ニュース
» 2012年05月30日 21時09分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2012:「これ、すごいな」 KDDI・田中社長がドコモブースを“偵察”

「これ、すごいな」。KDDIの田中社長がワイヤレスジャパン2012でドコモブースを訪問。数々の新技術を体験し、「いやー、本当に面白かったです」

[本宮学,ITmedia]
photo ドコモの新技術を体験するKDDI田中社長

 「これ、すごいな」――KDDIの田中孝司社長は5月30日、「ワイヤスジャパン2012」(6月1日まで、東京ビッグサイト)に出展中のNTTドコモブースを視察した。田中社長はドコモの“透けるスマートフォン”や「3Dライブコミュニケーションシステム」などの新技術を体験し、「いやー、本当に面白かったです」と笑顔で感想をつぶやいていた。

 田中社長がまず体験したのは、しゃべった言葉を“実体化”しながら仮想空間上でコミュニケーションできる3Dライブコミュニケーションシステム。体験ブース内で説明員に「お名前は?」と尋ねられると「田中でございます」と返答し、突然のサプライズに集まった観客をよろこばせた。

photophoto 体験ブースで「田中でございます」と田中社長(写真=左)、仮想空間上の田中社長(写真=右)

 3Dライブコミュニケーションシステムでは、ユーザーが発声した「月・火星旅行」などのキーワードに応じて仮想空間上で“ワープ”し、「普段行けないような場所」(説明員)での“仮想旅行”を楽しむこともできる。田中社長はタブレット上に広がる「明治時代の東京」旅行を体験し、「いやー、本当に面白かったです」と話していた。

 次に田中社長が向かったのは、透過型ディスプレイの両面にタッチパネルを搭載した「透過型画面タッチディスプレイ端末」のコーナー。田中社長はドコモの山田隆持社長とともに説明員の話を聞き、実際に“透けるスマホ”を触って体感していた。

photo “透けるスマホ”を触る田中社長
photo 田中社長の隣にはドコモの山田社長が

 「これ、すごいな」。田中社長が思わずそうつぶやいたのは、ドコモが6月1日から提供予定の「メール翻訳コンシェル」。受信した英語や韓国語のメールを日本語に自動翻訳してくれる新サービスを体験した田中社長は「これ、すごいな」とつぶやき、山田社長とともに笑顔でブースを後にした。

photo メール翻訳コンシェルを体験する田中社長
photophoto 韓国語で受信したメールを日本語に自動翻訳し、返信することもできる。メール翻訳コンシェルは6月1日から提供される予定だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -