速報
» 2004年07月20日 07時55分 UPDATE

スタミナ強化、薄型の第4世代のiPod新モデル発売

米AppleはiPodの第4世代となる新モデルを発表した。バッテリー持続時間も5割伸びて最大12時間となり、メインメニューには新たに「Shuffle Songs」のコマンドが加わった。日本での価格はそれぞれ3万3390円、4万4940円になる。

[ITmedia]

 米Appleは7月19日、携帯音楽プレーヤーiPodの第4世代となる新モデルを発表した。片手でもスクロール操作がしやすいよう、新たにiPod miniと同じ仕組みの「Click Wheel」を装備。バッテリー持続時間も5割伸びて最大12時間となり、メインメニューには新たに「Shuffle Songs」のコマンドが加わった。

 米国での小売り価格は20Gバイト版が299ドル、40Gバイト版が399ドル。日本での価格はそれぞれ3万3390円、4万4940円。Apple Storeや公認リセラー経由で即日販売開始されている。

 また、Hewlett-Packard(HP)はAppleの発表の中で、自社バージョンのiPod新製品を9月に発売する計画を披露。カーリー・フィオリーナCEOは「当社はこの新しい第4世代のiPodの登場を待つことにしていた。新モデルはさらに優れた体験を提供することができるからだ」との談話を寄せている。

 また、新iPod用のファームウェア3.0と第3世代iPodとiPod mini用最新ファームウェアを含むアップデートが提供された。シャッフルをはじめとする新機能は、新モデルのみに適用される。(→詳細記事)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-