レビュー
» 2004年08月02日 08時00分 UPDATE

EOS Kiss Digitalの予備電池に関する一考察:番外編キスデジでもコンパクトデジカメでも使える大容量バッテリー――My Battery Pro (1/2)

日本トラストテクノロジーの「My Battery Pro」は、4400mAhという大容量の外部バッテリーだ。コンパクトデジカメで利用できる製品だが、新たに「DC Coupler Type C」が登場し、EOS Kiss Digitalにも対応した。その実力を計ってみたい。

[小林哲雄,ITmedia]

いつでもどこでも大容量

 旅行にデジカメをもって行く場合、記録したデータと電池の確保がネックとなるだろう。データに関してはHDDタイプのコンパクトフラッシュ(CF)が使えると相当数の記録が可能だが、電池は充電環境を用意するか、複数の予備電池を持っていくしかなく、荷物を増やしたくない人にとっては悩みどころだ。日本トラストテクノロジー(以下、JTT)の「My Battery Pro」は汎用性のある大容量外部電池で、長時間の撮影を可能とする。

ki_mybatt01.jpg 日本トラストテクノロジーの「My Battery Pro」

 My Battery Proは4400mAhと大容量を誇る。おそらく、現在最高容量クラスの2200mAhの18650電池が内部で2本並列に接続され、それが2セット直列に接続されているのだろう。電池をのまま外部に出すと大体8.4ボルト〜5.0ボルト程度、公称で最大7.2ボルトの出力となるが、さらにユニット内部にDC-DCコンバーターを用意しており、5.0/6.0ボルトの安定化出力もサポートしている。

ki_mybatt02.jpg 本体上部に配置されている切り替えスイッチ

 デジカメの多くは外部電源端子があり、電圧範囲が合えば使用可能だ。電源コネクタは取替により3タイプ用意されており、さらに別売の「DC Coupler Type C」によって「BP-511」を使用する機器に取り付けられる。つまり、EOS Kiss Digitalにも使えるというわけだ。

ki_mybatt03.jpg 本体には延長用のコードと、コネクタが3種類(φ4.7、φ4.0、φ3.5)用意されている
ki_mybatt04.jpg 別売の「DC Coupler Type C」
ki_mybatt05.jpg 電池の代わりに装着して利用する

 電池ユニットがある程度の大きさを持っているものの、取り付けケーブルはカールコードとなっており、不便を感じさせないほか、本体とケーブルの取り付け部はロック機構があり、90度ひねることで抜けにくくなる配慮がある。

 さらに本体のみで電池残量確認(4段階)ができるほか、充電回路も内蔵しており、専用のACアダプタまたはカーシガレットから充電が行える。容量が大きいせいか、充電時間は約6時間と少々かかる。

ki_mybatt07.jpg 差し込んだあと90度回すと抜けにくくできる
ki_mybatt11.jpg 表示窓下のボタンを押すことで、電池の残量を確認できる

 ただしコストの関係とは思うが、ACアダプタはトランス式の重いものが同梱されている。オプションでよいので軽量アダプタを出してほしいものだ。ただし、同様に付属するシガレットケーブルは軽量なので、車で移動中に充電しておき、降りてすぐ撮影という使い方をすると、電池残量を気にせずに撮影することができるだろう。

気になる容量をチェック

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.