ニュース
» 2004年02月13日 03時00分 UPDATE

PMA 2004コニカミノルタ、手ブレ補正搭載DSLR「α-7 Digital」開発

“αデジ”、いよいよ登場――コニカミノルタが「PMA 2004」で、待望のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ(DSLR)「α-7 Digital」(仮称)の開発を表明。αシリーズのレンズ資産を生かせるAマウントを採用し、CCDをスライドさせるボディ内蔵型手ブレ補正機能を搭載した。発売予定は2004年秋。

[本田雅一,ITmedia]

 コニカミノルタカメラは米ラスベガスで開催中の「PMA 2004」展示会初日となる2月12日(現地時間)、待望のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ(DSLR)「α-7 Digital」(仮称)を発表した。αシリーズのオートフォーカスレンズがそのまま利用可能なAマウントを採用。α-7に準ずる操作性をそのままに、APS-CサイズのCCDを用いた製品だ。発売は2004年秋を予定しているという。

mn_a1.jpg レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「α-7 Digital」(仮称)
mn_a2.jpg デザインはα-7に酷似しているが「設計は新規で起こしてあり、操作性や使用感を除けばα-7とは全く別のボディになる」という

 同社ハイエンド機「DiMAGE A1」のアンチシェイク機能と同様に、CCDをスライドさせて手ブレを補正する「CCDシフト方式」の手ブレ補正機能を搭載する。ボディ側に手ブレ補正機能が内蔵されるため、レンズの機能に関わらず手ブレ補正を行える点が、本機の大きな特徴と言えるだろう。ラスベガスで公開されたモックアップの背面右下には、手ブレ補正機能をオン/オフするスライドスイッチが配置されていた。

mn_a3.jpg 背面右下に配置された手ブレ補正機能のスイッチ

 CCDの移動による手ブレ補正は、画角などに応じた補正量の最適化が不可欠だと考えられる。今回の発表では、その詳細についてまったく明らかにされていないが、もしαシリーズのレンズすべてで手ブレ補正機能が利用できるのであれば、装着レンズを問わずにあらゆる場面で手ブレ補正が有効な、画期的レンズ交換式カメラが誕生することになる。

mn_a4.jpg

 気になるCCDは、APS-Cサイズの600万画素タイプとだけ発表されており、感度設定範囲などは分からない。同様に背面液晶ディスプレイのスペックも未発表だが、モックアップに装着されている液晶パネルは大型で、目測では2インチクラスのように見えた。

mn_a5.jpg 大型液晶パネルを採用

 長らくミノルタファンに待たれていたαシリーズのデジタル版だが、「α7」の名が明らかになったことで、ターゲットとなるユーザー層や価格レンジも見えてきた。近年活発な動きを見せるDSLR市場だけに、まだ価格は未定とのことだが、使いやすいダイヤル式のユーザーインターフェイスを備えるα-7 Digitalは、登場を待ちこがれたミノルタファンだけでなく、このクラスの製品に注目するハイアマチュア層に広くアピールしそうだ。

mn_a6.jpg 使いやすいダイヤル式のユーザーインターフェイスを継承

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.