ニュース
» 2011年09月13日 19時14分 UPDATE

Webサイトを「15分で」無料作成――Google、中小企業向けWebサイト作成支援サービス

企業のWebサイトを15分で作成できる「みんなのビジネスオンライン」をGoogleがスタート。KDDIと協業する。

[本宮学,ITmedia]
photo KDDIの田中孝司社長(左端)、中小企業基盤整備機構の前田正博理事長(右から2番目)、Google日本法人の有馬誠 代表取締役(右端)ら

 Googleは9月13日、中小企業向けWebサイト作成支援サービス「みんなのビジネスオンライン」を発表した。14業種に対応している84種類のテンプレートを活用することで、「知識や経験がなくてもわずか15分で」Webサイトを作成できるという。「.jp」などの独自ドメインも利用できる。今後1年間で15万社への導入を目指す。

 KDDIウェブコミュニケーションズのWebサイト作成支援サービス「Jindo」をベースに開発。Jindoでは有料だった独自ドメインの取得を無料で行えるようにしたほか、アクセス解析サービス「Google Analytics」も標準搭載した。

 メールマガジン発行、検索エンジン最適化、eコマース、スマートフォン最適化、フォトギャラリー作成といった機能も備える。オンライン・電話でのサポートや、全国の商工会議所を通じたWebサイト作成セミナー開催なども実施する。

 料金は最初の1年間は無料。2年目以降も継続して利用する場合は月額1470円。

photophoto

 Google日本法人の有馬誠 代表取締役は、インターネット利用者全体のうち93%が過去1年間にオンラインショッピングを利用している──という同社の調査結果を引用し、「Webサイトを持っていない多くの中小企業は、ビジネスの機会を損失している」と指摘。その上で、「必ずしもECサイトを作らなくても、自社がどのようなビジネスを行っているかという情報をオンライン化すれば、ビジネスチャンスを広げられる」と中小企業に対し新サービスをアピールする。

 同サービスの中小企業への浸透・展開を担当する、中小企業基盤整備機構の前田正博理事長は「新たな販路の開拓や新規顧客の獲得は、中小企業にとってハードルの高い問題。また、多くの中小企業ではITが十分に活用されていない現状がある。Googleが中小企業のWebサイト作成を支援することに、大いに期待している」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -