Chrome Storeからサードパーティー製のアプリをインストールすることもできる。

 Samsungの「Series 5」はIntel ATOM Processor N570搭載でストレージは16GバイトのSSD。液晶ディスプレイは12.1インチ。2つのUSBポートと、SDカードスロットを備える。バッテリー持続時間は稼働状態で8.5時間。サイズは29.46×21.84×2.032センチで重量は1.48キロ。Wi-Fi版と3G版があり、3G版は別途通信キャリア(米国の場合はVerizon Wireless)との契約が必要だ。価格はWi-Fi版が429ドル、3G版が499ドル。

 samsung 色は黒と白の2色

 Acerの「Chromebook」もIntel ATOM Processor N570搭載でストレージは16GバイトのSSD。液晶ディスプレイは11.6インチ。2つのUSBポートと、SDカードスロットを備える。バッテリー持続時間は稼働状態で6時間。重量は1.34キロ(Amazonに表示されているサイズはSamsungと同じになっており、誤りと思われる)。こちらもWi-Fi版と3G版があり、価格はWi-Fi版が349ドル。

 acer

 Googleは、企業と教育機関向けのChromebook提供プログラムも発表した。「Chromebooks for Business」には、Chromebookと、ユーザーおよびクラウド上のデータを管理するためのWebコンソール、ユーザーサポート、ハードウェア保証などで構成されており、ユーザー当たり月額28ドルから。教育機関向けの「Chromebooks for Education」はユーザー当たり月額20ドルから。既に米American Airlines、スイスのLogitechなどがパイロット顧客として同プログラムを利用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -