レビュー
» 2004年07月12日 19時01分 UPDATE

デジ一眼入門機で使えるCFタイプHDD――ロジテック「LMC-CFHD2G」 (1/2)

ロジテックが発売する「LMC-CFHD2G」は、2.2Gバイトの容量を持つCF TypeIIのHDDだ。EOS Kiss DigitalやD70に対応しており、デジカメで大量の枚数を撮影する人にとってはうってつけの製品だろう。

[小林哲雄,ITmedia]

2.2Gバイトの容量を持つCFTypeII HDD

 デジタル一眼レフカメラの中でも、特に入門機であるキヤノン「EOS Kiss Digital」やニコン「D70」が人気を集めている。また、コンパクトデジカメでも高級機は800万画素製品も登場しており、当然ながら撮影データサイズも大きくなる。さらに高級機になるとCCDの生データを記録するRAWモードも用意されており、データサイズはさらに大きくなる。

 ここで欲しくなるのが大容量のメモリカードだ。その中でもコンパクトフラッシュ規格は、フラッシュメモリを使用した製品だけでなく、コストパフォーマンスに優れる小型HDDを使った製品が登場している。

 コンパクトフラッシュ型HDDでは「マイクロドライブ」の名で知られる日立グローバルストレージ(HGST)の製品が先行しているが、ロジテックから発売になった「LMC-CFHD2G」は、GS magictstorMagicstor 2.2GB PLUS CF-IIを使用した製品だ。

ki_cfhd01.jpg ロジテックから発売された「LMC-CFHD2G」

対応カメラを明記し、サポートに期待が持てる

 GS magicstorの2.2Gドライブは、去年から「1022c CF-II」というモデルが販売されていたが、日本の代理店が扱っていたものの、入手性が今ひとつ悪かった。しかしLMC-CFHD2Gはロジテックが発売元となっているので、流通性がよくなるだろう。対応製品に関しては、以下の表のように現在3社6製品が対応済みとして公開されており、順次改定される予定となっている。

表■7/5時点での対応リスト

キヤノンEOS Kiss デジタル
PowerShot G5/同S50/同S45
ニコンD70
富士写真フィルムFinePix S602

 LMC-CFHD2Gのスペックを紹介していこう。HDDは4200rpmでバッファメモリ256Mバイト、平均シークタイムは10ms、重量は16グラムだ。電源は5/3.3V(自動対応)で、消費電流は待機時18mA、動作時275mAとなっている。

 スペック的には3600rpm、128Mバイトのマイクロドライブよりもよいものの、データ転送速度はさほど変わらない。また、回転数は速いが、アイドル時18mA、書き込み時275mAとマイクロドライブの18/16mA(アイドル時)、314/305mA(書き込み時)と比べて、消費電力もむしろ抑え目となっている。

転送速度は他社最速品よりもやや低め

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.