ニュース
» 2004年02月16日 16時21分 UPDATE

松下、フルマニュアルデジカメ「DMC-LC1」を正式発表

松下電器産業は2月16日、フルマニュアル操作が可能なデジタルカメラ「LUMIX DMC-LC1」を3月19日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は15万円前後。

[ITmedia]

 松下電器産業は2月16日、フルマニュアル操作が可能なデジタルカメラ「LUMIX DMC-LC1」を3月19日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は15万円前後。

yu_matusita_01.jpg

 同社が昨年のCEATECで参考展示していたモデル(関連記事を参照)の製品版。独Leica Cameraの銀塩レンジファインダーカメラ「M」シリーズのようなデザインが特徴だ。有効500万画素の2/3インチCCDを搭載する。

photo レンジファインダー機のようなデザインが特徴。左はライカM4

 シャッタースピードダイヤルと絞り環、フォーカスリング、手動ズームリングを装備し、それぞれマニュアルで操作することができる。絞り優先、シャッター優先、プログラムの各AEモードも備え、AF機能も内蔵しており、フルオート撮影も可能になっている。

 レンズはLeicaの「VARIO-SUMMICRON」(バリオズミクロン)7−22.5ミリ(35ミリカメラ換算で28−90ミリ)で、非球面レンズ2枚を採用した10群13枚構成。開放F値はF2.0−2.4。

 独自の画像処理回路「ヴィーナスエンジン」を採用し、斜め方向の解像度を従来の約1.5倍に向上させている。1枚撮影してから次の撮影が可能になるまでは1秒以下(AF含まず)、レリーズタイムラグは約0.1秒と高速。最大画素(2560×1920ピクセル)で2.7コマ/秒、連続9枚までの連写が可能だ。RAWモードでの撮影にも対応した。

 ファインダーは電子ビューファインダー(EVF)式。光学ファインダーは装備してない。背面には大型の2.5インチ液晶ディスプレイを装備した。

 本体はマグネシウム合金、レンズまわりはアルミニウム合金を採用して質感を高めた。

 サイズは134.7(奥行き)×81.5(高さ)×101.5(幅)ミリ、重さは約702グラム。

photo 付属レンズフード装着時

 主な仕様は以下の通り。

製品名 DMC-LC1
撮影素子 2/3インチ有効500万画素CCD(総画素数524万画素、原色フィルター)
記録画素数 静止画:2560×1920/2048×1536/1920×1080/1600×1200/1280×960/640×480ピクセル、動画:320×240ピクセル(30/10fps)
記録形式 静止画:RAW、JPEG(DCF、DPOF、Exif2.2準拠)、動画:Motion JPEG
レンズ 7−22.5ミリ(35ミリカメラ換算で28−90ミリ)、F2−2.4
撮影距離 AF:60センチ−∞、MF/AFマクロ時:30センチ−∞
電子ズーム 最大3倍
感度設定 ISO 100/200/400相当、オート
ファインダー 電子式カラー、23.5万画素
液晶ディスプレイ 2.5インチ低温ポリシリコンTFT(反射・透過併用型、21万画素表示)
記録メディア SDメモリーカード/マルチメディアカード
電源 リチウムイオン充電池
サイズ 134.7(奥行き)×81.5(高さ)×101.5(幅)ミリ
重量 約702グラム
実売予想価格 15万円前後

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう