ニュース
» 2004年02月04日 20時19分 UPDATE

MacHackカンファレンスがADHOCに改称、UNIXとPalm OSも対象に

19年の歴史を持つMacHackカンファレンスが、名前を変える。内容もMacだけではなくなる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Expotechが主催するMacHackはMacintoshと同じくらいの歴史(今年は19年目となる)を持つカンファレンスだ。ミシガン州ディアボーンで開催され、72時間連続でソフトウェア開発関連のトピックがフィーチャーされる。今年、このイベントはAdvanced Developers Hands On Conference (ADHOC) と改称され、Mac OSだけでなく、UNIX、Palm OSなどの関連テクノロジーにも守備範囲を広げる。

 ADHOCは開発のプロフェッショナルや学生が一堂に会し、新しいテクノロジーについて学び、TIPSやテクニック、解決策などを披露し合うイベント。クライマックスはカンファレンスのパーティーで、出席者が自分のスキルを自慢するHack Showというイベントも人気が高い。

 このイベントのコーディネーターは今年のイベントのスピーカーを募集しており、その内容の一部をかいま見ることができる。Mac OS XのテクノロジーであるCocoa、Quarts、Carbonをはじめ、他のOSでも利用可能な技術、PHP、Perl、Apache、Rendezvousといったトピックもカバーされる。

 ADHOCは2004年7月21日から23日まで、ミシガン州ディアボーンのHoliday Inn Fairlane-Dearbornで開催される。登録の詳細はなどは、ウェブサイトで。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

-PR-