ニュース
» 2004年06月10日 18時04分 UPDATE

PFU、かな刻印のない日本語コンパクトキーボードを発売

PFUは、キートップに日本語の刻印がまったくない日本語配列のコンパクトキーボードを発売した。価格はオープンで、同社直販価格は5880円(税込み)。

[ITmedia]

 PFUは6月10日、キートップに日本語の刻印がまったくない日本語配列のキーボード「Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列<かな無刻印モデル>」4機種を発売した。価格はオープンで、同社直販価格は5880円(税込み)。

mk_hhkl2.jpg キートップの日本語表記をすべてなくした「Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列<かな無刻印モデル>」

 Happy Hacking Keyboardは、キーピッチはフルサイズのまま、キー数を必要最小限に減らして小型化したコンパクトキーボード。同キーボードの日本語配列<かな無刻印モデル>は、日本語配列モデルのキートップに刻印されていた日本語の表記をすべて取り除いてアルファベットと記号のみにしたもので、シンプルでスタイリッシュな外観を実現したとしている。なお、「変換」「無変換」「半角/全角」の各キーには、独自のアイコンをデザインして使用している。

 対応インタフェースによりUSBモデルとPS/2モデルがあり、さらにそれぞれに白色モデルと黒色モデルがある。なお、USBモデルはMacintoshにも接続できるが、使用には別売のMacキットが必要。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.