ニュース
2016年01月20日 07時12分 UPDATE

バッテリー残量表示問題修正はまだ:「iOS 9.2.1」配信開始──13件の脆弱性対処やバグ修正など

今年初のiOSアップデートはバグ修正とセキュリティアップデートが中心。このアップデートでは、iPhone 6s/6s Plusのバッテリー残量表示問題の修正はないが、修正された脆弱性は13件に上る。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは1月20日、「iOS 9.2.1」の配信を開始した。バグ修正、脆弱性への対処が中心だ。

 米Ars TechnicaがAppleに確認したところによると、このアップデートではiPhone 6s/6s Plusのバッテリー残量表示問題は修正されなかったという。

 ios

 ソフトウェアアップデートの画面の説明によると、MDMサーバを使用している場合にアプリのインストールを完了できないことがある問題などのバグ修正が含まれる。

 セキュリティアップデートでは、計13件の脆弱性に対処した。

 アップデートはiPhoneやiPad単体から、またはiTunes経由で行える。端末からのアップデートは、Wi-Fiに接続して「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行う。アップデート用のファイルは33MB。

 なお、同日「OS X El Capitan」の「10.11.3」のアップデートも開始された。こちらもバグ修正およびセキュリティアップデートが中心だ。

変更履歴:当初、タイトルのバージョン記載が誤っておりました。お詫びして訂正いたします。[2016/1/20 7:30]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -