ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年04月11日 08時21分 UPDATE

Google、「Android Studio 2.0」正式版リリース 3倍高速に

GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)の「Android Studio 2.0」の正式版をリリースした。コードの書き換えをすぐに確認できる「Instant Run」やクラウド経由のテスト環境「Cloud Test Lab」などの新機能が追加された。また、エミュレータの速度は3倍速くなったとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月7日(現地時間)、Androidアプリ向け統合開発環境(IDE)「Android Studio」のバージョン2.0をリリースしたと発表した。

 Android Studioは、コードエディタ、コード解析ツール、エミュレータなど、Androidアプリ開発に必要なツールが一通りそろったIDE。2014年12月に最初のバージョンがリリースされ、2015年11月にバージョン2.0のプレビュー版が公開された。

 バージョン2.0では、端末あるいはエミュレータ上でアプリを走らせながら変化をチェックできる「Instant Run」、エミュレータの高速化とUIの改善、Googleのクラウド上でアプリをテストできる「Cloud Test Lab」、GL Stateやコマンドなどの詳細を確認できるツール「GPU Profiler」などが追加された。

 Instant Runは、アプリのコードの変更の効果をすぐに確認できる機能。再コンパイルやAPKの再インストールなしに、ボタンクリックで変化を確認できる。

 エミュレータはバージョン1.0と比較して3倍速くなったという。ADBのプッシュ速度は10倍になり、「ほとんどの状況で、開発はエミュレータでの方が実際の端末でよりも高速」という。

 android 1 Instant Run

 Cloud Test Labは、Googleが自社のデータセンターでホスティングしている広範な種類のAndroid端末でアプリのテストができるサービス。開発者はAndroid Studioの新しいユーザーインタフェースで、Cloud Test Lab上でテストしたいポートフォリオを形成できる。

 android 2 Cloud Test Lab

 Windows、Mac、Linux向け正式版をこちらからダウンロードできる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.